ボンバーマン小説、「夏、君を想う、僕は引きこもる♪」

ボンバーマン小説投下します☆




burepuri3.jpg
ブレイン×プリティ

purapuri4.jpg
プラズマ×プリティ

purapuri5.jpg



夏、真っ盛り。

眩しい暑い太陽の下、

開放感の中たっぷりと遊び倒す季節

のはずなのだが・・・・・・。


ブレイン「だああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!
     終わりません!!!なんなんですかこの仕事の量は!!
     誰ですかこんなに引き受けたのは!!!!!!????

     私です!!!!!!!」


ここに全く正反対な様の奴がいた・・・・・・・・・。




■「夏、君を想う、僕は引きこもる♪」■




ブレインは薄暗いいつもの自分の研究室の中でパソコンのモニターとにらめっこしながら
キーをカタカタ打ち続けたり、方やドライバーで発明品を作ってたり、かと思ったら試験管に液体を入れながら薬品を作っていた。
ブレインは発明や研究の仕事の依頼を引き受けていてお金を稼いでいる。
その仕事量が半端なく多くて
気がつけばずっと引きこもり状態である。
科学者の宿命であった。



ブレイン『世間は夏で浮かれまくってると言うのに・・。
     何故私はこんな暗い研究室で引きこもっているのでしょう。
     いえ、もともとどちらかというとこういう世界の方が好きではあるんですが
     でもあまのじゃくな私はいざ夏になってみると太陽が恋しくなったりもします。
     むしろそれはあまのじゃくなのではなく健康正常なのではないでしょうか。』



    『科学が好きだからこういう世界にいます。
     でもときどきやっぱりお外が恋しい・・・。』



    『そして外以上に恋しいのは・・・。』


ブレインはモニターの画面を変える。そこには女の子達と買い物に来ていて
洋服屋の試着室にいる水着姿の少女が映っていた。


ブレイン『プリティ・・。

     最近来てくれないと思ったら・・女の子達と水着選びですか。』



THE・盗撮!!!!!!

犯罪です!!!!!!!

良い子はマネしないでね!!!!!!!!







プリティは、あかボン、アクアボン、鉄仮面、レディ、
マーメイド、サイクロン、ウォーター、カペラ達と一緒に
新しい水着を買いに来ていた。

どうやらみんなで海に行く約束をしてるらしい。
「楽しみね」と女の子達は楽しそうにきゃぴきゃぴはしゃいでる。


水着姿で楽しそうに無邪気に笑うプリティの姿はとても可愛らしかった。

戦闘の時も夏のステージが多い彼女。

プリティには夏が似合いますね。

私はこんなにじめじめしたところにいるというのに・・。


ああいっそ

あなたをその水着姿のまま連れ攫って
この研究室に閉じ込めて監禁してしまいたい!!



以下ブレインの妄想♪

プリティ「いやあ!?ここはどこ!?」

ブレイン「お目覚めですか?プリティ。」

プリティの体は台の上に固定されていて手枷を嵌められている。

プリティ「ブレイン!?いやあ!!なんなのこれはっ・・放して!!」

ブレイン「放しませんよ。あなたはずっとここで過ごすんです。私と二人きりでね。」

プリティ「いや!こんなことするブレインなんて大嫌い!!」

ブレイン「嫌いで結構。体はすぐに良くなりますから。そのうち心もね。」

ブレインの掌がプリティの頬に触れる。

プリティ「いやっ・・いやああ・・!!助けてプラズマぁ!!」

ブレイン「そいつのこともすぐに忘れさせてあげますからね。」

ブレインはプリティに抱き着き体を密着させる。

ブレイン「好きです。愛してますよプリティ。」

プリティ「だめっ・・ブレインやめてっ・・!!いやああああああああ!!!」


妄想終了♪

ブレイン「なんてね・・ふふふふ。」



なんども言います、

犯罪です!!!!!!!

良い子はマネしないでね!!!!!!!!



ふとモニターに視線を戻すと、そこにはプリティたちの傍で笑っているしろボンの姿があった。


ブレイン「おや、しろボンまで。」



しろボン「わあ!プリティちゃんかわいいね!よく似合うよ~♪」

プリティ「「ありがとう♪しろボン♪」

どうやらしろボンも付き添いで来てたらしい。
大方荷物持ちにされてるのだろうが。
それにしても女の子集団に混ざってもナチュラルに溶け込んでいる女顔な彼である。

プリティ「しろボーン!あんたはこれきてみなさいよー♪」

しろボン「え?えええええ!!???これ女の子物だよ!!??
     僕男の子だよおおおおお!!????」

プリティ「わかんないからいいのよ♪」

レディ「しろボン早く♪」

サイクロン「着て着て~♪」

マーメイド「お姉さんが着せてあげる~♪」

ウォーター「ウォーターも手伝ってあげる~♪」

アクア「しろボンくんが着たらかわいいと思うな♪」

鉄仮面「・・・そう。」

あかボン「はっ・・早く着てみなさいよ!////(わくわく)」

カペラ「キナサイ。」


しろボン「わーーーーーー!!!!!??」


かくして、お姉さんたちにもみくちゃにされながら、女物の水着を着る羽目になったしろボンだった。
そこにはどこからどう見ても女の子にしか見えない青いリボンをつけてふりふり水着姿のかわいいショタっ子の姿があった。


しろボン「うう・・僕男の子なのに・・。////」


女ボンバー達「きゃああああああああ☆☆☆☆
       かわいいいいいいいいいいい☆☆☆☆☆」

あかボン「し・・しろボン////」

くらっ・・!!

あかボンはあまりの可愛さにめまいを起こしたようだ。
愛もあってこそだろうが☆

プリティ「ちょ!?あかボンしっかりして!!」


とりあえずそこにはお姉さんたちにからかわれ遊ばれる一人のショタっ子の姿があったのだった。

しろボンのこの姿をくろボンが見たら勢いよく鼻血を吹きだしてぶっ倒れる事だろう。



ブレイン「彼は一応彼女と恋仲としておつきあいしたことがある程だと言うのに不思議と嫉妬心が湧かないですね。

     いやはやしかし女性方に囲まれて羨ましい限り。」

ブレインはモニターを眺めながら呟いた。



プリティ「あ、くろボンにこのしろボンの写真送っちゃお♪」


ぴろりろりん♪


そして数分後ぴろりろりん♪とメールがきたのはあおボンからだった。


あおボン『くろボンがしろボンの水着写真見て鼻血吹いてぶっ倒れた―☆超うけるー☆』

その文章と共に送られてきたのは文字通り大量の鼻血を吹いて血の池にぶっ倒れているくろボンが映った写真だった。


そして今度はくろボンからメール来た。立ち直りの早い彼。

くろボン『できればプリティとアクアと他の女の子たちの写真も送ってくだせえ!!!○| ̄|_(土下座』


それを見たプリティとあかボンはこう送った。

プリティ『変態!!』

あかボン『死ね』


アクア「くろボンくんったら・・///。」


そしてマーメイドがくろボンにこう送った。

マーメイド『今度みんなでに行くときに十分見れるでしょ?マーメイドの魅惑の水着姿で悩殺してあ・げ・る♪』


それに対するくろボンの返信。


ぴろりろりん♪


くろボン『あざっっっす!!!!!!!!!!!○| ̄|_(土下座』


アクア「くろボンくんったら・・・・・・・・・。////;;;」



ブレイン「楽しそうですねえ。ん?」



プリティは試着室の鏡で自分の水着姿を見ながら何か迷っている。

プリティ「んー・・この水着でほんとにいいかな~。かわいいかな~・・。」

あかボン「なによまだ迷ってるわけ?」

レディ「プリティは何着てもかわいいんだからそんなに悩むことないじゃない♪」

マーメイド「そ~よ~なんてったって全宇宙の人気アイドルなんだから♪胸もこ~んなに大きいし♪私ほどじゃないけど♪」

もみゅん♪とマーメイドは飛びついてプリティの胸を揉んだ。
そして自分の胸を彼女の背中に押し付けた。

プリティ「ああん!!マーメイドっ・・ちょっとやめてっ・・あんっ・・!」

ウォーターも参加した。

ウォーター「そうだよ~ウォーターもこのおっきいおっぱいあやかりた~い♪なんで悩むの~?」

プリティ「えっと・・それは・・////」

レディ「・・あ、わかった。プラズマくんに気に入ってもらえるかどうか気にしてるんだ?」

プリティ「え!!///それはっ・・そのっ・・///うん・・。///」

ウォーター「な~んだそっかあ!」

マーメイド「プリティったらか~わいい~♪」

サイクロン「うん♪かわいい♪」

カペラ「かわいいわよ。」

プリティ「もう・・やめてよぅ・・。////」

アクア「ふふふ・・♪」

鉄仮面「・・・・・。」


好きな人に自分の水着姿を見せることになる。

そうしたらどう見られるのか

どう思われるのか

かわいいって思ってくれるかな

そんな不安と期待が入り混じって

ついつい悩んでしまう乙女心は

良くわかる気がするアクアと鉄仮面だった。

勿論アクアはくろボン

鉄仮面はマグネットに見せるためである。





レディ「プラズマくんも海に来る予定なの?」

プリティ「えっと、まだ、これから誘う予定で・・。来てくれるかな。」


しろぼん「きっと来てくれるよ♪」


マーメイド「プリティか~わいい~~♪」

またマーメイドに抱きしめられ胸を揉まれ恥ずかしがるプリティだった。

プリティ「いやぁんっ・・!もう~!!////」




そんな様子を見ていたブレインは複雑な気持ちになった。



夏があなたには似合います。

私には似合いません。


そしてそんなあなたの隣には

あいつもあいつで似合うのかわからない奴ですけど

それでも、私なんかよりは

あなたも望んでお似合いな

あいつがいるのでしょうね。





ブレイン「はあ・・・・・・。」

ブレインはモニターを仕事の画面に戻した。

ブレイン「続きやりませんと・・。」





数時間後。

静寂の中黙々と作業を続けていたブレインの研究室に一人の少女が訪ねてきた。


プリティ「ブレイーン!」

ブレイン「プリティ!?」


プリティ「ねえ海行こう!海!」


ブレインはびっくりしていた。自分にも誘いが来ると思わなかったから。


プリティ「わ・・私は・・。」

プリティ「忙しい?でもたまには息抜きも必要だよ。
     わたしだって忙しいアイドルのお仕事お休みして行くんだから~っ。」

ブレイン「プラズマは誘ったんですか?」

プリティ「うん、誘った!来てくれるって♪えへへ♪」


頬を染めて嬉しそうに笑う彼女を見て複雑な気持ちになった。が微笑ましくも思えた。


ブレイン「じゃあ私は行かなくても結構でしょう。本当に忙しいですから・・。」


プリティに向けていた顔と体を机の位置に向き直る。

その後ろでプリティの悲しそうな声が聞こえた。


プリティ「ブレインも来てくれなきゃつまんないよっ!」


ブレイン「・・・・・・・。」


そう言われて振り向いてみたら、
あなたがほんとに悲しそうな顔をしてるものだから。


ブレイン「・・・もう、しょうがないですねえ。わかりました。行きますよ。」

プリティ「わあいやったあ♪楽しみね~♪」


そうやって、わたしが一緒に行けると言う事実で
本当にに嬉しそうな顔をするものだから。

月並みですけど、こっちまで嬉しくなってしまいました。




プリティ「ところでブレイン、髪伸ばしっぱなしだけど暑くないの?」

ブレイン「ここは冷房が効いてますから。」

プリティ「でも夏だし~・・あ、私が縛ってあげる♪」

ブレイン「ええ?いいですよっ!」

プリティ「いいからいいから♪」

くしで髪をといてもらいながらプリティの指先が私の髪に触れる。

髪を触られる感触がなんともこそばゆくて、でも気持ちが良かった。

そしてゴムで後ろに一つにまとめられて縛られた。

短くまとめただけだが、確かに首の後ろが涼しくなった気がする。

プリティ「いつものもいいけどこれも似合うよ~♪」

ブレイン「はあ、どうも。」

悪くない気がした。



何はともあれ。



ブレイン「海・・・楽しみですね。」













しかし!海当日!!



プリティ「ぶれいいいいいいいいいいいん!!!???しっかりしてええええええ!!!!???」



ブレイン「太陽が・・・眩しい・・・・・・・・・。」


プリティが慌てふためいて、プラズマや他の皆さんが唖然と見守る中、

私は、本を持ったまま水着姿で、見事にぐったりと倒れていた。

情けないぐらいに白い肌に

太陽の熱がじりじりと焼き焦がされるもとい焼き殺されるかの勢いで・・。


普段引きこもりの私に、夏の太陽は、文字通り、眩しすぎました・・・・・。がくっ・・。






END







おまけ


ちょっと時を遡って、プリティがプラズマにお誘いをかけた時。



プリティ「プラズマ・・今度みんなで海行くんだけど・・プラズマも一緒に行かない?」


顔を赤くして恥ずかしそうに緊張しながら声をかけてきているのが解る。

プラズマも海でわーわーやるタイプではないのだが。


プラズマ「俺はい行かな・・・・・・。」


断ろうとすると悲しそうに涙目になっているプリティ。

そんな彼女を見てプラズマは、


プラズマ「////////
     わかったよ!行けばいいんだろ行けばっ・・!」


顔を真っ赤にしてそう言った。

プリティの顔にぱっと花が咲いた。


プリティ「わあっありがとう♪嬉しい♪
     プラズマと一緒に行けるなんて・・夢みたい♪」


本当に幸せそうに笑うプリティを見て、まったくと微笑んで息をつくしかないプラズマだった。


こちらも彼女の涙や笑顔にやられちゃってるようだった♪






END




おもいっきり永野物から影響受けてる話でしたvv(爆
夏のひきこもり科学者v
ブレプリ、プラプリ☆






DSC_0177.jpg 
バナナとピーナッツクリームのサンドイッチとチョコ&アイスクリーム
昔見た漫画に出てきておいしそうと思ったので作ってみました♪
アイスは綺麗に盛り付けようとしてあきらめたの図(笑


DSC_0172.jpg 
ミニ寄せ鍋
見事に風邪気味が治りました

DSC_0173.jpg 
生姜焼き

DSC_0175.jpg
パスタ





■お仕事・リクエスト募集中!!!■

ご相談はri--chan@hotmail.co.jpへ
またはPixivのメッセージへよろしくお願いします。
メールよりご依頼の方はHPの拍手に一言添えていただけると助かります。

・お好みのリクエストでイラスト制作
 (お好きな版権キャラ、お好きなご依頼者様のオリジナルキャラ、お好きな私佐藤黒音のオリジナルキャラ、
 ご自由にお選びいただきお好みのシチュエーションでイラストを制作します。)
・お好みのリクエストで漫画制作
 (以下お好みのイラスト制作と同文)
・キャラクターデザイン
・小説・ライトノベル、ゲーム等の挿絵・イラスト制作
・色塗り

お見積りの目安は
カラーイラスト1枚・最低額5000円
白黒イラスト1枚・最低額3000円
差分イラスト・最低額5000円
漫画1枚・最低額6000円
カラー漫画1枚・最低額8000円

となっております。
これより金額を多く設定して頂けるかはご依頼者様のお気持ち次第としております。



こちらを目安にご検討くださいませ。


ご依頼お待ちしております!
スポンサーサイト

頂き物・クバヴィさんから「ボンバーマン」プラズマ×プリティ、プラプリメインの頂きものをもらいましたー☆☆☆

■頂き物■

クバヴィさんから「ボンバーマン」プラズマ×プリティ、プラプリメインの頂きものをもらいましたー☆☆☆

37078477_big_p0.jpg

37078477_big_p1.jpg

37078477_big_p2.jpg

なんとかわいい☆☆☆!!萌え死にました☆☆☆
プラプリな上にブレプリな感じの三角関係な表現でvv萌えええええ☆☆☆でした!!!☆
嬉しすぎです!!!
プリティかわいいい☆☆☆
プラズマの「おK?」に笑いましたvvvv
プラプリ萌ええええ☆☆☆です!!
マグネットやゴーレムまでかわいくてv
もうほんとにすっっっっごく!癒されました!!!!!
こんなに素晴らしい作品を頂けてうれしいです!幸せです!!^^
本当にどうもありがとうございました☆☆☆
家の作品を見て再ハマりして頂いたり、
そういうのって本当にうれしいものですね^^
とっても幸せです☆
クバヴィさん、本当にどうもありがとうございました☆☆☆




■お仕事・リクエスト募集中!!!■

ご相談はri--chan@hotmail.co.jpへ
またはPixivのメッセージへよろしくお願いします。
メールよりご依頼の方はHPの拍手に一言添えていただけると助かります。

・お好みのリクエストでイラスト制作
 (お好きな版権キャラ、お好きなご依頼者様のオリジナルキャラ、お好きな私佐藤黒音のオリジナルキャラ、
 ご自由にお選びいただきお好みのシチュエーションでイラストを制作します。)
・お好みのリクエストで漫画制作
 (以下お好みのイラスト制作と同文)
・キャラクターデザイン
・小説・ライトノベル、ゲーム等の挿絵・イラスト制作
・色塗り

お見積りの目安は
カラーイラスト1枚・最低額5000円
白黒イラスト1枚・最低額3000円
差分イラスト・最低額5000円
漫画1枚・最低額6000円
カラー漫画1枚・最低額8000円

となっております。
これより金額を多く設定して頂けるかはご依頼者様のお気持ち次第としております。



こちらを目安にご検討くださいませ。


ご依頼お待ちしております!

プリティちゃんキス♪・ヤンデレプラプリ小説

プリティちゃん総受けキス2連発♪

purapurikisu3.jpg
プラズマ×プリティ、プラプリキス♪

burepurikisu2.jpg
ブレイン×プリティ、ブレプリキス♪





さて、2008年にとっくに完成していたボンバーマン小説を一つ投下します。
なぜ今まで載せなかったのかというと、この話ともう一つ違うバージョンみたいな話を用意しようとして
そちらが完成しなかったのでずっと載せれませんでしたが、
もうこっちのバージョンだけでひとつの話になってはいるし載せちゃっていいや☆☆
とついに載せちゃおうと思います!!!(爆


ヤンデレ物です。バットエンド物です。

プリティ→プラズマのプラプリヤンデレ物です。


どうぞ。



OB000067[1]


OB000085_20130702184345.png











わたしはプラズマが好き。


それはずっとずっとずっと変わらないで抱き続けた私の想い。


時に諦めようと努力したけど


それもままならなくて


それじゃあ辛いだけだから、


素直に自分の思いを貫いていいって


しろボンが気付かせてくれたから


またがんばろうって思ったり。




でもそれはどちらにしても、

とても脆くて危うい紅絹の糸の上に立ち続けているようなものだった。

その繊細な糸が今まで切れずに済んでいたのは・・・




プラズマに、彼女という者が存在していなかったからだ。





















■「一途で純粋で高等な愛」■





















自分はもっと強かな女なんだと思っていた。

そんな話を聞いても、もうちょっと冷静でいられると思っていた。

でもそれはとんだ見当違いだった。

ああ、わたしは、

自分で思ってた以上にプラズマの事が好きだったらしい。




「・・・・今・・・・・・なんて・・・・・・?」

プリティは明らかに憮然とした表情を見せながらブレインに訪ねた。


「できたんですよ、彼女が。

プラズマに。」


そのブレインも、自室でパソコンのキーボードを淡々と討ちながら、

決しておめでたい話をしてる表情ではなく、かといって、

目の前の彼女に強い同情を見せているわけでもない

なんとも掴めぬ表情と声色で話した。


しかし、そこから俯き、黙り込み、その場に立ち尽くしているプリティの様子に

流石に心配をせずにはいられなかった。


「大丈夫ですか?」



「うん・・へーき。」


「・・・・・っ!」




ブレインはその時点で妙な胸騒ぎはしていた。

何故ならゆっくりと顔をあげた彼女の瞳には

一筋の光も見られなかったから。

内心ブレインは焦った。

なんとか希望につながる言葉を探そうと。


「プリティ。心配いりません。

彼女はあくまで「彼女」です。

なにも生涯共にする相手ではありません。

数年もすれば別れたりもするでしょうよ。

お付き合いなんてそんなもんです。」



そんな数年そこらの愛が

あなたの長年もの愛に敵うわけがないでしょう。



そうも言ってやりたかったが、

少々自分らしくない歯の浮く台詞に思えて。

もしくは

励まし切りたくなかったのかもしれない。

これであなたがあいつの事をあきらめてくれればと

心の奥のどこかで思ってたのかもしれない。

そうブレインは後になって思う事になる。


「そうよね。結婚するとかじゃないんだもんね。

待ってれば私にだってチャンスは巡ってくるわよね。

ありがとうブレイン。」


プリティはひとまず瞳に輝きを取り戻してくれた。

ブレインは心の中でほっと胸をなでおろした。


でも、どんなに歯が浮いても歯痒くても、言ってやればよかったのだろうかと、

後で後悔することになる。












その彼女というのは、

プリティにとって全く知らない人であった。

でもブレインは何回か合ったことがあるようだ。

時々家に来てたことがあったらしい。

どうして教えてくれなかったの?

って尋ねたら

ブレインは困ったように苦笑いをしていた。


確かに自分は長くプラズマのもとを離れ過ぎていた。

会うのは時々だった。

でも、だから何と言いたい。

そんなに距離の近さが大事だというのか

そんなに会ってる数が大事だというのか


大事なのはそんなんじゃない。

想いの強さだ。


それはけっして誰にも負けない。

だから大丈夫。

今はせいぜい仲良く遊んでるといいわ。

いずれ、プラズマと結婚するのはわたしなんだから。

プラズマの本当の彼女はわたしなんだから。


わたしなんだから。





そうだよね?

プラズマ。


















「え・・・・?

・・・・今・・・・・・なんて・・・・・・言ったの?

プラズマ・・・・・。」




よく聞き取れなかったわ。もう一回言って頂戴。


わたしは、憮然を通り越して、愕然とした表情になっていた。

プラズマはそれに気づいてないのかしら。


そもそもどうしてこんな会話をしてるのかしら。

ああそうだ。

なんとなくプラズマの相手の女がどんな奴か気になって、

なんとなくプラズマの行きそうな場所ブレインに調べてもらって、

ここまで来てプラズマに会ったんだ。

生憎女の姿はないようだけど。


プラズマの行きそうな場所は大抵治安の悪いところとかなのよね。

殺し屋って職業だから、依頼で行くことになる場所がそういうとこが多いのは当然だけど。

決して美しいとは言い難い殺風景な街路。

夜にもなれば普通に脇道から悪漢が飛び出してきそうね。

何度かそういう経験があったし。

それでも私はこうして出歩いている。

アイドルにあるまじき無防備さ好奇心旺盛さとよく言われるが

今回はそんな単純な理由じゃない。

とにかくプラズマに会わなきゃ。

会って色々確かめなきゃ。

そういう気持ちでいっぱいだったから。



プラズマったら、会って第一声が

「お前が来るようなとこじゃないぞ。」

だって。


もう、心配してくれてるのか、子供扱いしてるのか。


その女はどうなのよ。


プラズマが行って会って親しくなる人がいるなんてとこは限定されてくる。

まあ大方同じ殺し屋職業にしてる同業さんてとこかしら?

それは後の話で正解だと分かる。





どうして・・


どうして・・・・?


どうしてそんな女がいいのよ。








「結婚しようかと思う。あいつと。」







100回程は耳を疑ったと思う。

その言葉を言ったのがプラズマだと認識するまで本当に時間がかかった。

確かに私はあなたにその女の事を聞いた。

「彼女できたんだって?」

って聞いたら無表情な事が多いプラズマなりに戸惑いと照れの中間な表情を俄かに見せた。


ああ、心底ムカつく。


彼女ができただけでも崖から突き落とされた気分だった。

だったら今度はどこから落ちているというのだろう。




「・・・・へえ。・・・・そう・・・。」


しばらく沈黙が走った。


「どこが・・・気に入ったの?そいつの。」



「その、だな。いつも気丈な態度なとこが清々しくてな。

自然体で気兼ねなく話せてな

そう、


気の置けない奴なんだ。」




ねえ、だからどうして


そんなのがいいのよ


確かに私たちは気まずい関係だわ。


でもそれがいいんじゃない。


恋愛には適度の緊張感も必要よ。




私は俯き拳を握りしめていた。



そもそも、プラズマに彼女ができたり、

結婚なんて言葉が口に出たりすること自体

不自然で不可解で不愉快過ぎてしょうがない。


そんな・・・

恋をしてるような

穏やかな顔しないで

満たされた顔しないで

そんなのプラズマじゃない!!!



プラズマには幸せになってほしいけど

それをするのは他の誰でもないっ!!

私なの!!!!!!!


「どう・・した。」


はっ・・!!


気がついたら私は無言で凄い形相になっていたようだ。

プラズマは戸惑っていた。

コレ以上ここにいたら何するか分からない。

私は僅かに残っていた理性を振り絞って、走って逃げた。








残されたプラズマは複雑な顔をしていた。


-どうしたもこうしたもないこと位、本当は・・わかっていた。

わかっていたようで

自分の選んだ答えがどれだけの悲劇を生む結果となったか

全然わかっていなかった・・。-

















プリティは只ひたすら走り続けていた。

足で走って、宇宙船で走って、

でも常に心ここに非ずとしていて、

瞳からは完全に輝きが失われていた。



あてもなく辿り着いた星の町中でも、

プリティは生気の失われた状態のまま

とぼとぼと歩き続けていた。

その雰囲気から、とても宇宙的人気アイドルのプリティボンバーとは思えなかった。


道行く人々はその生気の失われた少女に気を止めることなく

皆我が道を歩いていた。

その中でも今のプリティとは全く正反対のオーラを放つ奴らがいた。

幸せ絶頂のバカップル共だ。


人目も憚らず腕組み、

だらしないほどの満面の笑みを見せながら

周りの事など見えておらず、

はた迷惑なほどはしゃぎながら大きな声で愛を語り合っていた。

その内の女の方が言った何気ない一言が、大変な結果を生むことになった。







「あたしらって、気がおけない仲だよね」





ピク・・



只、何処のとも知らないカップルの女が

只、一言そういっただけ。

それだけなのに・・・・・・


今の私に

その言葉は


言っちゃダメじゃない。




ドオオオオオオオン・・・



何の音かと周囲の動きが止まりざわめき始めた。

それは私が女に向って投げた爆弾が爆発した音。



「き・・きゃあああああああああ!!!!!!!!」

叫んだのはその女じゃなかった

だってその女は叫ぶ暇もなく、自分の体液から作られた血の海に倒れちゃったんだから。

隣の男も叫ぶことなんてできずにただ唖然としているわ。


その男も殺してやった。





もともと殺戮の為に作られた凶悪ボンバー5人衆のひとりだもの。

こういう行為は昔よくやってたじゃない。

だけど・・・この時の私の顔は・・・

そんな昔なんかよりもよっぽど


憎悪と殺意に満ちた顔をしていた・・・。





もう嫌・・もう嫌・・・・みんな死んじゃえ・・・・!






この事件を聞きつけたしろボンが血相を変えてやってきた。


「プリティちゃん!!一体・・・どうしたの・・!?」

本当にどうしたのかという顔をしていた。

驚愕と恐怖の表情で震えていた。

私が生気のない凍りつくような表情をしていたからだろう。

一瞬、誰かに操られてるんじゃないかと錯覚するほどに。

でもしろボンはすぐにこれは自分の意思によるものだと気づいた。


「プリティちゃん・・何かあったんだね・・。

人を殺したくなっちゃう程の・・何かが・・。」


しろボンは涙ぐんで訴えかけてくる。



「でもどんな理由があっても人を殺すのはよくないことだよ・・・。

プリティちゃんも凄く辛くて苦しくて悲しいのかもしれないけど・・

人を殺してしまったらもっと悲しい人が増えちゃうよ・・。

それに・・プリティちゃんがそんな事して・・

そんな悲しい顔してるとこなんて見たくないよっ・・。

嫌だよっ・・。」






いやだ・・・

わたしだって好きで人を殺してるんじゃない

好きでこんなにも世の中を憎んでるんじゃない

プラズマがいけないんだよ

あの女を選ぶから

あの女がいけないんだよ

わたしのプラズマを取っちゃうから



わたしとプラズマが一緒になってれば

世界は平和だったのに


周りを傷つけることも

あなたを傷つけることも

なかったのに・・・・。

みんな笑って暮せてたのに・・・。



「プリティちゃん・・。」


しろボンが近づこうとしてきた。



「来ないで・・来ないで・・・来ないで・・・来ないで・・・来ないで・・来ないで・・

来ないでよお!!!!!!!!!!」


しろボンはビクッと体を強張らせ立ち止まった。


ごめんなさい。

しろボン。


今のわたしには

あなたまでもが憎い。







彼は人の心の中に入れる能力を持っていた。

深く悩んでる人がいたならその中に入って

その悩みを溶かしてあげることだってできた。


人の心に入って、それを図々しいとも腹立たしいとも思わせないのが

彼の天性の能力でもあったようなものだ。


だけどいつだってそんな事が出来るわけじゃない。

完全に拒絶してる人の中には入り込めない。


ならば外から包んであげたかった。

でも触れたら壊れてしまいそうなその心に


もう少しでも触れることなんてできないでいた。


いや、

もう既に

彼女の心は壊れていた。





「ぷ・・プリティちゃ・・・」













わたしはまた彷徨い歩いていた。

大きなわだかまりを残して。


わたしはしろボンにまで攻撃をしてしまった。

しろボンはあれぐらいじゃ死んだりしない。

だけど大怪我を負わせたのは事実。

もう後戻りできない。








本当に何処へ行けばいいの。

人殺しがいけない事位解ってる。

でももうそんな理性なんてどこかへ吹き飛んでいたの。


人を殺せば誰かが悲しむことになる。

悲しまない人なんていない。

なぜならすべてが終わってしまうから。

生きてることが終わってしまうから。

生きてるうちに楽しいと思えることが一つでも二つでもあるのなら、それは楽しんでる証拠だ。

そうやって今楽しんでる人を殺すのは、

楽しかった事嬉しかった事全部奪って、

悲しみを生む結果になる。

だから罪とされているのは当然だろう。


でもね。今のわたしは楽しくないの。

私自身が生きてることが楽しいと思わなきゃ

楽しんでる人を殺しちゃダメなんてわからなくななっちゃうの。

楽しいって言葉自体、忘れてしまいそうなの。


そして楽しんでいる人を見ると訳がわからなくなる。

どうしてわたしにはそれがないのって。







「そうして人は人を殺しちゃうんだと思うんだ。

だから・・もっと・・・その人に・・プリティちゃんに・・

生きてる事は楽しいことだって、気付かせてあげれてれば・・

もっとみんなが・・楽しいって思えるようにしてあげれてれば・・・・・・

こんなことには・・・・・・・・・。

ねえ、プラズマくん・・。

・・・・プリティちゃんは・・・どんなに他の事が充実してても・・・プラズマくんなしじゃ生きられない女の子だったんだよ・・。

プラズマくんと一緒になれなきゃ、楽しくなれなかったんだよ・・。

いっつも・・明るくふるまってたけど・・本当はずっとずっと辛そうにしてたもん・・。

だから・・・・・・どうして・・・・どうして・・・・

どうしてプリティちゃんを選んであげれなかったのかな・・・?」



それは後に、しろボンが病室のベットの上で泣きながらプラズマに言った言葉だった・・。








悲しみが、怒りが、恨み辛みが

私から楽しさを奪った張本人に込み上げてくる。



あの女・・・・・

絶対に・・・・・・・・・!!!!!!!








彷徨い歩いたその末に、私の目に飛び込んできたのは・・・・




プラズマとあの女だ。



そう思った瞬間、わたしの手からボムが放たれていた。

あの女に向って。


全身全霊の恨みを込めて。




流石のプラズマも急過ぎて対処しきれなかったようだ。

ううん。どんなに急でもあなたなら対処できたはずだよね。

でも対処できなかったのは、

その女に夢中になってたせい?

それとも


投げた直後のほんの一瞬のうちにこっちを向いて見せたその表情・・


爆弾を投げていた私に驚いていたから?





そう、ほんの一瞬の出来事。

突き抜ける爆音と爆風

一度の爆撃でその女は黒こげになって倒れていた。



なんだ。殺し屋のくせに。全然弱いじゃないの。







「・・・どういうつもりだ?」


プラズマはいつも吊り上げている瞳をさらに吊り上げ、睨んできた。

わたしは瞳に輝きなどどこにも見られず、生気のない表情とオーラを出しながら、

それでも微笑を浮かべながら、いつもの可愛らしい声色のまま、でもどこか淡々と喋る。


「あら、泣かないの?愛しの彼女が死んだって言うのに。」


「・・・オレが泣くと思うか?」


「んーん、思わない。でもちょっとひどーい。」


「「酷い」その言葉今のお前にそっくり返すことができるぞ?」


「かもね。」


「その手に持ってるのはなんだ。」


「ボムよ。見てわからない?私たちのシンボルでしょ。」



「それを、どうするつもりだ。」




「あなたにあてる。

あなたを 殺すわ。」



俄かにだったけど、プラズマの表情が揺らいだ気がした。


「・・何故だ。」


「わたしのこと好きになってくれないから。

そんな汚い女なんか選ぶから。

そんなプラズマなんかいらない。

死んじゃえばいいんだ。

そうすれば、プラズマは一生私の物よ。

私の手で殺した私の物よ。

ねえ。死んで?」



プラズマは一瞬、悲しげな表情を見せたがすぐにいつもの彼に戻り、

不敵な笑みを浮かべていた


「ふ・・馬鹿か。

お前が俺に敵うとでも思っているのか。」


「あんまり思わない。

でもやってみなきゃわからないわ。

それに・・。」


「?」





「あなたに殺されるなら、私は本望だわ。」



一瞬の沈黙の後、プラズマはこう言った。



「・・いいだろう。相手になってやる。」








力の差は歴然だった。

どうせ勝てるわけがない。

俺を殺せるはずがない。

でも俺はお前を殺す気なんてなかった。

ある程度傷つけて体力を消耗させて行為を止めてやるつもりだった。




でも非力の癖してそんな隙すら与えず、

ずっと殺意に満ちたまま、何度でも立ち上がってきた。


もうやめろ。

それ以上立ち上がるな。


じゃないと俺は

お前を殺してしまう。


頼むから

諦めてくれ。




・・・諦めたんじゃ・・なかったのか?






そう、俺自身もそうやって

自分の都合のいいように決めつけていたんだ。

いや、本当はまだあいつの心がまだ自分に向いてることに


気づいていたくせに

気付かないふりをした。


それでも大丈夫。


その内上手くまとまると。




勘違いも甚だしい。


そう決めつけて俺は俺の好きにしようとした結果。


もう気がついたら


取り返しのつかないことになっていた。








「・・・・・プリ・・ティ・・。」







プリティは血の海の中だった。








その後、宇宙中がそりゃもう大混乱だった。

宇宙でもNO1の人気アイドルが死んだんだから。

当然だろう。


マスコミ連中は家まで嗅ぎつけてきて詰問の嵐だ。

速やかに辺境の星の住居に逃亡だ。




あんなに血まみれだったプリティの死体は、どうやって復元させたのか、

すっかり元の綺麗な体に戻っていた。

流石ブレインだ。

だが流石の奴も魂まで呼び戻すことはできなかった。


奴も冷静さを保っていたが、いつもとは違う、恨めしそうな声色を見せながらオレに言った。


「お墓なんて、そんな綺麗な思い出になってしまう物、作ってあげませんよ。

ホルムアルデヒド水溶液に漬けて保管し、あなたの目に届くとこに設置しておきます。

あなたはずっと留めておくべきです。

彼女があたなに抱き続けた

一途で純粋で高等な愛を。」






その通りだと思った。

そうあるべきだと思った。


人を殺して、殺して、殺して、

壊れて狂ってしまって

最後は自分さえも殺されてまで

ずっとずっとその最後の時まで

一途に俺だけを見つめて愛してくれた

その純粋さ、ひた向きさ

その強かさの中にある儚さ



どうして俺はその想いに答えてやれなかったんだろう。


答えは単純明快だ。

俺にその気がなかったからだ。


だけど・・・


いなくなって

自分で壊して

二度と手の届かない処にまで行ってしまって




その姿も、想いも

酷く愛おしく思えた・・。




ああ、なんでだ。

「彼女」という存在が死んだ時すら出なかったのに。



俺は 

涙していた。








プラズマはホルムアルデヒド水溶液に浸されながらも美しく立つ

プリティの入れられた円柱型の硝子容器に手を付き

膝を落とし、項垂れていた。






END











-Another story-




ブレインは一人、淡々といつものようにパソコンのキーボードを叩いていた。




こんなことなら、本当に忘れさせてやるべきだった。

記憶を消去してあげればよかった。

私にはそれができた。

それを成す発明ぐらい簡単に作れた。


そしてあいつに関する記憶だけ消して、

何事もなかったかのように過ごすことも。

記憶を植え替えて、

別の人を好きだった、恋人だったと思わせることも・・

そう、わたしが恋人だったともわせることもできたのに。


どれにしても、

文字通り、楽になれたはずです。


辛いこともちゃんと胸に刻んで乗り越えていかなきゃいけない、

それすらも貴い記憶となるはずだから。

なんて

世の中の綺麗事なんて糞食らえです。


それで・・こんなことになるのなら・・。



なるのなら・・・。




END





2008.

-------------------------------------‐
というわけで、プラプリヤンデレ物でした。
ヤンデレ萌えです!一途系萌です!
その一途さ故の儚い純粋な美しさなヤンデレが萌えなのです!
ヤンデレでもバットエンドでも、
プラプリ萌ええええええええええ☆☆☆☆☆です☆
2008年ごろにとっくに完成してました。
なぜ今まで載せなかったのかというと、この話ともう一つ違うバージョンみたいな話を用意しようとして
そちらが完成しなかったのでずっと載せれませんでしたが、
もうこっちのバージョンだけでひとつの話になってはいるし載せちゃっていいや☆☆
て感じでやっと載せちゃいました☆
これはバットエンドで、あくまでも一つのエンドです。
プラプリの正規ルートは結婚ラブラブハッピーエンドに決まってるじゃないですか☆☆☆
そしてブレプリ、最後のブレインのアナザーストーリーが、あの「忘れさせてあげますよ」の小説に繋がるわけです。
家の、カプセルの中のヒロイン、そして「忘れさせてあげる」的なシチュは
実はシェイクスピアさんよりもブレインの方が先です。
「忘れさせてあげる」シチュ自体はもっと先の方も家の子の中の誰かにいらっしゃいますが(爆
とにかく、大好きなヤンデレ物として気合入れて書いた話でした。
あえて2008年ごろ書いたものそのまま何もいじりませんでした。
思い入れ深い作品です。
ヤンデレ、一途な愛は素晴らしい、大好きです。愛してます。
プラプリ萌ええええええええええ☆☆☆☆☆(爆

2013.










DSC_0054.jpg
シチュー

DSC_0055.jpg
たら





■お仕事・リクエスト募集中!!!■

ご相談はri--chan@hotmail.co.jpへ
またはPixivのメッセージへよろしくお願いします。
メールよりご依頼の方はHPの拍手に一言添えていただけると助かります。

・お好みのリクエストでイラスト制作
 (お好きな版権キャラ、お好きなご依頼者様のオリジナルキャラ、お好きな私佐藤黒音のオリジナルキャラ、
 ご自由にお選びいただきお好みのシチュエーションでイラストを制作します。)
・お好みのリクエストで漫画制作
 (以下お好みのイラスト制作と同文)
・キャラクターデザイン
・小説・ライトノベル、ゲーム等の挿絵・イラスト制作
・色塗り

お見積りの目安は
カラーイラスト1枚・最低額5000円
白黒イラスト1枚・最低額3000円
差分イラスト・最低額5000円
漫画1枚・最低額6000円
カラー漫画1枚・最低額8000円

となっております。
これより金額を多く設定して頂けるかはご依頼者様のお気持ち次第としております。



こちらを目安にご検討くださいませ。


ご依頼お待ちしております!

「プラズマとプリティのハチャメチャ遊園地デート♪」完結☆

bonnba--a-0031_20130303235408.jpg 









puriteli3.jpg

プリティ「プラズマ!いっしょに遊園地にいかない?」

プリティが2枚の遊園地のチケットをぎゅっと握りしめて緊張しながら顔を真っ赤にさせて言った。
プラズマは相変わらずダンベル上げトレーニングをしている。

プラズマ「遊園地?」

プリティ「チケットが二枚あるの。」

プラズマ「‥いかない。そういう少女趣味で女々しいところは苦手だ。
     お前には似合ってるがな。いいじゃないか、しろぼんでも誘って楽しんでこい。」

プリティ「う‥。」


やっぱりプラズマはこういうかわいい感じの苦手なんだろうなとか、それでも私には似合うと言ってもらえたのが嬉しかったり、
でもいっしょに行きたいのはプラズマなのにわかってもらえなかったり、むしろわかってて言われてるのかと思うと悲しかったり。
そんなこんなで落ち込むプリティだった。

プラズマはそんなプリティの乙女の葛藤をよそに、何か別の事を考えてるかのように
意味深に顔をそらせ冷や汗を流し陰らせる。

プラズマ「それに‥。」

プリティ「え?」

プラズマ「いやなんでもないっ。とにかく俺はいかないぞっ!」

ブレイン「ぷーら~ず~ま~♪」

プラズマは後方から聞こえる声にげんなりした。
こんな腹の立つ猫なで声で自分を呼ぶものは一人しかいない。

ブレインボンバーだ。

プラズマ「ブレイン・・。」

ブレイン「女性のお誘いを断るなんていただけませんねえ。
     たかが遊園地じゃありませんか。
     いっしょに行ってあげればいいでしょう。
     いちいち苦手だからと避けていては真の強き者にはなれませんよ。
     それともなんですか?あなたはご自慢の忍耐力を披露できぬほど
     可愛らしいものが恐ろしいと?これはこれは♪」

bureinn052.jpg

どうもすみませ~ん♪とむかつく態度つきの謝罪になってない謝罪でも続きそうなブレインのそぶりに
頭にカチンッと血が上るプラズマだった。

プラズマ「可愛らしいものなど怖くはない!
     問題はっ‥。」

ブレイン「なんですか?
     もしや遊園地に他にあなたの怖いものや苦手なものが存在すると?」

その言葉にプラズマは一瞬体を引き冷や汗を流した。

プラズマ「そ、そんなものはない!
     俺に怖いものや苦手なものなど存在しない!」

ブレイン「へえ、じゃあプリティといっしょに遊園地に行って証明してください。
     それとも、逃げるんですか?」

プラズマ「いいだろう、証明してやる!」


プリティ「あわわ・・!!」


大変なことになってしまったが、よくわからないうちにとりあえずは
プラズマと遊園地に行けることになって戸惑いつつもうれしいプリティだった。












■プラズマとプリティのハチャメチャ遊園地デート♪■










そして、やってきました!遊園地♪

プリティ『プラズマと遊園地デート////きゃあー♪』

プリティは今隣に愛しの彼であるプラズマがいて、
これから大好きな遊園地でデートできるという事実に
喜んで顔を赤らめて浮かれている。


プラズマ「しかしよくあいつがついてこなかったもんだ。」

プリティ「ほんとよね。」

アイツとは勿論ブレインの事。
プラズマに怖い物や苦手なものがないことを証明するのを確認するのについてくるのかとブレインに聞いたら
彼はいつもの憎たらしい満面の笑みで答えた。

ブレイン「人のデートをじゃまするほど野暮じゃありませんよ♪」

プラズマ「デートじゃない!////」

というやり取りを家から出る前に行っていた。

ブレイン「その代わり後日プリティにしっかりと当日の様子を聞きますからね。」

とも言われていた。


プリティ「でもプラズマにコワイものや苦手なものなんてないわよね。
     ただ単にこういうところが恥ずかしかったのよね。」

プラズマ「・・まあな。」

少し間があり表情が陰っていたプラズマだがプリティはその事には気づかなかった。
プリティは頬を染めながら笑顔で言う。

プリティ「プラズマ、今日はいっしょに来てくれてありがとう♪」

そう言われてプラズマは頬を赤く染めた。

プラズマ「っ‥まあブレインの件があるから仕方なくな。ほらいくぞ。」

プリティ「うん♪」

    『プラズマは否定してたけどこれってやっぱデートだよねっ
     きゃ♪』





プリティ「何乗ろっかー?♪
     うーん、あっそうだ!ジェッ・・。」

プラズマ「メリーゴーランドなんてどうだ!???お前好きだろ!???」

プリティ「あっうん!かわいいから大好き♪乗ろう♪」

この時プリティはまだ気づいていなかったが、
プラズマは大量の冷や汗をかきながら顔をゆがませて凄く必死そうに叫んでいたのだ。


ん?



プリティとプラズマはメリーゴーランドを楽しんだ。

プリティ「楽しかったねー♪んー次はジェッ・・。」

プラズマ「コーヒーカップなんかどうだ!????好きだろ!?????」

プリティ「うん好きー♪乗ろう♪」


この時、またもやプラズマは大量の冷や汗をかきながら顔をゆがませて凄く必死そうに叫んでいたのだ。


ん??



プリティとプラズマはコーヒーカップを楽しんだ。

プリティ「んー次はジェ・・」

プラズマ「お化け屋敷なんてどうだ!????」

プリティ「えー!!プラズマー!やめようよー!怖いよー!!」

プリティは半泣きになりながらお化け屋敷に向かってズカズカ歩いてくプラズマを引き留めようとしがみ付く。

プラズマ「これ位で怖がるなんて軟弱だな!
    まあ俺に任せとけ!
    黙って俺についてこい!!」

言葉ではこんな大層威勢のいい言葉を言い放っていたが、
この時またもやプラズマは大量の冷や汗をかきながら顔をゆがませて凄く必死そうに叫んでいたのだ。


んん???????



プリティとプラズマはお化け屋敷を楽しんだ。

プリティは怖がって涙目になってきゃーきゃー騒ぎながらプラズマにしっかりしがみ付いていて、
はたと我に返った時にそんな状況に顔を赤らめて照れたりしていた。
プラズマは全く動じず、怖がってる女性を守るという強さと誇りを示せて満足しながら
屋敷内を闊歩していた。



プリティ「はー怖かった~・・!プラズマ流石だね、やっぱお化けも全然怖くないんだ♪」

プラズマ「当たり前だろ!
     俺に怖い物なんてない!これで証明されただろ!?
     さあ帰ろうか!!!」

まだ来てから数時間も経ってないのに
ぐりんと遊園地の出口へ向かって方向転換して
何かこの遊園地から早く出たいという気持ちが伝わってくるかのようなオーラを放ちながら速足で歩いてく
プラズマに向かって、
プリティは当然悲しげで不満げな声を漏らす。

プリティ「えー!?まだ来たばっかりだよー!!?
     それに、
     まだジェットコースター乗ってなーい!!」


プラズマ「・・・・・・・・
     ジェットコースター・・か・・。
     そうだな・・。」





「きゃーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!」

という多くの女性の悲鳴が聞こえる。それと共に物凄い轟音が聞こえ体に振動が伝わる。
プリティとプラズマは遊園地の目玉であるジェットコースターの長蛇の列に並んでいた。

プリティ「きゃー楽しそうー♪でもこわーい♪」

プラズマ「ふん、そうか?俺はこんなものなんとも思わないぞ。」

プリティ「わあっ流石プラズマだね・・・・。」

と、プラズマのほうに顔を向けると、


何故かあさっての方角を向いて顔を青白くさせてるプラズマが視界に入った。


プリティ「・・・・・・・・顔青くない?」

プラズマ「は?青くなんかないぞ。寧ろ期待と興奮で赤々しくなってるだろ!?」

プリティ「いや・・不安と絶望で青々しくなってるように見えるんだけど・・。
     え・・・もしかしてプラズマ・・。」

プラズマ「何だ!?俺はいつも通り健康爽快フレッシュそのものだぞ!?」

プリティ「怖いならやめといたほうが・・。」

プラズマ「怖い!?何がだ!?俺に怖いものなんてないと言ってるだろ!それを証明するためにここにいるんだろ!
     さあ乗るぞとっとと乗るぞ!一陣の風のごとくすばやく乗るぞ!!!!!」


丁度順番が回ってきて、冷や汗だらだら真っ青なプラズマに手を引かれてプリティは彼と一緒に
ジェットコースターに乗りこんだ。



そして発車したジェットコースター。

急斜面を登った後、かなりの高さからすごい勢いで降下して一回転2回転3回転。

ゴオオオオオオオオという轟音が鳴り響く。

そんな中でもプリティは怖がりながらもとても楽しそうだ。

プリティ「きゃあああああああああああ♪
     こわいーーーーーーー!!楽しいーーーーーー♪
     ねープラズマっ・・。」

そう言ってプラズマの方へ顔を向けた次の瞬間、彼女は
ジェットコースターの爽快な恐怖とは全く別の本当の恐怖の悲鳴を上げた。何故なら・・。


プリティ「きゃああああああああああああああ!!!!??????」

プリティの視線の先には、ぐったりとうなだれて白目をむいて顔を青ざめさせて
口から白く透けた煙のような何かを飛び出させているプラズマの姿があった。

プリティ『白い何かが抜けてらっしゃる!!!!???????;;;;;;』

そう、白くすけた煙のような何か、
巷で言うところの魂が抜けて揺れていた。


つまりは、THE/死にそうだ!!


プリティ「プラズマーーーーーーーーーー!!!!!!????;;;;
     わーーーん降ろしてー!!プラズマが死んじゃうーー!!!!!;;;」




プラズマの意外な弱点発覚。

THE・絶叫マシン駄目!!!!(乗り物酔い♪)





して、ジェットコースターから降りた後、青ざめた顔で速攻でトイレに駆け込む羽目になったプラズマだった。


その後、プラズマはぐったりしながらベンチで休んでいる。顔色もまだ悪い。
プリティはプラズマを心配そうに見つめながら持ってきたお水をさし出していた。

プリティ「プラズマ・・大丈夫・・?」

プラズマ「ああ・・すまない・・・。はあ、情けないな・・。こんな姿を晒して・・。」

プリティ「そんなことないよ。誰だって苦手な物くらいあるでしょ?
     ごめんね、気が付かないで無理やり乗せちゃって・・。」

プラズマ「いや・・。」

少し沈黙が走る。

プリティ「プラズマ、ブレインには黙っててあげるよ。
     やっぱり知られたくないでしょ?」

プラズマ「プリティ‥。
     すまない。そうしてくれるとありがた‥……。
     !?」

ふとプラズマの視界に、はるか遠くの建物の壁の向こうからひょっこりと顔を出して
にた~りと黒~く笑うブレインの姿が目に入った。
プラズマは血相を変えて慌ててベンチからがばっと飛び起きた。
だが次の瞬間にはそのブレインがいたはずの場所からは人影が消えていた。

プラズマ「・・今・・!遥か遠くにブレインがいたような‥!!」

プリティ「え?まさか。だってついてこないって言ったんでしょ?」

プラズマ「いや奴ならついて来かねん!奴はそういう奴だ!!!」



その頃、物陰に隠れた、
やっぱりちゃっかりついてきちゃってたブレインボンバーさん。
彼の耳には遠くの音も拾い上げる特殊なイヤホンをつけてあるらしい。

ブレイン「うっふっふっふー♪その通り♪
    見てしまいました聞いてしまいました♪
    まさかあのプラズマの弱点がジェットコースターやら絶叫マシンだったとは♪
    これはいい情報をゲットしてしまいましたよー♪
    プリティは、相変わらず彼には甘く私にこのことを黙ってるつもりみたいですが、
    残念♪もうこの通り筒抜けなのでしたー♪」


なんて相変わらずプラズマを陥れるための情報をゲットできて満足そうに腹黒く楽しそうに笑うブレイン。


プリティ「もうプラズマ落ち着いて~っまだ具合悪そうなんだから~。」

プラズマ「う・・そうだな・・まだ・・いや余計に少し気分が・・。」

プリティはブレインが近くにいるのではと慌てるプラズマを何とか落ち着かせて
まだ若干乗り物酔いの体調不良が残ってそうな彼をまたベンチに座らせた。
そしてソフトクリームを二つ買ってきて一つを彼に手渡した。


プリティ「はいプラズマ、冷たいアイス食べれば落ち着くよ。」

プラズマ「ああそうだな・・。ありがとう。」

プリティがソフトクリームを食べようとすると。少し傾けた拍子にクリームの部分が
全て地面にぼとっと落ちてしまった。
プリティは当然悲しげな表情を見せる。

プリティ「あ!・・落としちゃった・・。」

プラズマ「何やってるんだ・・。」

プリティ「しゅん・・。」

プラズマ「しょうがないな・・ほら、俺のを食えよ。」

プリティ「え?いいの?」

プラズマ「ほら。」

プリティ「うん♪ありがとう♪」

そう笑顔で言うとプラズマが手に持ったままのソフトクリームをプリティは小さな舌でペロッと舐めた。

プラズマはそんな状況にほんのりと顔を赤くしていた。

プリティ「うん、おいしい♪」

頬を染めてにっこり笑うプリティだった。





そんな二人の様子をブレインは相変わらず建物の影から、おもしろくなさそ~に見ていた。

ブレイン「ふーん・・結構いい雰囲気じゃないですか。」

協力するようなことをしておいてなんだが、
やっぱりだからって簡単に上手くいかれるとおもしろくない。
すこぶるおもしろくない。

ブレイン「そろそろ仕掛けを発動させますかね♪」

ブレインボンバーは腹黒マッドサイエンティストらしくにやりと笑った。










くろボン「ヘイ!そこの彼女ーー♪♪♪俺と一緒にティータイムしないかい!?♪♪」

遊園地のど真ん中でナンパに精を出しているのは、
女好きでかわいこちゃん大好きな、しろボンの親友でライバルで相棒のくろボンである。
彼はいつでもどこでも暇さえあればナンパ及びガールハントをしていることが多い。
だが・・。

女性「あ・・ごめんなさい。彼と来てるから・・。」

と、断られることが多い。
立ち去った女性はちょっと離れてるとこにいたジュースを買ってきたらしい男性の元へ駆け寄って行った。

くろボン「なんでだよスイートハニーーーーー!!!!!!;;;;」

泣きながら叫ぶくろボン。


くろボン「じゃあ、そこのお嬢さん♪♪♪」

女性「ごめんなさい!!!」

くろボン「なぜだあああああああああ!!!????;;;;;」


さらに泣き叫ぶくろボン。
彼は決してルックスはかっこ悪くはないし寧ろイケメンな方なので
成功するときは成功するが断られることが多いのは、
内面に問題があるからだろうか?
まあ実際彼の内面は元悪役なだけあっていろいろと問題が多い。
何しろ、「正義の味方は公然と街破壊できて快感♪」という本音の持ち主なのだから☆



ブレイン「くろボンさん♪」

そんなくろボンに声をかけてきたのは、なんとブレインボンバーだった。

くろボン「なんだよブレインか。はー。余ってたって言う遊園地のチケットくれたのはありがたいけどよー・・。
     ガールハントがちっともうまくいかないじゃねーかー!!」

どうやらブレインはチケットが余ってたと言ってそれを渡し。くろボンをこの遊園地に来させたらしい。
一体なぜ。

ブレイン「それはあなたの実力の問題でしょう♪
     それよりも、小耳にはさみたいことがありまして・・。」

くろボン「なんだ?」

ブレイン「どうやら、プラズマとプリティがこの遊園地にデートしに来てるみたいなんですよ。」

くろボン「な・・・・・・・・何ぃいいいい!!??」

ブレイン「ええさっき見かけまして、私もびっくりしました。
     けどもとはと言えばこのチケット、プラズマが2枚余ってるからとくれたものなんですよね。
     そこで感づくべきでした。あのプラズマが遊園地チケットなんて。
     それにしても二人とも水臭い。デートするならデートすると言ってくれればいいのに。
     プラズマもプリティも。二人でデートだなんて。私寂しいです・・。」

ブレインはわざとしおらしく言っていた。
勿論言ってることは全部嘘っぱちの作り話。
こんなことを言って何がしたいのか。


くろボン「プラズマの奴が・・・プリティと・・・???
     デートだあああああああああああああああ!!!??????」


プラズマとプリティがデートしてると知って烈火のごとく怒るくろボン。

その様子を見てブレインは黒くにやりと笑って舌を出した。








プラズマ、プリティはベンチで休憩を取り続けていた。


プリティ「プラズマ。気分はどう?」

プラズマ「ああ、大分よくなった。」

プリティ「無理しないでね。次は・・・しずかなボートとか乗ろっか?」

プラズマ「ああそうだな。」


プラズマが静かに立ち上がって、プリティもほっと微笑んで次の場所へ向かおうとしたその時。


くろボン「プうううううラあああああズううううマああああああああああああああ!!!!!!!!!」

プラズマ・プリティ「!!?」


突如として後ろから怒気に溢れた凄まじい雄叫びが聞こえた。
何事かとプラズマとプリティが振り返れば、
そこには握り拳を作り、目を吊り上げて、顔に影を作り、
烈火のごとく怒りのオーラを立ち込めさせているくろボンが立っていた。


プリティ「く・・くろボン!?」

くろボン「プラズマ・・てめえプリティとデートしてるんだってなあ・・。」

プラズマ「・・で・・デートなんかじゃ・・!///」

くろボン「絶対ゆるさねえええええーーーーーー!!!!!!!」


人の話を聞かない。

プラズマとプリティは突然現れて突然怒っている彼を見てたじろぎ困惑した。


プラズマ「な・・なぜおまえが怒る・・!?」

くろボン「俺はなあ・・・・・プラズマ・・・・
     初めて会った時からてめえが大嫌いなんだーーーー!!!」


まあ出会い方が悪かったしなあというのは認める。


くろボン「そんなてめえがかわいこちゃんとっ・・
     しかも全宇宙の人気アイドルで俺も大ファンなプリティとデートするなんてっ・・
     むかついてむかついてぜってえゆるさねえんだああああああああ!!!!!!!
     覚悟しろやああああああああ!!!!!!!!」

そう言ってくろボンは爆弾を取り出し、プラズマめがけて思い切り投げつけた。


プリティ「ちょっとくろボーーーン!!!???」

くろボン「どっせええええええええええい!!!!!!!!」


ドカンドカンドカーーーン!!!!!!!!!!


プリティ「きゃあああああああ!!???」

プラズマ「ひとまず逃げるぞプリティ!」

プリティ「うんっ・・!!」


くろボン「プラズマ死ねえーーーーーーーーーー!!!!!!!!!」


ドカンドカンドカーーーン!!!!!!!!!!


逃げるプラズマとプリティを追って我を忘れてるかのように怒り狂いながら
爆弾を投げ続けるくろボン。
爆発が次々に起こり、人々は逃げ惑い辺りは大惨事となった。

そんな様子を陰で見ながら含み笑いをするブレイン。


ブレイン「ふふふ。うまくいきましたね♪」


くろボンはとにかくプラズマの事が死ぬほど大嫌い。
またくろボンはプリティの大ファンであり、それ以上に
彼にとって彼女はしろボンと同様に長い付き合いの大切な人の一人。
彼がしろぼんをとても大事に思ってるのと同じぐらい
彼はプリティの事を大事に思っていた。
元々そんな彼女がプラズマに好意を抱いてること自体気に食わなくてしょうがないらしい。
それを二人がデートしようものならこうなることは目に見えていたのだ。

さっきの作り話は自分が関与してると知られては自分に火の粉が飛びそうなもの。
そんな危険な真似は死んでもごめんだ。
それに賭け事を含んだデートなどつまらない。
あくまで純粋にデートしてると思わせるのが効果覿面なのだ。

で、なんでこんなことをしてるのかって?


そんなの

プラズマを苛めたいからに決まってる♪
プリティが好きな彼にとっては
デートがぶち壊しになればいいに決まってる♪
そしてトラブル&アクシデントが大好き♪
人々が困る様を見るのが大好き♪
それが彼なのさブレインボンバー♪



くろボン「まああああああああてえええええええええええ!!!!!!!」


ドカンドカンドカーーーーン!!!!!!!


プリティ「きゃーーーー!!!!!いやーーーー!!!!!」

プラズマ「くっ・・!!!」









プラズマとプリティは暫く暴走したくろボンに追いかけられて爆弾を大量に投げつけられながら
あちこち逃げ回った。その際一部の道やアトラクションが破壊された。
一部が参事になったとはいえ遊園地がそれでも割と平和そうに平常運航してるのは、遊園地が広いからという事と
こんな参事は「ボンバーマン」の世界ではよくあることだからかもしれない。

なんとかくろボンをまいた二人は息を切らして汗を流して屈んでいた。

プリティ「はあ・・はあ・・。」

プラズマ「なんとかまいたな・・。」

プリティ「もー!なんなのよくろボンったらーっ・・!」


プラズマ「それにしても知り合いに合うとは・・。」

プリティ「は・・恥ずかしいよねやっぱり。///」

プラズマ「はあ・・なるべくほかの知り合いには会いたくな・・。」


なんて言ってると、後方から聞き覚えのあるほんわかした声が聞こえてきた。


しろボン「あれ!?プリティちゃんにプラズマくーん♪」


プリティ・プラズマ「「しっしろボン!?」」


まっしろな帽子を被った心もまっしろな永遠のほんわかショタっ子主人公しろボン登場。
まんま子供なさまで無邪気に笑顔で手を振って駆け寄ってきた。


しろボン「わー♪プリティちゃんとプラズマくんもここに来てたんだー♪」

プリティ「ぐっ・・偶然ね!
     どうしてここに?」


しろボン「あのねー、「きゃーーーーーー!」くんがチケットくれてねー!」


プリティ・プラズマ「「?」」


しろボンが誰かの名前を言っていた瞬間、ジェットコースターやお化け屋敷から聞こえたような
女性の大きい悲鳴に名前の部分がかき消された。


プラズマ「だれだって?」

プリティ「ジェットコースターとかお化け屋敷近いし悲鳴で聞こえずらーい。」

プリティは片方耳をふさぎながら言った。


しろボン「だからねー、「きゃーーーー!!!」くんがー!」

またもや同じ名前を言う絶妙なタイミングで声がかき消された。
ここまで来ると誰かが意図的にかき消しているかのよう。

ん?

プラズマ「すまないがまた聞こえなかった。もう一度言ってくれないか。」

しろボン「だからね・・・・・あ!これ言っちゃだめなんだった!ごめんね。教えれないや。」

プラズマ・プリティ「「はあ。」」

結局名前は解らずじまいだった。


そんな3人からそう離れてない建物の物陰で、ブレインがメガホンと蓄音器が合体したかのような
メカを持って不敵に笑っていた。

ブレイン「フフフ・・私の作った「絶叫マシン・お化け屋敷的女性の悲鳴発声マシーン」にぬかりなし♪」

そう、さっきの悲鳴はこのブレインが発明した
「絶叫マシン・お化け屋敷的女性の悲鳴発声マシーン」によるものだったのだ。
当然、しろボンにチケットを渡した人の正体というのは、このブレインである。


しろボンはプラズマとプリティ、並んでる二人を微笑んで見つめる。

しろボン「二人で来てるってことは、デートなんだね♪よかったね♪プリティちゃん!」

プリティ「あっ・・うんっ////」

プラズマ「・・・・・。///」

プリティは照れ臭そうに顔を赤らめて嬉しそうにしていた。
プラズマもしろボンにはむきになって反論するつもりがないせいか否定しなかった。顔は仄かに赤い。

プリティ「じゃあしろボン、私たちそろそろ行くね。」

しろボン「うん!じゃあねー!楽しんできてねー♪」


しろボンは笑顔で大きく手を振って二人を見送った。
だけどプリティとプラズマの並んだ後姿をふと見つめてると
しろぼんの胸に今まで感じたことのない仄かな胸の痛みを感じた。


しろボン『ん?なんだかちくちく?
     なんだろうこれ・・。』


すると後ろから聞きなれた女の子の声が聞こえた。

あかボン「しろぼん‥。」

しろボン「あ!あかぼん!」

そこには赤いショートカットのあかボンが立っていた。顔はちょっとそっぽ向いてて仄かに赤い。
あかボンはしろボンにホの字なのだ☆

しろボン「どうしてここに?」

あかボン「私も、ブレインからチケットもらったのよ。・・しろボンにも渡しましたからいかがですかって・・。///」

後半はボソッと言っていた。


しろボン「そうなんだ!よかったね♪ラッキーだよね♪ブレインくんって優しいよねー♪」

あかボン「まあ、大方何か企んでるついでなんだろうけど。そ・・それでよかったら・・
     せっかく会ったんだしこれから一緒に周らない・・?って勘違いしないでよねっ!一人じゃつまんないから
     会ったついでに・・。」

あかボンはいつものツンデレ全開な態度でしろボンに言う。
しろボンは無邪気に笑って、嬉しそうにあかボンの手をぎゅっと握った。


しろボン「うん♪一緒に周ろう♪」


そして手をつないだまま楽しそうに歩き出した。
あかボンは顔を真っ赤にさせていた。


あかボン「ちょっしろぼん!///まちなさいよ!!////」















それからも次から次へと彼らは知り合いと会った。



マグネット「あれー?プラズマにプリティやーん!」

プラズマ「マグネット!?」

プリティ「それに鉄仮面!」

プラズマ、プリティと同じ5人衆の仲間で最年少ナニワっ子マグネットボンバー、
それにその彼女である鉄仮面ボンバーと出会った。

マグネット「何やってるんやー?お二人さんデートー!?♪」

プリティ「えへへ・・♪///そういうアンタたちもデート?やるわねマグネット♪」

マグネット「いやー♪///」

お互い頬を染め照れてるプリティとマグネットだったが。

プラズマ・鉄仮面「「デートじゃない・・。///」」

プラズマ、鉄仮面、性別違えどクールコンビに顔を赤らめながらそっけなく否定されてしまった。
当然ガーン!!とショックを受け涙目になるプリティ、マグネット、性別違えど情熱コンビ。

マグネット「ガーン!?デートやろ!?デートしよ言うてOK言ったやん!?」

鉄仮面はつーんとしていた。
顔は真っ赤であったが♪

プリティ「ところで二人はどうして今日ここに?」

マグネット「いやーなんか空から急に遊園地のチケットが二枚振ってきてな!
      天からの贈り物やー☆思ってありがたく頂戴させてもろたんや♪」

プラズマ・プリティ「「空から?」」

マグネット「空から。」

プラズマとプリティはへ~・・・。と訝しげな表情を見せた。
マグネットはあまりその不可思議な現象の事も気にしていないであっけらかんとしていた。

マグネット「じゃあなー♪お二人さん♪デート楽しんできてやー♪俺らもデートめいっぱい楽しむからー♪」

元気よく手を振りながら去る横で顔を真っ赤にして恥ずかしそうにしてる鉄仮面だった。

プリティ「うんじゃあねー!」






そしてしばらくするとまた知り合いとばったり出会った。

ゴーレム「ぷ~ら~ず~ま~。ぷ~り~てぃ~。」

プラズマ・プリティ「ゴーレム!?」」

プリティ「まみちゃんも!」

同じ5人衆の仲間、のんびり巨人なゴーレムボンバーと出会った。
そして彼の横にはいつもちょこちょことくっついて来ている、
ゴーレムの居候先の女の子、三つ編みを揺らしたちっちゃなまみちゃんが手をつないでいた。

まみ「今日はね~ゴーちゃんと遊園地なの~♪」

まみはとてもうれしそうに無邪気に笑っていた。

プリティ「よかったわね~まみちゃん♪」

プラズマ「・・ところでゴーレム、今日のここの遊園地のチケットは一体どうやって手に入れた?」

ゴーレム「え~っと~・・そ~ら~か~ら~~~・・。」

プラズマ「振ってきたのか?」

ゴーレム「う~ん~。」

頷くゴーレムにプラズマとプリティは冷や汗を流しながら顔を見合わせた。







そしてしばらくするとまたまた知り合いとばったり出会った。


ゴールドボンバー「あ!プリティちゃんなのだ!」

あおボン「あっほんとだプリティじゃん!超偶然~!」

みどりボン「奇遇ですね、プリティちゃんそれにプラズマさん、お二人も遊びに来てたんですか?」


何故こんなに今日に限って知り合いに出会うんだろう。
何故こんなに今日この遊園地にみんなして集結してるんだろうと言いたげなプラズマとプリティだった。


プリティ「アンタたちまで来てたのね・・。」

あおボン「ああ!空から急にチケットが3枚ふってきたから~♪超ラッキーじゃん?」

プラズマ「また空か!?」

リーダーのゴールドボンバー、手下のあおボン、みどりボン、3人合わせてゴールド軍団。
実はゴールドボンバーは年齢相応のまだまだ子供だが
あおボン、みどりボンはしろボン、くろボン、あかボン、と同時期に作られたかなり古参のボンバーマン。
永遠の子供ではあるが生きた年数的には二人はもう大人でおじいちゃんである。
そんな二人がなんでガキンチョのゴールドの部下なんてやってるのかというと、
まあちびっこのごっこ遊びに付き合ってあげてる間隔だったりする。
ゴールドの方は彼らの生きた年齢も含めて全然その事には気づいていない。
そしてゴールドはプリティにLOVEだったりする。

ゴールドボンバー「こんなところでプリティちゃんに会えるなんて運命的なのだ~♪
        は!よく見たらプリティちゃんプラズマさんと二人でっ・・!?
        ももももしかしててデートなのだ!?きーーー!!ゆるさないのだー!!」

一人で喜んだり怒ったりしているゴールドをなだめる青、緑の保護者二人。

あおボン「はいはいリーダーおちついて~超落ち着いて~。」
みどりボン「あの二人とは年季が違いますから・・^^;」

ゴールド「ネンキってなんなのだー!?ペンキは俺様の方が金ぴかでゴージャスなものを持っているのだー!」

プリティとプラズマは呆然と立ち尽くすしかなかった。

プリティ「じゃあアンタたち・・またね!」

ここは保護者二人にまかせて、そそくさと冷や汗をかきながらその場を立ち去るプラズマとプリティだった。


ゴールド「むきーーー!!!!」







プラズマとプリティは疲れた様子で遊園地内を歩いていた。
そしてそんなプリティの心の叫び。

プリティ『もーーーなんなのよなんなのよーー!!これじゃあプラズマとのデートが
     堪能できないじゃなーい!!!!!!!』

プラズマもプラズマで「デート」を見られる恥ずかしさからか
それともプリティのようにまんざらでもなくデートがなかなか堪能できない事に不満を抱いているのか、
少し不機嫌そうにぐったりしていた。

プラズマ「それにしても、さっきからなんなんだこの知り合いラッシュは・・。
     なんで今日に限ってこんなに知り合いがこの遊園地に集結している。」

プリティ「ほんとよね、ここまで来ると誰かに仕組まれてる気がする~・・。」

プラズマ「・・誰かに・・な・・。」


プラズマが意味深に重く呟くと後方から元気のいい声が聞こえてきた。



???「よー!プラズマーー!!」


プラズマ「今度は誰だ!!!!!!?;;」



振り返ってみると、そこには赤い服にバズーカを背負っている
ボンバー四天王のリーダー、ボンバーバズーカがいた。
明朗快活な彼らしく手のひらを顔の横に上げて軽く挨拶するポーズと取りにかっと笑っていた。


プラズマ「バズーカ!?」

バズーカ「よープラズマ!!お前が俺と勝負したがってるって聞いてきたぜ!また勝負しようぜ!!」

プラズマ「そんな話は初耳だぞ!?」


バズーカは大の勝負好きバトル好きで以前プラズマと勝負に勝負を仕掛けたことがあった。
プラズマも勝負好きであるので乗り気で勝負に応じた。
双方実力は互角でなかなか決着がつかず、拳と拳否爆弾と爆弾で男の友情を語り合った。
各チームリーダーコミュ完了♪(笑)
そんな感じで度々勝負を繰り広げてる二人だが
あまりにもこのようにバズーカの方は空気を読まずに勝負を仕掛けてくることが多い。
ふとバズーカはプラズマの横にいるプリティが視界に入ると、目をハートマークにさせて
顔を真っ赤にして彼女の前まで飛びついた。


バズーカ「あっ!プリティちゃんじゃないかー☆☆今日もかわいいねー☆らぶり~~♪♪♪」

そう、バズーカは人気アイドルプリティの熱烈大ファンである♪

プリティ「あっ、どうもありがとう♪」


アイドルらしい、かわいらしい営業スマイルを見せるプリティ。
バズーカは幸せそうな満面の笑みで興奮しながらプリティの両手を握って
ぶんぶんと強く振って握手をしていた。


バズーカ「握手握手ー☆☆あー幸せーー☆☆☆このままプリティちゃんと遊園地デートしたいな☆
     でもごめんね!今はプラズマと勝負しなくちゃいけないんだ!」


プラズマ「だからなんでそういうことにっ・・!?」


バズーカ「あれ?よく見たらプラズマとプリティちゃんがデート中なわけ・・?
     はーん、そういう事か~♪
     丁度いいじゃん!プラズマ!勝負に勝ったら俺がプリティちゃんとデートしてもいい?♪」


プラズマ「だからなんでっ・・!!!!!!!」


バズーカ「よーし決まり!!!プリティちゃん俺の勇姿を見てて!!じゃあいっくぞーーー!!!!」

プリティ「えっ?ええっ!!??」


ああ我らの周りには話の聞かぬ者ばかり。
赤い彼は背中につけていた自慢の武器バズーカ砲を右手に装着して
その銃口をこちらに向けて、
おなじみの発射前ポーズでくるっと華麗に一回転して
凄まじい赤い炎を発射させた。


バズーカ「ボンバーーーーああああああシュートーーおおおおおお!!!!♪♪♪♪ってなー♪」



ドッカアーーーーーーーーーーーーーーン!!!!!!!!



プラズマ「うわあっーーー!!!??」

プリティ「キャーーーーーー!!!!!!」



バズーカの火炎放射から必死に逃げ出すプラズマとプリティ。
またもや追いかけっこが始まり、遊園地の一部が破壊されることとなった。


プラズマ「何故だ何故だ何故だ!!何故こんなに知り合いがいるんだーー!!!くそーーー!!!;;;」

プリティ「もー!!!なんなのよーー!!いやーーー!!!;;;」

バズーカ「待てよーー!!!!!!プラズマーーーー!!!!!」


ドッカアーーーーーーーーーーーーーーン!!!!!!!!







ドッカーン!!ドッカーン!!

プラズマとプリティが破壊工作をしながら追いかけてくるバズーカから逃げてるその後ろの方から、
バズーカと同じボンバー四天王の仲間であるジェットボンバー、レディボンバー、ハンマーボンバー、
そして彼らの指揮官であるボンバーグレートが慌てて彼を追いかけてきた。
暴走している彼の様を見て4人は冷や汗を流している。


ジェット「バズーカ‥!」

レディ「バズーカったらブレインと何か話したかと思ったら急に
    「プラズマと勝負するんだー!」って駆け出してっちゃって・・。
    大方あの人の企みにまんまと動かされちゃったのね・・。家の単純バカは・・。」

ハンマー「ほんっと振り回される方の身にもなってほしいよね!!いっつもいっつも!!」


黒掛かった濃い青い髪を後ろで一つに結んでいて、
背中には大きいジェット機を背負っている、
普段はクールな青い少年ジェットボンバー。

メンバーの紅一点で、
山吹色の短いショートヘアを外ハネにしている、胸の大きくスタイルのいい、
周りにはビームを出すビットを3つ宙に浮かしている、
しっかり者なオレンジの女の子レディボンバー。

背が小さくメンバーの中で最年少で、
緑色の短い髪で黒い眼帯を付けた、
かわいい顔をしてるけど短気で怒りっぽい
とげの付いた丸く重いハンマーを抱えた少年ハンマーボンバー。

3人が順に口々にした。
そんな彼らのさらに後ろから気の抜けた声が聞こえていた。

グレート「お~いみんな~待ってくれ~・・。若いなあ~っ・・。」

彼らの指揮官である、やたら気の抜けた声でのんびりしてそうというかいろいろ鈍そうな
長髪の美形の紫のおじさん、ボンバーグレートが
無敵状態でも使った後ですかって感じにへろへろになりながらぜえぜえと息を切らしながら追いかけてきた。
こんなグレートさんだけど、戦うときはとっても強いよ♪ほんとだよ♪


どうやら彼らも今日遊園地に遊びに来ていたようだ。
天から降ってきた5枚のチケットによって♪
そして先ほど楽しそうに遊ぶ彼らのもとにやってきたブレインはバズーカに向かって
「今日プラズマも来てますよ♪あなたととっても勝負をしたがっていました♪」
と言って怪しげににこにこ笑っていたそうな。
その言葉を聞いた瞬間バズーカは目を輝かせて「プラズマと勝負するんだー!」
と言ってプラズマとプリティの元へ突進していった。
そんな彼を慌てて追いかけて行った他の仲間たち。
後ろではブレインが黒く笑っていた。
そして現在に至る。



ジェット「とにかくバズーカを止めないと・・!」

ハンマー「あ!!ジェット・・!やめなっって・・!!」

ジェットが背中の自慢のジェット機のエンジンを点火させて発射するのを慌てて冷や汗を流しながら止めようとする
ハンマー。
だがそんな彼の声が届く間もなくジェットのエンジンが発射された。


ジェット「(発射)ファイヤーーーーーーーーーーーー!!!!!」

ゴオオオオオオオオオオオオ!!!!!!!!!


物凄い爆音とともに、背中から発射されたジェット機から炎を吹きながら
彼は物凄いスピードでマッハで前に向かって一直線に体倒して空を切りながら突進していった。
そんな彼の表情は・・・何やらさっきの落ち着いていたクールで真面目な彼よりも、
元から吊り上ってる目をさらに吊り上らせて顔に黒い笑みを作り好戦的な表情になっていたそうな。

レディ「あ・・。」

ハンマー「あーーーもーーっ・・!!!」




ジェット「オラああああああああバズーカああああああああああーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!」

バズーカ「あ?」

ジェット「俺と勝負しろおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!」

彼は物凄いスピードでマッハで前に向かって一直線に体倒して空を切りながら突進してくる。
その顔はさっきの落ち着いていたクールで真面目な彼とはうって変わって、
元から吊り上ってる目をさらに吊り上らせて顔に黒い笑みを作り好戦的な表情になって暴走していた。

さっきまでとはまるで別人。

そう彼は、
自慢のジェット機を発射すると人格が変わってしまう

THE・二重人格なのだ!!!!!!


普段はクールで真面目な彼だが、こうなると好戦的で
バズーカに負けないぐらいの勝負好きとなり、バズーカと勝負したくてたまらない勝負バカになってしまうのだ!


バズーカ「うるせーな!今はプラズマと勝負すんだよ!!」

ジェット「じゃああいつを先に仕留めれば俺と戦うか?」

バズーカ「勿論!!♪」

ジェット「なら一時休戦!共にあいつを倒すぞ!」

バズーカ「おお!」


そして勢いだけで何が何だかわからぬうちに
ボンバー四天王の二人のバズーカとジェットに追いかけられる羽目になる
プラズマとプリティだった。


バズーカ・ジェット「「まああああああてえええええええええええええええええ!!!」

プラズマ「だああああ!???なぜ増える!!??」

プリティ「なんなのよなんなのよー!!??????」


バズーカの暴走を止めるためにと出陣したはずが、こうして裏の人格が現れてしまっては
ミイラ取りがミイラ状態となり本末転倒なジェット。
そんなことが彼らの「いつもの」パターンであった。
そんな彼らをあきれ返り、怒りをふつふつとわき起こさせながら見守るハンマー。

ハンマー「・・・・あんたらね~・・いいかげんに~・・・・・・・・!!!!!」

顔を真っ赤にさせて血管が切れる寸前の様で
姿に似合わずの怪力な彼の自慢のハンマーを持って二人の所へ入って行こうかと力んでいたその時、
となりで「ずん」と山吹色の彼女が黒い影を放ちながら二人の所へ向かって一歩足を踏み出したのを見て、
ハンマーは察して冷や汗を流しながら怒気を沈めて後ずさった。
レディはそのままゆっくりとバズーカとジェットの元へ歩を進める。


プラズマを襲うバズーカとジェット。傍にいるプリティにも危害を与えてしまっているがそんなことには気づかない。
プラズマも冷や汗をかきながらボムを投げ応戦する。

バズーカ「流石だなあプラズマ。だが力を合わせた俺たち二人にはかなわないだろ?」

ジェット「悪いなプラズマ、俺はお前をとっとと片づけてこいつと勝負がしてえんだ。」

プラズマ「だったら勝手にお前らで勝負してればいいだろっ・・!」

バズーカ「お前を倒さなきゃ意味ねえだろーー!!!!!」

ジェット「こいつがそう言って聞かねえんだからしょうがねえだろーー!!!」

プラズマは二人の勢いにあきれるようにがくっと肩を落とした。そのすきを見てバズーカ、ジェットの二人は飛び掛かる。

バズーカ「じゃあ。」

バズーカ・ジェット「「とどめだあああああああああああああああああ!!!」

プラズマ「くっ・・!」

プリティ「きゃああああああああ!!!」


その次の瞬間、空中から何発かのビームが飛んできてバズーカ、ジェットに命中した。

ピチュンピチュンッ‥!!
ドカーーン!!!!!!

バズーカ・ジェット「「ぎゃあああ!!!!??」」

黒こげになって倒れているバズーカとジェット。
そんな二人がぐぐぐと手に力を込めて顔を上げると、そこには・・・・
顔に黒い影を作って目の前に足をずしんと置いて見下ろしているレディの姿があった。

バズーカ・ジェット「「あ・・レディ・・。」」

レディ「バズーカ、ジェット、また人様に迷惑かけて・・。」

バズーカ「いやっ・・!」

ジェット「そのっ・・!!」

レディ「反省しなさい!!!!!」


そして彼女の傍に浮いてる3つのビットから、ビームの嵐が放たれた。
バズーカ、ジェットは悲鳴を上げて黒こげになった。

バズーカ・ジェット「「ぎゃああああああああああ!!!!!!!???????」

ピチュンピチュンッ‥!!
ドカーーン!!!!!!ドカーーン!!!!!!


その隙をついて逃げようとするプラズマとプリティ。

プラズマ「今のうちだ!逃げるぞプリティ!」

プリティ「うんっ・・!!」

その時二人は無意識のうちにお互いの手をつないでいた。
プラズマがプリティの手を引っ張ってくれていた。
プリティはその事に気づいて頬をほんのりと赤らめた。


バズーカ「レディ~ごめんなさ~い!!ゆるしてー!!;;」

ジェット「ゆるしてくれーー!!;;ぎゃあああ!!!!」

ハンマー「はーっ・・全くいつもこうなんだから世話ないよね。」

グレート「ははは・・。元気なのはいいことです。」








ピピピピピ!!!

その時、遊園地の全ての人々の携帯通信機にメッセージ情報が入った。

通行人「え!?アイドルのプリティーボンバーちゃんが遊園地に来てる!?
    しかも男とデート中だああああ!!???」


通行人「人気アイドルのプリティボンバーちゃんがいるって!?」

通行人「ほんとだ!プリティボンバーちゃんがいるぞ!」

通行人「きゃー!かわいいー♪」

通行人「らぶり~~~♪」

通行人「握手してー!」

通行人「サインしてー!!」

通行人「隣にいる男は誰だあああ!!??」


通行人たち「「「「「プリティちゃーーーーーーーん!!!!!!!」」」」」


遊園地に来ていたプリティファンの大勢がプリティ本人を見つけて興奮しながら追いかけてきた。

ドドドドドドドド!!!!!


プリティ「きゃあああああ!!?;;;;」

プラズマ「うわあああああ!!!なんなんだあああ!!!!!;;;;」


手をつないだまま逃げるプラズマとプリティ。
さながらその光景は愛の逃避行だった。

さらに二人に追い打ちをかけるように
また別の方向からやっかいな人物の声が再び聞こえてきたのだった。


くろボン「プラズマあああああああああああああああああああ!!!!!!
     見つけたぞおおおおおおおおお!!!!!!!」

プラズマ「くろボン!!!!!???」

くろボン「今度こそ仕留めてやるーーーーーーーー!!!!!!」

爆弾を構えながら凄い形相で突進してくるくろボン。

プリティ「いやあああああ!!!もーーー!!!!!」


そんなくろボンと大勢のプリティファンから逃げ回ることになるプラズマとプリティだった。









くろボン「まーーてーーーーー!!!!!」

ボカンボカンボカーン!!!!!

プラズマ「しつこい!!」

プリティ「いやー!!」

爆弾を投げつけてくるくろボンから逃げ惑うプラズマとプリティ。

とその時!

急にどこからともなく出てきた変な機械の触手に3人の体が掴まれた。


がしっ!

がしっ!!

がしっ!!!


プラズマ「な!?」

プリティ「きゃあ!?」

くろボン「おうわ!!!???」


そしてプラズマ、プリティ、くろボンの3人は勢いよく放り投げられた。


プラズマ「わああああ!!???」

プリティ「きゃあああああ!!??」

くろボン「おわあああああああ!!??」


どしーーん!!!


3人はどこかの上に落とされた。
そこはジェットコースターの上だった。


プリティ「いったーいっ・・。」

くろボン「いってーなー!なんだってんだよー!」

プラズマ「!!!???・・・なんでこんなとこに・・。」

プラズマは今自分がいる場所を把握して冷や汗を流す。
嫌な予感しかしなかった。

そして案の定、ものすごいスピードでジェットコースターが発車した。


ゴオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!!


プリティ「きゃあああああああああああああ!!???なんでなんでなんで急に動くのー!!??」

くろボン「ぎゃあああ!!!??いったいなんなんだーーーーーーー!!!!!???」

3人は当然急に起こったわけのわからない出来事と
全身に感じる物凄く強い風圧にパニックを起こしながら
振り落とされないように機体に必死にしがみつく。

そして・・・・・・・・
ジェットコースター及び絶叫マシンが大の苦手なプラズマは
顔を一瞬で青ざめさせ冷や汗を大量に流し、その汗さえも風圧で飛ばされながら、
しかし自身は振り落とされぬよう片手で機体にしがみ付きながらも
胃の中の物を戻さぬよう片手で口を必死に押えていた。

プラズマ「こっ殺す気かっ・・!!??うぇあおうぉっぷ・・っ・・!!!」

プリティ「ぷっ・・プラズマー!!!?;;;しっかりしてー!!」






その頃、ブレインがジェットコースターを制御するコンピューターのあるコースターの入口で、
怪しげなコードをそのジェットコースターの制御コンピューターに刺して
そこから繋がっているノートパソコンのようなもののキーボードをカタカタと素早くタイピングしていた。

ブレイン「ふふふ!このジェットコースター・・否、この遊園地のコンピューターは全て私が占拠しましたよ!!」

そう、3人を機械の触手で捕まえ、ジェットコースターの制御コンピューターをハッキングして乗っ取り、
ジェットコースターを暴走させたのは、
勿論この腹黒マッドサイエンティスト、ブレインだったのだった!
さらにブレインはこのジェットコースターの制御コンピューターから侵入して
一気に遊園地全体システムを統括するコンピューターにまでハッキングをして
占拠してしまったのだ。

流石はブレイン、恐ろしい子っ・・!!


係員「ちょっと!!お客さん!?困りますよ!!」

係員「おいお前!何をしている!!?」

そのブレインの横で本来そこでジェットコースターの管理をしていた係員が
先ほどからブレインを止めようと慌てふためいてる。
さらに警備員まで駆けつけてきた。

ブレインは係員と警備員の方へ振り返ってにっこりと笑い、
手のひらを二人の顔の前にかざした。


ブレイン「問題ありませんね~?ハイ!洗脳♪」


そしてブレインの手のひらから特殊な電波が発されたらしく、
係員、警備員の二人の目から光が消えピンと直立になりビシッと手を額にかざして敬礼しだした。


係員・警備員「「問題ありません!!ブレインボンバー様!!」」

ブレイン「いい子ですね~♪」


ナチュラルに洗脳完了♪


ブレイン「フフフ、プラズマ、存分にあなたの苦手な
    ジェットコースター地獄を味わってくださいな♪
    あはははははは♪」















ゴオオオオオオオオオオオ!!!!!!!


プラズマ「うぇおっぷうぐうおあああっ・・!!!;;;;」

物凄いスピードで動き続ける高速ジェットコースターの上で酔いと格闘する絶叫マシン苦手!駄目!死ぬ!なプラズマ。
口を押えて今にも吐きそうで・・・真っ青で汗だくで顔をゆがめてて涙目で
もうなんというかイケメンなお顔が色々と台無しである(笑


プリティ「プラズマ~~~!!!;;;」


そんなプラズマを自分も落ちないようにしながら支えるプリティ。


くろボン「プラズマお前・・もしかして・・絶叫マシン駄目なのか!?♪」

プラズマ「・・・!!!」

くろボン「あっはっはっはこりゃいいやーー♪力が出ねえんだろ?動けねえんだろ?
     憎きプラズマをいたぶる絶好のちゃぁあんすうううう♪」

くろボンはこれでもかというぐらい黒い笑みを浮かべて両手に爆弾を取り出す。

プリティ「ちょ!?くろボっ・・。」

くろボン「覚悟しやがれ!!オラぁああああーー!!」

そう言ってくろボンは持っていたボムをプラズマに向かって投げつけた。

プラズマ「!!」


ドカアァァアアアアァァン!!


プラズマの目の前で爆発が起こる。


プリティ「きゃあああ!!!」

プラズマ「くっ・・。うっ・・。」


爆弾こそ外れたが、

この至近距離では次は確実に当てられてしまうかもしれない。


くろボン「ちっ次こそはっ・・!!」


また爆弾を取り出すくろボン。

もう後がないっ・・!

しかも・・!!!


プラズマ「うぐぁ・・うぷっうああああああっ・・!!」


もう胃の方も限界である!!!!!!(爆


プリティ「ぷ・・プラズマぁっ・・!大丈夫!?ねえ大丈夫!?;;;;」


くろボン「はっはっはっはーーー!!!!!!!
     ざまあみろプラズマーーー!!
     そのままゲロ吐いてプリティと俺様の前で醜態さらせやはーっはっはっは!!!!」


外道

その一言に尽きる。



プリティ「もー!くろボンいい加減にしてよーー!!!」

プリティが怒って叫んだ次の瞬間、ジェットコースターが急カーブに差し掛かり
その勢いでプリティがバランスを崩し、飛ばされコースターから落ちそうになった。


プリティ「あっ…きゃああああああああ!!!」


くろボン「あっ・・!!!!」


くろボンはしまったと冷や汗をかく。
プリティに危険な目に合わせるつもりじゃなかったのにと。
慌てて彼女を助けようと身を乗り出そうとするが間に合いそうにない。
そう絶望した次の瞬間。



ぱしっ!!!



苦しんでいて動けない状態だったはずのプラズマがプリティの腕をつかんでいた。


プリティ「!!!!」
くろボン「!!!!」
プラズマ「・・・・っ!!!」


そしてプラズマはプリティをぐいっと自分の方向へ引っ張り
片膝立ちしながらお姫様抱っこをした。
プリティは頬を赤く染めた。

そしてすくっと立ち上がり動いたままのコースターの上を歩き
プリティを座席にすとんと下ろした。
プラズマはくろボンのいる方へ方向転換し彼の方向へと歩いて行った。
プリティは落とされないように取っ手をつかみながら呆然とプラズマを眺めていた。

くろボンの前まで来たプラズマは涼しげな、けど威圧のある顔でジェットコースタ-の上を直立している。
反対にくろボンはその威圧感に腰が抜かしていた。


くろボン「お前・・ジェットコースター苦手なんじゃ・・・。」


プラズマ「誰が苦手だと言った??」


プラズマはにやりと不敵に笑い、固く握られた拳を落とした。


ドカ!バキ!ゴス!ボカーーーン!!!!!!

そしてくろボンはズタボロにされてお約束の典型的なザコ悪役のように空へと吹っ飛んで行った。


くろボン「わーーーー!!覚えてろよこのー!」

一体どっちが悪役なんだ;;;;;;;

いや、どっちも元悪役か。





すると不思議な事に暴走していたジェトコースターはゆっくりとブレーキがかかり停止した。
プラズマとプリティはゆっくりと機体から降りる。
プリティはプラズマを見つめていた。
プラズマは先ほどからずっと涼しげな顔をしていた。
が、機体から降りて数歩歩いたところで黙って直立したかと思うと・・。

バターーン!!!

後ろに向かって勢いよくぶっ倒れた。
白目をむいて泡を吹いていた。
どうやらプリティを守る間は平気でいられたようだが、限界だったようだ・・☆


プリティ「!!!!きゃーーーーーーーー!!!??プラズマーーー!しっかりしてー!!
     ほっほらトイレまで頑張ってっ;;;
     プラズマーーーーーーーーー!!!!」













一方その頃、吹っ飛ばされたくろボンは、遊園地の端の方でボロボロになって倒れていた。


くろボン「ぢ・・ぢくしょー・・・プラズマのやろー・・。」

とそこへ、アクアボンがやってきた。

アクアボン「あれくろボンくん!?どうしたの!?そんなボロボロで!!大丈夫!?」

くろボン「あ・・アクア・・。」

水色のワンピースを着て金髪のツインテールを青いリボンで結っている、ベルトには星マークがついてる、
背の小さめな幼い感じの女の子。スターボンバーのミラクルワールドというこことは別の遊園地で
サーカスの見習いをしている。ちょっとドジっ娘だけど頑張りやな子であった。
ちなみに彼女と同じ「アクア」という名前で同じ水属性で水色のボンバーマンが他にいたりするが、
彼の方は男で全く別人で親戚とかでもない。(笑
以前そのスターボンバーのミラクルワールドで出会った時から
くろボンとアクアボンはどことなくいい雰囲気なのである。

くろボン「お前、なんでここに?」

アクアボン「この遊園地でも私たちの団でサーカスを開いてるのっ。
      それよりくろボンくんあちこち怪我してる!
      すぐ手当しなきゃっ・・きゃーーーー!!!」

アクアボンはポケットから救急箱を取り出開けようとしたら盛大に中身をぶちまけてしまった。

THE・ドジッ娘の鏡☆☆☆

本人はいつものようにおかしてしまった自分の失態に涙ぐんでいる。

アクア「ううまたやっちゃった・・わたしってほんとドジ・・。
    でもめげない!アクアがんばる!」

そしていつものようにめげない彼女はガッツポーズを取る。
そんな様がおかしかったくろボンは座った大勢のまま盛大に笑った。


くろボン「ぷ、あははははは!」


アクアボン「え、えへへ、あははは♪」

アクアボンも照れながら笑う。



その後くろボンはアクアボンに手当てしてもらった。
手つきは危なっかしいけどくろボンもフォローしながらゆっくりと。
まあこんな男にも、救いはあるようだ。














その後、落ち着いた様子のプラズマからトイレから出てきた。
いろいろと、すっきりしたようだ♪

プリティ「プラズマ、大丈夫?」

プラズマ「ああ・・。」

そして、建物の影から死ぬほど見覚えのある紫色のマントがちらりと見えた。
それを見たプラズマは額に血管を浮き上がらせ眉間にしわを寄せながら重々しい声色で言った。

プラズマ「まあ、わかっていたけどな・・。ぜんぶお前のしわざだったのか。
     いるんだろブレイン!」

ブレイン「ありゃ~ばれちゃいました?」

悪びれなさそうな感じな満面の笑みでひょこっと現れた。

プリティ「ブレイン!?ほんとにいたの!?」

ブレイン「はい♪しろボンやみなさんにチケットをわたして
     今日遊園地に来させたのもバズーカをけしかけさせたのも
     くろボンをけしかけさせたのもネットにお二人のうわさを流したのも
     ジェッとコ-スターを暴走させたのももーんぶ私の仕業です♪
     でも~楽しかったでしょ?少なくともとっても楽しかったですよ
     わ・た・し・は♪」

まったくちっとも反省の色無し♪

プラズマ「痛い目見ないとわからないようだな‥。」

プラズマはゴキゴキと指の骨を鳴らす。

ブレイン「え、あら、そんなにおこらなくても・・ぎゃーーー!!!!??」


そしてそこにあったのはプラズマにぼこぼこにされたブレインのなれの果てであった。

プリティは冷や汗をかきながら見ていた。


プラズマはブレインが遊園地のコンピューターを制御するのに刺していたコードを勢いよく引っこ抜いた。
そしてブレインが倒れたことで洗脳されてた係員と警備員の二人の洗脳も解けた。

係員・警備員「「あれ~俺たち何してたんだろ~??」」

お約束の台詞である。
とにかくこれでようやく遊園地に平和が戻ったようだ。


プラズマ「まったく。
     ・・・まだ少し時間あるな
     ・・・・観覧車でも乗るか?」

プリティ「うん!」


プリティは笑顔でうなずいた。












観覧車。

プラズマとプリティは観覧車の中の椅子に向かい合わせで座りながら、
窓からオレンジ色の夕日に照らされの遊園地の景色を眺めていた。

プリティ「わあっ綺麗♪」

プラズマ「ジェットコースター云々よりはこっちのほうが落ち着くな・・。」

プラズマは今日一日を振り返ってげんなりしながら呟くように言った。
そんなプラズマを見てプリティは可笑しそうにクスクスと笑う。

プリティ「そうなんだ。ふふふ♪
     でも意外だなープラズマが絶叫マシン苦手だったなんて♪」
     プラズマの新しい一面が知れて、なんかうれしい・・♪」

プラズマは恥ずかしそうに言う。

プラズマ「バかにしてるだろ・・。//」

プリティ「してないよー。
     だって、さっき助けてくれた時のプラズマ、すっごくかっこよかったよ。////」

頬を染めながら言うプリティに、
つられて鼓動を高鳴らせ頬を染めるプラズマ。

次の瞬間、観覧車が少し大きく揺れる。

ガタンッ!!

その拍子にプリティがプラズマの方へ倒れこむ。


「きゃっ!!」

「プリティっ・・!」



そしてその拍子に、

唇と唇が重なり、

二人はキスした。


purapurikisu2.jpg



プリティ『き・・・きゃあああああああああああああ!!//////』

プラズマ『…////////////!!!!!!!!!!!!!!!』



真っ赤になりながらパニックになり心の中で叫ぶプリティ。
プラズマも驚きながら顔中が赤く染まっていていた。
お互い慌てて顔と体を引き離し、
プリティは飛びのいて両手を頬に当てながらプラズマの顔が恥ずかしくて見れないといった感じに
後ろを向いて観覧車の中の床にぺたんと座り込んでた。
二人の鼓動がドキドキと早くなって止まらなくなっていたが
プリティが何か言わなきゃとおそるおそる頬を染めたままプラズマの方へ顔を向ける。

プリティ「あ‥。プラズマ、ごめ・・。」

プラズマ「いや、こっちの不注意だ。すまない。」

二人とも頬が朱に染まっている。
体中が熱い。
観覧車の室内中の温度も高くなってる気がした。
そんな中プリティが恥ずかしそうに呟く。


プリティ「あやまらないでよ。だって・・・。」


    『プラズマとキスしちゃった・・

     嬉しい・・♪』


プリティがくしゃりと微笑む。
言葉に出さなくても顔を真っ赤にさせたまま見せる柔らかな満面の笑顔。
そんなあまりにも嬉しそうで幸せそうな表情をするプリティを見て
やれやれとため息をつきながらも頬を染め俄かに微笑んだプラズマだった。


プリティ「ね・・ねえ・・そっち行っても・・いいかな?」

プラズマ「好きにしろ。」




そのまま美しい観覧車の景色を眺める二人だった。












その後日。

すっかりぼこぼこ状態から立ち直っていたブレインは
全然懲りてない様子でいやらしい満面の笑みをプラズマに見せていた。


ブレイン「いや~昨日は楽しかったですね~♪」

プラズマ「お前な・・。」

ブレイン「でも、プラズマも楽しかったでしょう?プリティとデート♪」


プラズマは観覧車でのプリティとのキスを思い出してしまっていた。
顔をうつむかせてほほを真っ赤に染めていた。


プラズマ「・・・デートじゃないって・・。///」


ブレイン「あ、そうそう!見せたいものがあるんですよ~♪」

ブレインがリモコンらしき物のスイッチをポチっと押すと
巨大なスクリーンに映像が写し出される。

プラズマは見た瞬間背筋が凍った。
だが反対に顔面は真っ赤になっていたかもしれない。
目を皿のようにして体を硬直させていた。

その巨大なスクリーンに映し出されたのは・・・・・・・・



あのプリティとのキスシーンだった。



こやつ、ブレインは

プライバシーも糞もない!こんなプライベート全開なこっ恥ずかしいシーンを

THE・隠し撮りしていた!



ブレイン「しっかり撮れてますでしょう~♪いやー良い記念になりますよねー♪」

ブレインはくるりとプラズマの方へ振り返って憎たらしさ100%の満面の笑みを見せた。


ブレイン「ダビングします?♪」

bureinnpurazuma1.jpg 


プラズマは一旦うつむいた。
そしてうつむき陰った顔を上げた瞬間には、
鬼のような形相が出来上がっていた。

bureinnpurazuma2.jpg

ゴキゴキゴキゴキ・・


指の骨を鳴らしブレインにそのまま無言で迫るプラズマ。


ブレイン「え、また、ちょ、プラズマ・・ぎゃーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!」


かくして今回の件で二度もボコボコにされたブレインだった。





おわり







-------------------------------------‐‐‐‐

完成しましたー!!☆☆☆
プラプリのハチャメチャ遊園地デートでした☆
プラプリ萌ええええええ☆☆☆☆
ついにキスまでしちゃったよーーーー☆☆☆☆
ラブラブな感じの二人が書けて凄くうれしかったです☆
プリティとプラズマの遊園地話ってイメージはかなり初期からありました。
やっぱプリちゃんの公式ステージが遊園地ですしね♪
最初は二人でいちゃこらあれこれだけさせるつもりが
気が付いたら四天王やらも出てきて結構な総出演状態になりました。楽しかったです☆
いや全然これでも総出演じゃないというね。ボンバー界は広い。
そしてプラズマに意外な弱点発覚というvvv
はい、彼は実は乗り物一切駄目ですvv宇宙船とかはかえって大丈夫という謎ですがv
もうイケメン台無しのキャラ崩壊というレベルだったけどなんか一気に動かしやすくなった気がする(笑)
とにかくプリちゃんはそんなプラズマの全てが好きなのさ☆
ちなみに作者もね、彼ほどではないけど乗り物苦手なんだv(爆
いや、小っちゃいころは彼レベルでしたv(爆
そしてやっぱりブレインを書いてると楽しい☆☆☆
ブレプリも萌え☆☆☆
くろボンも楽しい☆


2013.6.27







DSC_0049.jpg 
フレンチトースト

DSC_0052.jpg 
豚肉ほうれん草しいたけのつくね

DSC_0051.jpg


DSC_0036.jpg 
アスパラ肉巻き

DSC_0048.jpg
おも~いはやさしいきしめ~~~~ん♪(笑

DSC_0039.jpg 

DSC_0040.jpg
 オクラ丼

親戚からアスパラを大量にもらったのでアスパラ週間でしたv

 





■お仕事・リクエスト募集中!!!■

ご相談はri--chan@hotmail.co.jpへ
またはPixivのメッセージへよろしくお願いします。
メールよりご依頼の方はHPの拍手に一言添えていただけると助かります。

・お好みのリクエストでイラスト制作
 (お好きな版権キャラ、お好きなご依頼者様のオリジナルキャラ、お好きな私佐藤黒音のオリジナルキャラ、
 ご自由にお選びいただきお好みのシチュエーションでイラストを制作します。)
・お好みのリクエストで漫画制作
 (以下お好みのイラスト制作と同文)
・キャラクターデザイン
・小説・ライトノベル、ゲーム等の挿絵・イラスト制作
・色塗り

お見積りの目安は
カラーイラスト1枚・最低額5000円
白黒イラスト1枚・最低額3000円
差分イラスト・最低額5000円
漫画1枚・最低額6000円
カラー漫画1枚・最低額8000円

となっております。
これより金額を多く設定して頂けるかはご依頼者様のお気持ち次第としております。



こちらを目安にご検討くださいませ。


ご依頼お待ちしております!


カラオケの鉄人採点、ボンバーマン強ええええええええええ!!!??




P-P&つわはすのスーパーボンバーマン5実況きたぞおおおお☆☆☆

bonnba-e.jpg


また「カラオケの鉄人」で採点ランキングしてきましたが
「ボンバーマン」強ええええええええ☆☆☆☆☆(何

90点越えが全部ボンバーマン関連なんですよv


1位:91点 
「pain, No game」ナノ(BTOOOM!)



1位はなんとリアルボンバーマンこと「BTOOOM!」のOPでしたーーー!!!!
びっくり仰天!まさかこれが1位になるとは思いもよらなかったvv
まさかの曲で90点越えで「!!???」となったvvvまだ覚えたてだしさv
でもほんとかっこいい曲だよね!凄くいい曲!
というかさ・・改めて歌詞聞くと、
「まさにボンバーマン」って感じでいいんだよね。

気が付いたら爆弾工場で働かされてて脱走したり
人間の頃の自分は死んでてその代わりに作られたのが自分で
それでも母は結局自殺して・・。(家では
しろボンって一体・・。


2位:90点
「ホップスキップジャンプ!」(ボンバーマンジェッターズ)



今度は「ボンバーマンジェッターズ」ですよ!
キターーーーーーーーーーですよ!!
マジで!!??とびっくりしましたよ!!
この曲で90点はうれしい。
自分でもすごい力入れて気持ちこめて歌ったしね。
シロボンとマイティの事思って泣きそうになりながら・・・。
ほんと90行ったーーー!!??って時は嬉しかった。
それにしても「ボンバーマンジェッターズ」が
最近は巷で「泣けるアニメ」の話題になると必ず上がる名作になってきてるのが嬉しい。
そりゃそうだよなあって思います。この作品に思春期時代出会えたのはかなりラッキーかと。
本気の「泣き」を表現しきってたのは後のクラナドとかAIRとかの他にそうそう泣き越えしないであろうKey陣以前だと
ジェッターズが一番すごかったと思います。
最終兵器彼女やおジャ魔女も泣きが凄かったですが
やっぱ・・凄かったよジェッターズの「泣き」は。
名作ですよ。
その作品の名作具合を引き立たせるのがやっぱり「この歌」だと思います。
す・・・・・・・・・・・・・・・・・っごく、改めていい歌詞だと思う。
ちびっこのアニソンかよこれ・・・悲しすぎる・・でも希望の曲。素晴らしいよね。

君がもしもいなくなっても平気なように

僕がもしもいなくなっても歩けるように

うわあああああああああああああああああああああああああ;;;;;;;;;;

今から一歩これから一歩、ホップ!スキップ!ジャンプ!


「Sea loves you」(七つの海のティコ)

ボンバーマンじゃないじゃん「七つの海のティコ」じゃんvですが、
実は家のボンバーマンのイメージソングの一つにしてたりするんですよ^^(爆
天使しろボンのイラスト描く時とかv


てことで90点越え3つが全部「ボンバーマン」関連でしたv
最近再熱してる故の
愛故ということなんでしょうか???
愛って恐ろしい・・(笑
いえ素晴らしい☆☆☆(爆





3位:89点
「WE CAN DO!」瀬川おんぷ(おジャ魔女どれみ)


小さいころからの刷り込み並みに慣れてる曲ってのは強いんだわと実感(笑
死ぬほど小学生の頃歌ったもんなあ(爆
もうベタ惚れだったもん☆おんぷちゃんに☆
おんぷちゃんかっわいいいいいいいいい☆☆☆☆
ていうかやっとカラオケで見つけたーー!おんぷちゃんのWE CAN DOーー!!
今までずーーーーっと見つかんなかったんだよーーー!!!
何度歌いたい歌いたいと思ったことか!!
嬉しかったー☆そして高得点でしたと☆


4位;88点
88点はいっぱいありますv

「 My Heart Will Go On」セリーヌ・ディオン(タイタニック)


これ確かに歌うとみんなに褒められます何気に(笑
この間の「春よ来い」もそうでしたが、
実際みんなに評判良かった歌って本当に機械さん的にも強いのねと思います(爆
タイタニックは・・やっぱいいよね・・。
いいよねというか、悲しいよね。実話だもん・・。
あー駄目だ・・やっぱすごい泣く。


「 True Days 」 Tohko (ヘタリア)


やっぱり思い入れあるのは強いと実感。
泣きながら歌ったものは強いと実感。
私にとってはタイタニック以上に泣く曲です。
泣いて歌いました。
今ではすっかりちびたりあと神聖ローマの曲ですね。



●遠くの町並み
思い出残してる
過ぎ行く寂しさ
全てを包んで
君の事 忘れずにいつまでも
アルバムに残っているよ

読んだはずの夢占いも
昨日よりは近づけそうな
深呼吸も気持ち良いしぐさ
きっと また会えるよね

想っていたよ 夢の中で
見つめていたよ 眩しいくらい
信じていた 出会える日まで
ずっと 恋していた
叶う思いをずっと
広い空でもきっと
TRUE DAYS

流れる毎日
自然に感じてる
ありふれた景色を
まっすぐ歩いて
気づかない もう見れない姿も
アルバムに残っているよ


君がくれた心の鍵を
全部持って歩き続ける
新しい道に着いたときに
きっと出会えるよね

探していたよ 広い空でも
気付いていたよ 癒す心
夢見ていたよ 流れる星も
ずっと 眺めてたよ
聞こえなくてもきっと
夢の中でもずっと
TRUE DAYS

見返すページをゆっくりと
めくっておどける笑顔だけ
無邪気な君 幸せな時
止まったままの時間

想っていたよ 夢の中で
見つめていたよ 眩しいくらい
信じていた 出会える日まで
ずっと 恋していた
叶う思いをずっと
広い空でもきっと
TRUE DAYS




「ロミオとシンデレラ」初音ミク

やっぱり何かをきっかけに想いをこめて歌うようになった感じの曲は強いんだなあと思います。
これは元の歌詞というより
あのヘタリアのイギリス×イタリアの替え歌歌詞を浮かべながら歌ってます(爆
イギリス×イタリア→ドイツは勿論
光秀×秀吉→信長や
ブルータス×アントニー→シーザー(カエサル)とか
家の色んな三角関係寝取り寝取られ組?に当てはめれるぴったりすぎな歌詞がツボ過ぎて・・。


●イギリスside、イギリス×イタリア歌詞(家では光秀×秀吉、ブルータス×アントニーにも当てはめれる)

お前の恋を悲劇のジュリエットにはしないさ
そこから連れ去ろう
俺の元へと

優しい星空を隠して
甘い夢にさよなら告げて
子供の時間は終わりだ

闇に浮かぶましろな素肌
鮮やかな印を刻んだ
どこへも逃げられないように

優しくなんて出来ないんだ
溜息と涙ただそれだけで
俺のココロこんなにも荒れ狂うから

知らないことがあるとしても
それは大した問題か?
必要ないだろ
お前のすべて俺のものになるなら


ずっと見ていたさオフィーリア
その笑顔俺にも向けろよ

報われない恋に溺れて
命さえも失うというのか?

愛されたいかジュリエット
なら俺のコト求めてみろ
そうだろ愛してやるさ
望むカタチじゃないとしても
なぁ 俺と生きていけよ



愛を試す試練などしない
口先だけ戯言はいらない
愚かな王ではないんだ

スミレの媚薬で酔わせようか
覚めない夢を見続けようか

頑なアイツ選ぶなら

愛しいほどに狂っていく
怯えた瞳俺を見つめた
辿り着くのは宙に浮いた短剣なのか

お前に向けて差し出した手を
掴まないこと分かっていたさ

閉じ込めてやるよ美しい塔
助けなど届かない


銃声鳴り響く紅い空
お前のロミオ地に平伏した
全てを失う前に
跪いて助け乞えよ

でもお前は最後まで
アイツの隣を選ぶだろう

愚かなコーディリアよ
ならば後悔させてやるぜ

さあ終わりを始めようか



お前の心そっと覗いてみたならば
別の誰かの想い出で溢れてるんだろ

上書いてやる
俺の事だけ覚えておけよ

全ての思い出 失ってしまうほどもっと

でもそれじゃ別人か


真実の愛なんてもの
うまくいったことはないらしい
それなら偽物でいいさ
世界なんてただの戯曲だろ

でも我儘なお姫様
真実の愛を欲しがるのか

それなら求めてみせろよ
応えてやるぜ お気に召すまま

お話と違うこの世界
王子様まだ生きてるらしい
かるい恋の翼ひろげて
お前を奪いにくるか?

その前にココロ奪おう




●イタリアside、イタリア→ドイツ歌詞、でもイギリスも見捨てきれない感じが萌えです
(家では秀吉→信長、アントニー→シーザー、でも光秀やブルータスも見捨てきれない感じが以下略(笑)

俺のこの恋悲劇のジュリエッタにしないよ
生きて未来掴む
平和な時代(トキ)を

甘い甘いお菓子の香り
咲き乱れる鮮やかな花
永遠 夢みてたいんだ

むせるほど硝煙の匂い
耳に残る誰かの悲鳴
何処へも逃げ場所なんてない

噛み付かないで優しくして
つかの間でも勘違いさせて

あなたの手はあの人とは違うけれど

知らないことがあるのならば
何でも聞いて応えるから
興味持ってよ
支配じゃなくて 同じ場所に立ってさ


俺のコト見てよハムレット
不幸だなんて思ってない

報われなくても構わない
ずっと隣に居たいだけだから

愛されたいのあなたでしょ
一人きりに耐えられなくて

素直になれば変わるのに
あなたずっと意地っ張りで

でもあなたとは生きられない



綺麗に飾られた言葉に
あなたのココロ入ってない
父王騙す娘のよう

決められてる婚姻(ウンメイ)はいらない
俺の想いを軽んじないで

媚薬も効きはしないから

泣きたいほどに苦しいほどに
遠い地のあの人想うよ

魔女の言葉で、あの人の事手にかけるの?

俺にむかって差し出された手
掴まないこと知ってたでしょ

閉ざされた暗い塔も
想い揺らしはしない


悲鳴響いた黒い空
世界が色を失っていく

神様時間を戻して
他に何も要らないから

そうだよ俺は最後まで
あの人と一緒に生きるんだ

愚かで構わない
二度と後悔したくないから

そう終わりになんてさせない



あなたの心触れただけでこんなにもイタイ
欲しいもの全て、掴めると思い込んでるの?

もう限界でしょ
傷つくのも傷つけるのも

今はただそばに寄り添っていてあげるからさ

だからもう泣かないで


愛なんて幻想だと
何度ヒトは嘆いただろう

それでも俺は求めるよ
暖かさを知ってるから

でも誰より寂しがり
あなたは今日も一人笑う

「あいつはもう居ないんだ」

なんであなたが泣きそうなの?

あなたがついた脆いウソ
少しだけ騙されてあげる
あの人が目覚めるまで
続けようか恋人ごっこ

慰みの虚しい戯曲





ケロロ系も強かったみたいですね☆

「全国無責任時代」(ケロロ軍曹)

やっぱ好きな歌は強いね☆
この歌が大好きなのは無意識だったけど
「無責任時代」のフレーズの元祖は植木等さんで
何度か豊臣秀吉をモチーフにした映画作ったり役やったりしてるということを後になって知りましたv
「日本一のホラ吹き男」とか「ホラ吹き太閤記」とかv
そういう趣味の地味な偶然な繋がりって怖い(笑
ケロロ本編でもその「日本一のホラ吹き男」映画のパロやってましたよねv
「ケロロ ペコポン一のガンプラ男 であります」
最初そういう映画があると気付かなかったvvvv
それで何気に信長ポジションがギロロで
秀吉ポジションがケロロなのがによによv
そして夏美がねねポジション故ケロ夏結婚にによによv

「くるっと・まわって・いっかいてん」(ケロロ軍曹)

いい曲だよねv

「ココロ問題」(ケロロ軍曹)

やっぱり夏ケロケロ夏の歌に聞こえるvv


「君ををのせて」(天空の城ラピュタ)


やっぱラピュタはいいよね。
パズーとシータは幼き日の男女カプの理想でしたvうん理想だよねv
そしてムスカは最高ですv目が!目がー!!(笑
ドーラたちも最高だしv


「輝ける星」(忍ペンまん丸)

この歌も結構十八番で歌いなれてるのでやっぱり強かったですv
いい曲ですv家のサイトではラッキーマン小説にも使って
1番人気の小説にまでなってるし(笑

「Moon Revenge」(セーラームーン) 

泣く映画
泣けて感動して戦闘凄くてエロくて作画神で
流石セーラームーンとしか言いようがない映画。
つーかカラオケで映像でるんだけどさ、久々に見たけどさ、
作画何コレvvvvvvv
凄すぎるvvvvvvvvv
神過ぎるvvvvvv
今のアニメって何・・と言いたくなった。


「真夜中のドア」(出ました!パワパフガールズZ)
パワーパフガールズ×デクスターズラボの奴アニメ化してほしいなあ・・。
ってパワパフZが一応それということになってるんだった。
でも違う~~せめて初期設定のデクスター丸出しのケンで行って欲しかった~;;(爆)


「約束はいらない」~坂本真綾~(天空のエスカフローネ)

なんか意外な物が高得点に来ることがある(笑)







ある学校の学園祭行ってきてアフレコ体験やってきましたー☆☆☆
初めて本格的なスタジオでマイクでアフレコできましたー☆☆
お題は「テイルズオブジアビス」で
私はアニスやりました☆

ジェイアニ好きー☆






DSC_0021.jpg


DSC_0025.jpg


DSC_0027.jpg


DSC_0029.jpg


DSC_0032.jpg


DSC_0031.jpg


DSC_0028.jpg






■お仕事・リクエスト募集中!!!■

ご相談はri--chan@hotmail.co.jpへ
またはPixivのメッセージへよろしくお願いします。
メールよりご依頼の方はHPの拍手に一言添えていただけると助かります。

・お好みのリクエストでイラスト制作
 (お好きな版権キャラ、お好きなご依頼者様のオリジナルキャラ、お好きな私佐藤黒音のオリジナルキャラ、
 ご自由にお選びいただきお好みのシチュエーションでイラストを制作します。)
・お好みのリクエストで漫画制作
 (以下お好みのイラスト制作と同文)
・キャラクターデザイン
・小説・ライトノベル、ゲーム等の挿絵・イラスト制作
・色塗り

お見積りの目安は
カラーイラスト1枚・最低額5000円
白黒イラスト1枚・最低額3000円
差分イラスト・最低額5000円
漫画1枚・最低額6000円
カラー漫画1枚・最低額8000円

となっております。
これより金額を多く設定して頂けるかはご依頼者様のお気持ち次第としております。



こちらを目安にご検討くださいませ。


ご依頼お待ちしております!
プロフィール

佐藤黒音

Author:佐藤黒音
読み方はさとうくろん。
漫画家、イラストレーターやってます。
持ちサイト名「気まぐれ全中立」
ノーマル、BL、百合、逆レイプ、擬人化、女体化、触手となんでもありです。
メジャーからマイナーまで趣味がよろず雑食です。
最近寝取られ物にハマってます。
悪堕ち、洗脳大好きです。

戦国物大好きです。
女体化豊臣秀吉ちゃんが大好き。
秀吉総受けで信長×秀吉や光秀×秀吉で
三角関係や寝取られに萌えてます。

最近アンパンマンにハマっています。
菌餡、辛餡、餡子総受け大好きです。


ヘタリア
ケロロ
ボンバーマン
ぷよぷよ
ラッキーマン
京アニ系
いろいろ好きです。

主人公やメインヒロインが好きになりやすい。
主人公総受けが好き。
メインヒロイン総受けが好き。
夫婦のようなカプに弱い
SM関係なカプに弱い
いじめっこくん×いじめられっこちゃんに弱い
保護者×子供なカプに弱い
真面目くん×能天気ちゃんなカプに弱い
ツンデレくん×ヘタレちゃんに弱い
ツリ目くん×タレ目ちゃんが大好き
科学者眼鏡男子×女の子が好き

一途系なヒロインが大好き!
セミロング、ポニーテール、カチューシャが大好き!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー