スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シェイクスピアさんとアンデルセンくん・テラ子安うううう・はーとふる彼氏・ガリレオ・ワンピ

annderusenn.jpg
落書きアンデルセンくん。

●ハンス・クリスチャン・アンデルセン●

ご存じ「人魚姫」の生みの親な世界的人気童話作家。
代表作は「人魚姫」「マッチ売りの少女」「親指姫」
「みにくいあひるの子」「赤い靴」「雪の女王」「裸の王様」等
かなり繊細で内気で傷つきやすくコミュ障で
不登校と引きこもりを繰り返していた。
一説、アスペルガー症候群説がある偉人の一人だけどこうして見るとなんか凄くわかる気がする(笑
シェイクスピアの大ファン☆


sileiann_20130526170336.jpg
シェイクスピア×アンデルセン
アンデルセンくんはシェイクスピアの本が大好きで彼の大ファンでしたv萌え萌えv

sileiann2.jpg
そんな悲劇作家コンビ(笑




sileiann4.jpg
えっち中











njjjjjjjj.jpg

「Fate EXTRA CCC」にて・・・・・

子安が「アンデルセン」役をやっただとおおおおお!!!!!????
何が起きたああああああああああああ!!!???


はいご存じのとおり、家では人魚姫とシェイクスピア作品を混ぜて一つのオリジナル作品にしてて
シェイクスピアさんは人魚姫の魔法使い役ってことにしてまして
そのシェイクスピアさんの声優イメージはもう子安武人さんで!!って言ってましたけど・・
まさか人魚姫の生みの親のアンデルセンの方で来るとは思いませんでしたよ!!!vv
十分すぎるでしょvvなに人の欲望叶えてくれちゃってるの!?って範囲に関してvv
びっくりすぎるよvvvvvv
萌ええええええええええええええええええ
テラ子安うううううううううううう!!

外見ももうイメージ通りだしさあ!ですよね!アンデルセンくんは青髪ショタですよね!!

性格はどっちかというと家のシェイクスピアさんっぽいvv
なので子安さんに合いますねv(笑
それでも外見と声のギャップが凄い役だけど(笑

nnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnn.jpg
フェイトにシェイクスピアさんもいたのかvvいつのまにvv
この二人が会話するシーンとかってあるのかな?
やっぱり面白そうだと思う(笑






■はーとふる彼氏☆
鳩と恋愛するゲームvvvv
前から好きで気になってましたがやっと実況プレイ見た上に
ドラマCDも買いました☆
いやーもうあちこち探しまわってやっと見つけました☆
池袋の乙女ロードのアニメイト!初めて行きましたけど人込み具合にびっくりでしたv
本編のゲームもほしいよー!どこに売ってるんだよー!!;;(都合により通販はできません;)

nnnn.jpg
一番のお気に入りは勿論
岩峰舟先生ーーーーーーーーーーーー☆☆☆☆
白衣でメガネでマッドサイエンティストでヤンデレな
子安武人ですよおおおおおおおお☆☆☆
きゃあああああああああツボすぎるううううううううううう☆☆☆

BGMくるみ割り人形が聞こえてくるたびに鳥肌ぞくぞくv
もう子安ボイスがvv子安ボイスがvv耳が孕むってこういうことを言うのね~///(爆

ヒロインの十坂ひよこちゃんめっちゃかわいい☆
たくましかわいい☆(笑
セミロングっ娘キタ☆

岩ひよ萌え萌え☆

怖いけどね・・怖いけどね・・v
鉈持ってる学園物乙女げーヒーローって一体・・(笑
まああれも愛の形なんだ・・v


hatokyapusakuya_20130529162204.jpg
ハートフル彼氏であと気に入ってるのは銀朔夜くんです
高飛車で生意気なさくやくんが家にもいますからねv
声優は石田彰さん。
石田さんと言えば竹中半兵衛とかカオル君とかサブロー先輩とか落ち着いた役の印象が強かったので
こういう生意気高飛車金持ち優等生な役もできるんですね!
すっごいよかったです!!!!
さくやくんは岩峰先生を尊敬してるらしい。
気に入ってる子コンビですからさくやくんが岩峰先生に懐いてる?
シーンとかなんかによによですv






体験版隠れ岩峰先生エンド1
ああああああああ怖いいいいいいいい!!!!
おこさんルートもあるよv


みんなのトリウマ・・v
体験版岩峰先生ルートエンドです☆
こわああああああああああああああい!!!!
ヤンデレマッドサイエンティスト萌ええええ☆☆☆
怖いけどね・・これも愛なんだよ・・v狂気の愛☆
狂気の中にもエロさがあってたまらないですね☆
岩ひよ萌え萌え☆☆
でも、マッドファーザーの時も言いましたが、
リアルの科学者さん達はどうか健康で普通のサイエンティストになっていただきたい(笑
最初七姫先生ルートエンドもありますv






■ガリレオ■

最近ドラマ「ガリレオ」にハマりましたー☆
もろな理系科学者眼鏡男子ジャンルキターーーーーー!!!!????

・・・ええ、みなさんの心境は解ります。
ハマり「ました」?「ました」!??
ガリレオ大分前からやってるよ!?そんだけ科学者好きで知らなかったの!?

ええそうですよ!!!!それが何か!!??????(爆!!!!!!!

はい、科学者男子好きなら当然ドラマ「ガリレオ」も見てますよね?ってお思いだったでしょうが・・・
つい最近までこんな諸な科学者ジャンルが有名な作品として出回ってるとは気づきませんでしたvvv(爆
物凄く流行に疎い、反応が物凄く遅いvvそれが私ですvvv(爆

しかしすっかり「科学者」流行ったねえ。
何年か前までマイナーでこれまた自分一人で騒いでた感があったからうれしいな☆
結構私が何年か粘ったジャンルとか属性って数年後に何気に流行る。
「ポニーテール」「カチューシャ」「セミロング」「寝取られ」とかもそうだった。
「シェイクスピア」も流行ってるのかはわからないけど地味に数が増えつつあるv
あと私が考えてた数年前は他に全く無くて「全然無いよ寂しいよみんなもこのシチュに萌えろよこのやろ~!;;」
なシチュとかジャンルが急に出てきたりね。魔法使い×人魚姫はビビったvvv
でも、いざせっかく流行ったことにはなかなか気づかないvvvそれが私vvvvvvv(笑


さて、丁度第2シリーズ始まるよスペシャルから見たわけですよ。
で、ヒロインが交代したみたいですが、
どっちかというと今の第2シリーズのヒロインちゃんの方が好みなんで見初めてちょうどいい感じです。
湯川×岸谷いいなあv
でも機会あればちゃんと第1シリーズも見たいですね。


こんな有名なドラマで科学者ジャンルがキタというのも嬉しかったですけどもうひとつ。
湯川学先生もアスペルガー症候群と言われてるのがまた嬉しいv(爆
学者系アスぺさんの典型っぽいですもんねv
あだ名の元のガリレオ・ガリレイもアスペルガー症候群偉人の一人ですもんね。
孤立型の典型、でもあるのかな?
ちなみに私は受動型です。






■ワンピース■

第597話 「大激戦 シーザー真の能力発動!」 

wannpikyaputya1.jpg
シーザー好き好き☆マッドサイエンティスト最高☆
悪役科学者×主人公とかヒロインとか好きなので
最近ひっそりシーザー×ルフィ、シザルフィに萌えている(爆
そして今回はピンチシーン萌えにはなんかたまらないシーンが多かったのでv(爆死

wannpikyaputya13.jpg
wannpikyaputya2.jpg 
ルフィ「シーザー!つかまえたー!!」
シーザー「オイ!?いきなりナンパしてきたかわいこちゃんがいるぞ!!?///」

違う違うww


wannpikyaputya4.jpg wannpikyaputya3.jpg
女性を襲って服だけを溶かすモンスタースライムキターー☆☆☆
それ・・なんてバスタード☆☆vvv
いいですよね☆バスタード☆めっちゃツボで理想な漫画アニメの一つです☆



wannpikyaputya7.jpg 

wannpikyaputya8.jpg
ルフィのピンチシーンがすごく良かったですv(爆

wannpikyaputya10.jpg 
なんかエロいところがv(オイ

wannpikyaputya12.jpg

 シーちゃんこわーい☆

今後もシーザーにによによしながら
シーザーとルフィにによによしながら見ると思うv(爆
 
こういう時ゾロに助けに来てほしいね☆(爆死





DSC_0005.jpg 


DSC_0006.jpg 


DSC_0007.jpg 
冷やし中華

DSC_0009.jpg 
ぶり、ニラ卵、フルーツいっぱい☆

DSC_0011.jpg 
タコライスっぽいの

DSC_0013.jpg 
フルーツパンケーキ

DSC_0016.jpg 
ポークチャップ

DSC_0018.jpg 
「カリオストロの城」でルパンと次元が食べてたミートボールスパゲティ☆あとポテトサラダv
シータスープもミートボール入りだったわけですけど
宮崎駿先生はミートボールが好きなのかな?
おいしいよねvミートボールv

そういえば宮崎駿の新作きますね!
「風立ちぬ」
のが入ってなあああああああああああああい!!!!!!!????(笑
好みなセミロングヒロインキタキタ☆




■お仕事・リクエスト募集中!!!■

ご相談はri--chan@hotmail.co.jpへ
またはPixivのメッセージへよろしくお願いします。
メールよりご依頼の方はHPの拍手に一言添えていただけると助かります。

・お好みのリクエストでイラスト制作
 (お好きな版権キャラ、お好きなご依頼者様のオリジナルキャラ、お好きな私佐藤黒音のオリジナルキャラ、
 ご自由にお選びいただきお好みのシチュエーションでイラストを制作します。)
・お好みのリクエストで漫画制作
 (以下お好みのイラスト制作と同文)
・キャラクターデザイン
・小説・ライトノベル、ゲーム等の挿絵・イラスト制作
・色塗り

お見積りの目安は
カラーイラスト1枚・最低額5000円
白黒イラスト1枚・最低額3000円
差分イラスト・最低額5000円
漫画1枚・最低額6000円
カラー漫画1枚・最低額8000円

となっております。
これより金額を多く設定して頂けるかはご依頼者様のお気持ち次第としております。



こちらを目安にご検討くださいませ。


ご依頼お待ちしております!






■拍手返事■

>昨年13ページのカラー漫画を依頼した人がいますが、その人は8000*13(ページ)=104,000円払ったんですか!? その方はお気持ちで1枚10000円を支払ってくださったので13枚で合計130000円支払ってくださいました^^
とてもありがたいことで嬉しかったです^^

>諸さん
一時期、上年齢少女漫画のエロ具合凄かったですよね。
個人的に少女マンガは日常学園でそういう描写なわけですから
設定がリアルな中でそういうことが起きるわけで
凄く教育に悪いと思ってました・・。
少年漫画ならファンタジーな中で触手とかそういう描写が起きるか
学園ものなら案外パンチラおっぱい触るラッキースケベ程度だし
何故か何が起きてもファンタジーと割り切れるから少年漫画エロの方はいいとなんとなく思ってましたね。
今となってはどっちでもいいですけど
やっぱ上年齢少女マンガでそういう描写するなら
登場人物の年齢はある程度上げといたほうがいいかもですね。
スポンサーサイト

いろいろかきかき・プラズマとプリティのハチャメチャ遊園地デート続き・ボンストブレインさん・ぷよクエ

hideyosisentou.jpg
秀吉ちゃん







eroburepuri.jpg


eroburepuri2.jpg

こんな寝取られシチュを考えたv

いつものようにブレインの所にプラズマの事で相談に来たプリティ。
ついに耐え切れなくなってプリティを襲って犯すブレイン。
そして気絶したのをいいことにとりあえず夢だったと思わせる。

ブレイン「いい夢見れました?♪」

プリティ「・・////いい夢なんか見てないわよ!!
     最悪な夢よ!!!!!////」

ブレイン『最悪と言い切られてしまうのも悲しいですね・・。(泣)
     まあそのうち、最高の夢と思うようにしてあげますよ・・フフ・・。』


プリティ『それにしても何で私あんな夢見ちゃったんだろ・・?
     私はプラズマが好きなのに・・。なんでブレインとセックスする夢見ちゃうのっ・・!?
     え・・?もしかして私・・実はブレインの事が・・?
     ないない!!それはない!!早く忘れなきゃ!!///;;;;
     でも・・気持ち良かったな・・夢とは思えないぐらい・・。
     はっ・・だからちがーう!!!!!!;;;;」

そうやって何度も犯す→夢と思わせるの繰り返しで
徐々に洗脳していく

プリティ『なんで何度も見ちゃうのぉ・・?違うんだったらぁ・・。ひっく・・。
     私が好きなのはプラズマなんだったらぁ・・。』

ブレイン「何度も私とのこういう夢を見るということは・・
     プリティ、あなたは、プラズマではなく・・
     私の事が好きなのではないですか?」

プリティ「ち・・が・・ぅ・・だめ・・ブレイン・・・。プラズマぁ・・。」


というシチュv







bonnba-rakugaki5.jpg
プラズマ×プリティキス♪




bonnba-rakugaki3.jpg
マッドなブレインさん♪




bonnba-rakugaki6.jpg
プラズマVSブレイン
イメージは「ボンバーマンストーリー」です。
この事件の後リーダーはプラズマに戻るので
ちゃんと自分達の手でけりをつけさせようかと。
戦闘の順番的には
しろぼんVSブレイン
しろぼん&加勢に入ったマックスVSブレイン
それでも強いブレイン
そしてリーダーの座を取り戻す為自分がけりをつける、しろボンは手出ししないで見ててくれって感じで
プラズマVSブレインの予定
ちなみに再びプリティが途中で人質に取られる感じ。
途中までは互角かつプラズマがやや優勢だったけど
ブレインの痛みがそのまま連動する機械が取り付けられ拘束されてる人質状態のプリティ。
プリティは泣いて平気だから攻撃して的なこと言うけど
プリティの身を案じて攻撃できなくなったプラズマを
ボコ殴り爆破しまくりなブレインとか。
とにかくボンストのブレインは外道というか壊れちゃってるんだよ~。




bonnba-ra-menn.jpg
ラーメン食べてるしろボンくんとプラズマくん
プラズマもいっぱい食べるけどしろボンはもっと凄い大食いです♪(爆




burepuri25.jpg
ブレイン×プリティ、無意味に抱きついて来たりするv



burepuri223.jpg
ブレイン×プリティ。
女の子と科学者少年のお前はのび太とドラえもんかみたいのがすごく好きですv
でも永野のりこの「すげこまくん」にもそういうシーンがあったのはびっくりしたvv
(すげこまくんの妄想の中だけどv)
そんなに昔から科学者少年×女の子=ドラえもん&のび太萌えが存在してたのかvvv
ひとつのジャンルだったのか(笑
大体趣味が同じな作者さんとは考えることも同じってのはあると思う(笑



burepuri24.jpg
断られてもこれで堕とす小悪魔プリちゃんv(無自覚
以上、プリティちゃんに翻弄されるブレイン君の図でした☆





kurobonn2.jpg
くろボンくん






■リモコンボムを発明したのは・・・。■
 bonnbtta-manngabureinn.jpg
ボンバーマンのあの最大級のチート神アイテム「リモコンボム」は
ブレインボンバーが発明したという公式設定。
これ普通に凄いよねvvvv
これは全ボンバーマンプレイヤーが思うことだと思うvv
全国のボンバープレイヤーがどれほどお世話になったかvv
あんさんがあないに神なものを~~~!!(笑
ブレインくんほんとにありがとう!あんたは天才科学者だ!敬礼!!



puritelimoderu.jpg
プリティちゃんは人気アイドル♪
勿論ファッションモデルもやってます♪みたいなv

puritelimoderu2_20130521210417.jpg



puritelimoderu3.jpg 

ボンバーマン女子達大集合
左から、
カペラ、ウォーターコマンダー、マーメイドボンバー、
サイクロンボンバー、あかボン、プリティボンバー、
レディボンバー、アクアボン、鉄仮面ボンバー、
バアル、ゾニア



puritelimoderu3natuhuku.jpg
服着せてみたv




bureinnhakui.jpg
白衣だよ~科学者だよ~ブレインさん









●「ボンバーマンストーリー」編の一部メモ。


コンピューターでファンタリオンの風景の映像を見つめるブレイン。


ブレイン「美しい星です。」


プリティ「わあ!綺麗な星!
     最近ずっと眺めてるから何かと思ったら・・。
     でも確かにハマっちゃうぐらい綺麗だねー♪旅行とか言ってみたいな♪」

ブレイン「ええ、あなたよりも美しいです。」

プリティ「何よそれ!!!!???」


ブレイン『重要な事ですよ・・。
     あなた以上に美しい存在が現れてくれれば、わたしもやっとあなたを忘れられる・・。』







ブレイン「妥協した物まで手に入らないとか・・腹が立ちません?」




「平和ってなんですかね。誰かの我慢の上に成り立ってる平和ってあると思いませんか。」

(平和な日々の中仲良くなって行くプリティとプラズマを悲しそうに見つめるブレインの心境)


「この星、素晴らしいですよね。
やっと他に欲しい物が出来たと思ったのに、
何邪魔してくれちゃってんですか!
マックスも!!」



「プラズマ、あなたが憎いんですよ。

私が欲しい物・・奪って行って、

ひとつぐらいくださってもいいじゃないですか!!」

「いえ・・もう・・ふふ・・この際です・・

全部いただきます!!!!!プラズマ!!」




>あくまでメモ段階です。
が家のブレイン君のファタリオン事情はこんな感じかと。
ブレインは裏ワールド的にはかなりイイ思いしてますけど(笑
本編ではかなり我慢してる人なので。










ボンバー小説続きです。


bonnba--a-0031_20130303235408.jpg 

これの話♪








puriteli3.jpg

プリティ「プラズマ!いっしょに遊園地にいかない?」

プリティが2枚の遊園地のチケットをぎゅっと握りしめて緊張しながら顔を真っ赤にさせて言った。
プラズマは相変わらずダンベル上げトレーニングをしている。

プラズマ「遊園地?」

プリティ「チケットが二枚あるの。」

プラズマ「‥いかない。そういう少女趣味で女々しいところは苦手だ。
     お前には似合ってるがな。いいじゃないか、しろぼんでも誘って楽しんでこい。」

プリティ「う‥。」


やっぱりプラズマはこういうかわいい感じの苦手なんだろうなとか、それでも私には似合うと言ってもらえたのが嬉しかったり、
でもいっしょに行きたいのはプラズマなのにわかってもらえなかったり、むしろわかってて言われてるのかと思うと悲しかったり。
そんなこんなで落ち込むプリティだった。

プラズマはそんなプリティの乙女の葛藤をよそに、何か別の事を考えてるかのように
意味深に顔をそらせ冷や汗を流し陰らせる。

プラズマ「それに‥。」

プリティ「え?」

プラズマ「いやなんでもないっ。とにかく俺はいかないぞっ!」

ブレイン「ぷーら~ず~ま~♪」

プラズマは後方から聞こえる声にげんなりした。
こんな腹の立つ猫なで声で自分を呼ぶものは一人しかいない。

ブレインボンバーだ。

プラズマ「ブレイン・・。」

ブレイン「女性のお誘いを断るなんていただけませんねえ。
     たかが遊園地じゃありませんか。
     いっしょに行ってあげればいいでしょう。
     いちいち苦手だからと避けていては真の強き者にはなれませんよ。
     それともなんですか?あなたはご自慢の忍耐力を披露できぬほど
     可愛らしいものが恐ろしいと?これはこれは♪」

bureinn052.jpg

どうもすみませ~ん♪とむかつく態度つきの謝罪になってない謝罪でも続きそうなブレインのそぶりに
頭にカチンッと血が上るプラズマだった。

プラズマ「可愛らしいものなど怖くはない!
     問題はっ‥。」

ブレイン「なんですか?
     もしや遊園地に他にあなたの怖いものや苦手なものが存在すると?」

その言葉にプラズマは一瞬体を引き冷や汗を流した。

プラズマ「そ、そんなものはない!
     俺に怖いものや苦手なものなど存在しない!」

ブレイン「へえ、じゃあプリティといっしょに遊園地に行って証明してください。
     それとも、逃げるんですか?」

プラズマ「いいだろう、証明してやる!」


プリティ「あわわ・・!!」


大変なことになってしまったが、よくわからないうちにとりあえずは
プラズマと遊園地に行けることになって戸惑いつつもうれしいプリティだった。












■プラズマとプリティのハチャメチャ遊園地デート♪■










そして、やってきました!遊園地♪

プリティ『プラズマと遊園地デート////きゃあー♪』

プリティは今隣に愛しの彼であるプラズマがいて、
これから大好きな遊園地でデートできるという事実に
喜んで顔を赤らめて浮かれている。


プラズマ「しかしよくあいつがついてこなかったもんだ。」

プリティ「ほんとよね。」

アイツとは勿論ブレインの事。
プラズマに怖い物や苦手なものがないことを証明するのを確認するのについてくるのかとブレインに聞いたら
彼はいつもの憎たらしい満面の笑みで答えた。

ブレイン「人のデートをじゃまするほど野暮じゃありませんよ♪」

プラズマ「デートじゃない!////」

というやり取りを家から出る前に行っていた。

ブレイン「その代わり後日プリティにしっかりと当日の様子を聞きますからね。」

とも言われていた。


プリティ「でもプラズマにコワイものや苦手なものなんてないわよね。
     ただ単にこういうところが恥ずかしかったのよね。」

プラズマ「・・まあな。」

少し間があり表情が陰っていたプラズマだがプリティはその事には気づかなかった。
プリティは頬を染めながら笑顔で言う。

プリティ「プラズマ、今日はいっしょに来てくれてありがとう♪」

そう言われてプラズマは頬を赤く染めた。

プラズマ「っ‥まあブレインの件があるから仕方なくな。ほらいくぞ。」

プリティ「うん♪」

    『プラズマは否定してたけどこれってやっぱデートだよねっ
     きゃ♪』





プリティ「何乗ろっかー?♪
     うーん、あっそうだ!ジェッ・・。」

プラズマ「メリーゴーランドなんてどうだ!???お前好きだろ!???」

プリティ「あっうん!かわいいから大好き♪乗ろう♪」

この時プリティはまだ気づいていなかったが、
プラズマは大量の冷や汗をかきながら顔をゆがませて凄く必死そうに叫んでいたのだ。


ん?



プリティとプラズマはメリーゴーランドを楽しんだ。

プリティ「楽しかったねー♪んー次はジェッ・・。」

プラズマ「コーヒーカップなんかどうだ!????好きだろ!?????」

プリティ「うん好きー♪乗ろう♪」


この時、またもやプラズマは大量の冷や汗をかきながら顔をゆがませて凄く必死そうに叫んでいたのだ。


ん??



プリティとプラズマはコーヒーカップを楽しんだ。

プリティ「んー次はジェ・・」

プラズマ「お化け屋敷なんてどうだ!????」

プリティ「えー!!プラズマー!やめようよー!怖いよー!!」

プリティは半泣きになりながらお化け屋敷に向かってズカズカ歩いてくプラズマを引き留めようとしがみ付く。

プラズマ「これ位で怖がるなんて軟弱だな!
    まあ俺に任せとけ!
    黙って俺についてこい!!」

言葉ではこんな大層威勢のいい言葉を言い放っていたが、
この時またもやプラズマは大量の冷や汗をかきながら顔をゆがませて凄く必死そうに叫んでいたのだ。


んん???????



プリティとプラズマはお化け屋敷を楽しんだ。

プリティは怖がって涙目になってきゃーきゃー騒ぎながらプラズマにしっかりしがみ付いていて、
はたと我に返った時にそんな状況に顔を赤らめて照れたりしていた。
プラズマは全く動じず、怖がってる女性を守るという強さと誇りを示せて満足しながら
屋敷内を闊歩していた。



プリティ「はー怖かった~・・!プラズマ流石だね、やっぱお化けも全然怖くないんだ♪」

プラズマ「当たり前だろ!
     俺に怖い物なんてない!これで証明されただろ!?
     さあ帰ろうか!!!」

まだ来てから数時間も経ってないのに
ぐりんと遊園地の出口へ向かって方向転換して
何かこの遊園地から早く出たいという気持ちが伝わってくるかのようなオーラを放ちながら速足で歩いてく
プラズマに向かって、
プリティは当然悲しげで不満げな声を漏らす。

プリティ「えー!?まだ来たばっかりだよー!!?
     それに、
     まだジェットコースター乗ってなーい!!」


プラズマ「・・・・・・・・
     ジェットコースター・・か・・。
     そうだな・・。」





「きゃーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!」

という多くの女性の悲鳴が聞こえる。それと共に物凄い轟音が聞こえ体に振動が伝わる。
プリティとプラズマは遊園地の目玉であるジェットコースターの長蛇の列に並んでいた。

プリティ「きゃー楽しそうー♪でもこわーい♪」

プラズマ「ふん、そうか?俺はこんなものなんとも思わないぞ。」

プリティ「わあっ流石プラズマだね・・・・。」

と、プラズマのほうに顔を向けると、


何故かあさっての方角を向いて顔を青白くさせてるプラズマが視界に入った。


プリティ「・・・・・・・・顔青くない?」

プラズマ「は?青くなんかないぞ。寧ろ期待と興奮で赤々しくなってるだろ!?」

プリティ「いや・・不安と絶望で青々しくなってるように見えるんだけど・・。
     え・・・もしかしてプラズマ・・。」

プラズマ「何だ!?俺はいつも通り健康爽快フレッシュそのものだぞ!?」

プリティ「怖いならやめといたほうが・・。」

プラズマ「怖い!?何がだ!?俺に怖いものなんてないと言ってるだろ!それを証明するためにここにいるんだろ!
     さあ乗るぞとっとと乗るぞ!一陣の風のごとくすばやく乗るぞ!!!!!」


丁度順番が回ってきて、冷や汗だらだら真っ青なプラズマに手を引かれてプリティは彼と一緒に
ジェットコースターに乗りこんだ。



そして発車したジェットコースター。

急斜面を登った後、かなりの高さからすごい勢いで降下して一回転2回転3回転。

ゴオオオオオオオオという轟音が鳴り響く。

そんな中でもプリティは怖がりながらもとても楽しそうだ。

プリティ「きゃあああああああああああ♪
     こわいーーーーーーー!!楽しいーーーーーー♪
     ねープラズマっ・・。」

そう言ってプラズマの方へ顔を向けた次の瞬間、彼女は
ジェットコースターの爽快な恐怖とは全く別の本当の恐怖の悲鳴を上げた。何故なら・・。


プリティ「きゃああああああああああああああ!!!!??????」

プリティの視線の先には、ぐったりとうなだれて白目をむいて顔を青ざめさせて
口から白く透けた煙のような何かを飛び出させているプラズマの姿があった。

プリティ『白い何かが抜けてらっしゃる!!!!???????;;;;;;』

そう、白くすけた煙のような何か、
巷で言うところの魂が抜けて揺れていた。


つまりは、THE/死にそうだ!!


プリティ「プラズマーーーーーーーーーー!!!!!!????;;;;
     わーーーん降ろしてー!!プラズマが死んじゃうーー!!!!!;;;」




プラズマの意外な弱点発覚。

THE・絶叫マシン駄目!!!!(乗り物酔い♪)





して、ジェットコースターから降りた後、青ざめた顔で速攻でトイレに駆け込む羽目になったプラズマだった。


その後、プラズマはぐったりしながらベンチで休んでいる。顔色もまだ悪い。
プリティはプラズマを心配そうに見つめながら持ってきたお水をさし出していた。

プリティ「プラズマ・・大丈夫・・?」

プラズマ「ああ・・すまない・・・。はあ、情けないな・・。こんな姿を晒して・・。」

プリティ「そんなことないよ。誰だって苦手な物くらいあるでしょ?
     ごめんね、気が付かないで無理やり乗せちゃって・・。」

プラズマ「いや・・。」

少し沈黙が走る。

プリティ「プラズマ、ブレインには黙っててあげるよ。
     やっぱり知られたくないでしょ?」

プラズマ「プリティ‥。
     すまない。そうしてくれるとありがた‥……。
     !?」

ふとプラズマの視界に、はるか遠くの建物の壁の向こうからひょっこりと顔を出して
にた~りと黒~く笑うブレインの姿が目に入った。
プラズマは血相を変えて慌ててベンチからがばっと飛び起きた。
だが次の瞬間にはそのブレインがいたはずの場所からは人影が消えていた。

プラズマ「・・今・・!遥か遠くにブレインがいたような‥!!」

プリティ「え?まさか。だってついてこないって言ったんでしょ?」

プラズマ「いや奴ならついて来かねん!奴はそういう奴だ!!!」



その頃、物陰に隠れた、
やっぱりちゃっかりついてきちゃってたブレインボンバーさん。
彼の耳には遠くの音も拾い上げる特殊なイヤホンをつけてあるらしい。

ブレイン「うっふっふっふー♪その通り♪
    見てしまいました聞いてしまいました♪
    まさかあのプラズマの弱点がジェットコースターやら絶叫マシンだったとは♪
    これはいい情報をゲットしてしまいましたよー♪
    プリティは、相変わらず彼には甘く私にこのことを黙ってるつもりみたいですが、
    残念♪もうこの通り筒抜けなのでしたー♪」


なんて相変わらずプラズマを陥れるための情報をゲットできて満足そうに腹黒く楽しそうに笑うブレイン。


プリティ「もうプラズマ落ち着いて~っまだ具合悪そうなんだから~。」

プラズマ「う・・そうだな・・まだ・・いや余計に少し気分が・・。」

プリティはブレインが近くにいるのではと慌てるプラズマを何とか落ち着かせて
まだ若干乗り物酔いの体調不良が残ってそうな彼をまたベンチに座らせた。
そしてソフトクリームを二つ買ってきて一つを彼に手渡した。


プリティ「はいプラズマ、冷たいアイス食べれば落ち着くよ。」

プラズマ「ああそうだな・・。ありがとう。」

プリティがソフトクリームを食べようとすると。少し傾けた拍子にクリームの部分が
全て地面にぼとっと落ちてしまった。
プリティは当然悲しげな表情を見せる。

プリティ「あ!・・落としちゃった・・。」

プラズマ「何やってるんだ・・。」

プリティ「しゅん・・。」

プラズマ「しょうがないな・・ほら、俺のを食えよ。」

プリティ「え?いいの?」

プラズマ「ほら。」

プリティ「うん♪ありがとう♪」

そう笑顔で言うとプラズマが手に持ったままのソフトクリームをプリティは小さな舌でペロッと舐めた。

プラズマはそんな状況にほんのりと顔を赤くしていた。

プリティ「うん、おいしい♪」

頬を染めてにっこり笑うプリティだった。





そんな二人の様子をブレインは相変わらず建物の影から、おもしろくなさそ~に見ていた。

ブレイン「ふーん・・結構いい雰囲気じゃないですか。」

協力するようなことをしておいてなんだが、
やっぱりだからって簡単に上手くいかれるとおもしろくない。
すこぶるおもしろくない。

ブレイン「そろそろ仕掛けを発動させますかね♪」

ブレインボンバーは腹黒マッドサイエンティストらしくにやりと笑った。










くろボン「ヘイ!そこの彼女ーー♪♪♪俺と一緒にティータイムしないかい!?♪♪」

遊園地のど真ん中でナンパに精を出しているのは、
女好きでかわいこちゃん大好きな、しろボンの親友でライバルで相棒のくろボンである。
彼はいつでもどこでも暇さえあればナンパ及びガールハントをしていることが多い。
だが・・。

女性「あ・・ごめんなさい。彼と来てるから・・。」

と、断られることが多い。
立ち去った女性はちょっと離れてるとこにいたジュースを買ってきたらしい男性の元へ駆け寄って行った。

くろボン「なんでだよスイートハニーーーーー!!!!!!;;;;」

泣きながら叫ぶくろボン。


くろボン「じゃあ、そこのお嬢さん♪♪♪」

女性「ごめんなさい!!!」

くろボン「なぜだあああああああああ!!!????;;;;;」


さらに泣き叫ぶくろボン。
彼は決してルックスはかっこ悪くはないし寧ろイケメンな方なので
成功するときは成功するが断られることが多いのは、
内面に問題があるからだろうか?
まあ実際彼の内面は元悪役なだけあっていろいろと問題が多い。
何しろ、「正義の味方は公然と街破壊できて快感♪」という本音の持ち主なのだから☆



ブレイン「くろボンさん♪」

そんなくろボンに声をかけてきたのは、なんとブレインボンバーだった。

くろボン「なんだよブレインか。はー。余ってたって言う遊園地のチケットくれたのはありがたいけどよー・・。
     ガールハントがちっともうまくいかないじゃねーかー!!」

どうやらブレインはチケットが余ってたと言ってそれを渡し。くろボンをこの遊園地に来させたらしい。
一体なぜ。

ブレイン「それはあなたの実力の問題でしょう♪
     それよりも、小耳にはさみたいことがありまして・・。」

くろボン「なんだ?」

ブレイン「どうやら、プラズマとプリティがこの遊園地にデートしに来てるみたいなんですよ。」

くろボン「な・・・・・・・・何ぃいいいい!!??」

ブレイン「ええさっき見かけまして、私もびっくりしました。
     けどもとはと言えばこのチケット、プラズマが2枚余ってるからとくれたものなんですよね。
     そこで感づくべきでした。あのプラズマが遊園地チケットなんて。
     それにしても二人とも水臭い。デートするならデートすると言ってくれればいいのに。
     プラズマもプリティも。二人でデートだなんて。私寂しいです・・。」

ブレインはわざとしおらしく言っていた。
勿論言ってることは全部嘘っぱちの作り話。
こんなことを言って何がしたいのか。


くろボン「プラズマの奴が・・・プリティと・・・???
     デートだあああああああああああああああ!!!??????」


プラズマとプリティがデートしてると知って烈火のごとく怒るくろボン。

その様子を見てブレインは黒くにやりと笑って舌を出した。








プラズマ、プリティはベンチで休憩を取り続けていた。


プリティ「プラズマ。気分はどう?」

プラズマ「ああ、大分よくなった。」

プリティ「無理しないでね。次は・・・しずかなボートとか乗ろっか?」

プラズマ「ああそうだな。」


プラズマが静かに立ち上がって、プリティもほっと微笑んで次の場所へ向かおうとしたその時。


くろボン「プうううううラあああああズううううマああああああああああああああ!!!!!!!!!」

プラズマ・プリティ「!!?」


突如として後ろから怒気に溢れた凄まじい雄叫びが聞こえた。
何事かとプラズマとプリティが振り返れば、
そこには握り拳を作り、目を吊り上げて、顔に影を作り、
烈火のごとく怒りのオーラを立ち込めさせているくろボンが立っていた。


プリティ「く・・くろボン!?」

くろボン「プラズマ・・てめえプリティとデートしてるんだってなあ・・。」

プラズマ「・・で・・デートなんかじゃ・・!///」

くろボン「絶対ゆるさねえええええーーーーーー!!!!!!!」


人の話を聞かない。

プラズマとプリティは突然現れて突然怒っている彼を見てたじろぎ困惑した。


プラズマ「な・・なぜおまえが怒る・・!?」

くろボン「俺はなあ・・・・・プラズマ・・・・
     初めて会った時からてめえが大嫌いなんだーーーー!!!」


まあ出会い方が悪かったしなあというのは認める。


くろボン「そんなてめえがかわいこちゃんとっ・・
     しかも全宇宙の人気アイドルで俺も大ファンなプリティとデートするなんてっ・・
     むかついてむかついてぜってえゆるさねえんだああああああああ!!!!!!!
     覚悟しろやああああああああ!!!!!!!!」

そう言ってくろボンは爆弾を取り出し、プラズマめがけて思い切り投げつけた。


プリティ「ちょっとくろボーーーン!!!???」

くろボン「どっせええええええええええい!!!!!!!!」


ドカンドカンドカーーーン!!!!!!!!!!


プリティ「きゃあああああああ!!???」

プラズマ「ひとまず逃げるぞプリティ!」

プリティ「うんっ・・!!」


くろボン「プラズマ死ねえーーーーーーーーーー!!!!!!!!!」


ドカンドカンドカーーーン!!!!!!!!!!


逃げるプラズマとプリティを追って我を忘れてるかのように怒り狂いながら
爆弾を投げ続けるくろボン。
爆発が次々に起こり、人々は逃げ惑い辺りは大惨事となった。

そんな様子を陰で見ながら含み笑いをするブレイン。


ブレイン「ふふふ。うまくいきましたね♪」


くろボンはとにかくプラズマの事が死ぬほど大嫌い。
またくろボンはプリティの大ファンであり、それ以上に
彼にとって彼女はしろボンと同様に長い付き合いの大切な人の一人。
彼がしろぼんをとても大事に思ってるのと同じぐらい
彼はプリティの事を大事に思っていた。
元々そんな彼女がプラズマに好意を抱いてること自体気に食わなくてしょうがないらしい。
それを二人がデートしようものならこうなることは目に見えていたのだ。

さっきの作り話は自分が関与してると知られては自分に火の粉が飛びそうなもの。
そんな危険な真似は死んでもごめんだ。
それに賭け事を含んだデートなどつまらない。
あくまで純粋にデートしてると思わせるのが効果覿面なのだ。

で、なんでこんなことをしてるのかって?


そんなの

プラズマを苛めたいからに決まってる♪
プリティが好きな彼にとっては
デートがぶち壊しになればいいに決まってる♪
そしてトラブル&アクシデントが大好き♪
人々が困る様を見るのが大好き♪
それが彼なのさブレインボンバー♪



くろボン「まああああああああてえええええええええええ!!!!!!!」


ドカンドカンドカーーーーン!!!!!!!


プリティ「きゃーーーー!!!!!いやーーーー!!!!!」

プラズマ「くっ・・!!!」









プラズマとプリティは暫く暴走したくろボンに追いかけられて爆弾を大量に投げつけられながら
あちこち逃げ回った。その際一部の道やアトラクションが破壊された。
一部が参事になったとはいえ遊園地がそれでも割と平和そうに平常運航してるのは、遊園地が広いからという事と
こんな参事は「ボンバーマン」の世界ではよくあることだからかもしれない。

なんとかくろボンをまいた二人は息を切らして汗を流して屈んでいた。

プリティ「はあ・・はあ・・。」

プラズマ「なんとかまいたな・・。」

プリティ「もー!なんなのよくろボンったらーっ・・!」


プラズマ「それにしても知り合いに合うとは・・。」

プリティ「は・・恥ずかしいよねやっぱり。///」

プラズマ「はあ・・なるべくほかの知り合いには会いたくな・・。」


なんて言ってると、後方から聞き覚えのあるほんわかした声が聞こえてきた。


しろボン「あれ!?プリティちゃんにプラズマくーん♪」


プリティ・プラズマ「「しっしろボン!?」」


まっしろな帽子を被った心もまっしろな永遠のほんわかショタっ子主人公しろボン登場。
まんま子供なさまで無邪気に笑顔で手を振って駆け寄ってきた。


しろボン「わー♪プリティちゃんとプラズマくんもここに来てたんだー♪」

プリティ「ぐっ・・偶然ね!
     どうしてここに?」


しろボン「あのねー、「きゃーーーーーー!」くんがチケットくれてねー!」


プリティ・プラズマ「「?」」


しろボンが誰かの名前を言っていた瞬間、ジェットコースターやお化け屋敷から聞こえたような
女性の大きい悲鳴に名前の部分がかき消された。


プラズマ「だれだって?」

プリティ「ジェットコースターとかお化け屋敷近いし悲鳴で聞こえずらーい。」

プリティは片方耳をふさぎながら言った。


しろボン「だからねー、「きゃーーーー!!!」くんがー!」

またもや同じ名前を言う絶妙なタイミングで声がかき消された。
ここまで来ると誰かが意図的にかき消しているかのよう。

ん?

プラズマ「すまないがまた聞こえなかった。もう一度言ってくれないか。」

しろボン「だからね・・・・・あ!これ言っちゃだめなんだった!ごめんね。教えれないや。」

プラズマ・プリティ「「はあ。」」

結局名前は解らずじまいだった。


そんな3人からそう離れてない建物の物陰で、ブレインがメガホンと蓄音器が合体したかのような
メカを持って不敵に笑っていた。

ブレイン「フフフ・・私の作った「絶叫マシン・お化け屋敷的女性の悲鳴発声マシーン」にぬかりなし♪」

そう、さっきの悲鳴はこのブレインが発明した
「絶叫マシン・お化け屋敷的女性の悲鳴発声マシーン」によるものだったのだ。
当然、しろボンにチケットを渡した人の正体というのは、このブレインである。


しろボンはプラズマとプリティ、並んでる二人を微笑んで見つめる。

しろボン「二人で来てるってことは、デートなんだね♪よかったね♪プリティちゃん!」

プリティ「あっ・・うんっ////」

プラズマ「・・・・・。///」

プリティは照れ臭そうに顔を赤らめて嬉しそうにしていた。
プラズマもしろボンにはむきになって反論するつもりがないせいか否定しなかった。顔は仄かに赤い。

プリティ「じゃあしろボン、私たちそろそろ行くね。」

しろボン「うん!じゃあねー!楽しんできてねー♪」


しろボンは笑顔で大きく手を振って二人を見送った。
だけどプリティとプラズマの並んだ後姿をふと見つめてると
しろぼんの胸に今まで感じたことのない仄かな胸の痛みを感じた。


しろボン『ん?なんだかちくちく?
     なんだろうこれ・・。』


すると後ろから聞きなれた女の子の声が聞こえた。

あかボン「しろぼん‥。」

しろボン「あ!あかぼん!」

そこには赤いショートカットのあかボンが立っていた。顔はちょっとそっぽ向いてて仄かに赤い。
あかボンはしろボンにホの字なのだ☆

しろボン「どうしてここに?」

あかボン「私も、ブレインからチケットもらったのよ。・・しろボンにも渡しましたからいかがですかって・・。///」

後半はボソッと言っていた。


しろボン「そうなんだ!よかったね♪ラッキーだよね♪ブレインくんって優しいよねー♪」

あかボン「まあ、大方何か企んでるついでなんだろうけど。そ・・それでよかったら・・
     せっかく会ったんだしこれから一緒に周らない・・?って勘違いしないでよねっ!一人じゃつまんないから
     会ったついでに・・。」

あかボンはいつものツンデレ全開な態度でしろボンに言う。
しろボンは無邪気に笑って、嬉しそうにあかボンの手をぎゅっと握った。


しろボン「うん♪一緒に周ろう♪」


そして手をつないだまま楽しそうに歩き出した。
あかボンは顔を真っ赤にさせていた。


あかボン「ちょっしろぼん!///まちなさいよ!!////」















それからも次から次へと彼らは知り合いと会った。



マグネット「あれー?プラズマにプリティやーん!」

プラズマ「マグネット!?」

プリティ「それに鉄仮面!」

プラズマ、プリティと同じ5人衆の仲間で最年少ナニワっ子マグネットボンバー、
それにその彼女である鉄仮面ボンバーと出会った。

マグネット「何やってるんやー?お二人さんデートー!?♪」

プリティ「えへへ・・♪///そういうアンタたちもデート?やるわねマグネット♪」

マグネット「いやー♪///」

お互い頬を染め照れてるプリティとマグネットだったが。

プラズマ・鉄仮面「「デートじゃない・・。///」」

プラズマ、鉄仮面、性別違えどクールコンビに顔を赤らめながらそっけなく否定されてしまった。
当然ガーン!!とショックを受け涙目になるプリティ、マグネット、性別違えど情熱コンビ。

マグネット「ガーン!?デートやろ!?デートしよ言うてOK言ったやん!?」

鉄仮面はつーんとしていた。
顔は真っ赤であったが♪

プリティ「ところで二人はどうして今日ここに?」

マグネット「いやーなんか空から急に遊園地のチケットが二枚振ってきてな!
      天からの贈り物やー☆思ってありがたく頂戴させてもろたんや♪」

プラズマ・プリティ「「空から?」」

マグネット「空から。」

プラズマとプリティはへ~・・・。と訝しげな表情を見せた。
マグネットはあまりその不可思議な現象の事も気にしていないであっけらかんとしていた。

マグネット「じゃあなー♪お二人さん♪デート楽しんできてやー♪俺らもデートめいっぱい楽しむからー♪」

元気よく手を振りながら去る横で顔を真っ赤にして恥ずかしそうにしてる鉄仮面だった。

プリティ「うんじゃあねー!」






そしてしばらくするとまた知り合いとばったり出会った。

ゴーレム「ぷ~ら~ず~ま~。ぷ~り~てぃ~。」

プラズマ・プリティ「ゴーレム!?」」

プリティ「まみちゃんも!」

同じ5人衆の仲間、のんびり巨人なゴーレムボンバーと出会った。
そして彼の横にはいつもちょこちょことくっついて来ている、
ゴーレムの居候先の女の子、三つ編みを揺らしたちっちゃなまみちゃんが手をつないでいた。

まみ「今日はね~ゴーちゃんと遊園地なの~♪」

まみはとてもうれしそうに無邪気に笑っていた。

プリティ「よかったわね~まみちゃん♪」

プラズマ「・・ところでゴーレム、今日のここの遊園地のチケットは一体どうやって手に入れた?」

ゴーレム「え~っと~・・そ~ら~か~ら~~~・・。」

プラズマ「振ってきたのか?」

ゴーレム「う~ん~。」

頷くゴーレムにプラズマとプリティは冷や汗を流しながら顔を見合わせた。







そしてしばらくするとまたまた知り合いとばったり出会った。


ゴールドボンバー「あ!プリティちゃんなのだ!」

あおボン「あっほんとだプリティじゃん!超偶然~!」

みどりボン「奇遇ですね、プリティちゃんそれにプラズマさん、お二人も遊びに来てたんですか?」


何故こんなに今日に限って知り合いに出会うんだろう。
何故こんなに今日この遊園地にみんなして集結してるんだろうと言いたげなプラズマとプリティだった。


プリティ「アンタたちまで来てたのね・・。」

あおボン「ああ!空から急にチケットが3枚ふってきたから~♪超ラッキーじゃん?」

プラズマ「また空か!?」

リーダーのゴールドボンバー、手下のあおボン、みどりボン、3人合わせてゴールド軍団。
実はゴールドボンバーは年齢相応のまだまだ子供だが
あおボン、みどりボンはしろボン、くろボン、あかボン、と同時期に作られたかなり古参のボンバーマン。
永遠の子供ではあるが生きた年数的には二人はもう大人でおじいちゃんである。
そんな二人がなんでガキンチョのゴールドの部下なんてやってるのかというと、
まあちびっこのごっこ遊びに付き合ってあげてる間隔だったりする。
ゴールドの方は彼らの生きた年齢も含めて全然その事には気づいていない。
そしてゴールドはプリティにLOVEだったりする。

ゴールドボンバー「こんなところでプリティちゃんに会えるなんて運命的なのだ~♪
        は!よく見たらプリティちゃんプラズマさんと二人でっ・・!?
        ももももしかしててデートなのだ!?きーーー!!ゆるさないのだー!!」

一人で喜んだり怒ったりしているゴールドをなだめる青、緑の保護者二人。

あおボン「はいはいリーダーおちついて~超落ち着いて~。」
みどりボン「あの二人とは年季が違いますから・・^^;」

ゴールド「ネンキってなんなのだー!?ペンキは俺様の方が金ぴかでゴージャスなものを持っているのだー!」

プリティとプラズマは呆然と立ち尽くすしかなかった。

プリティ「じゃあアンタたち・・またね!」

ここは保護者二人にまかせて、そそくさと冷や汗をかきながらその場を立ち去るプラズマとプリティだった。


ゴールド「むきーーー!!!!」







プラズマとプリティは疲れた様子で遊園地内を歩いていた。
そしてそんなプリティの心の叫び。

プリティ『もーーーなんなのよなんなのよーー!!これじゃあプラズマとのデートが
     堪能できないじゃなーい!!!!!!!』

プラズマもプラズマで「デート」を見られる恥ずかしさからか
それともプリティのようにまんざらでもなくデートがなかなか堪能できない事に不満を抱いているのか、
少し不機嫌そうにぐったりしていた。

プラズマ「それにしても、さっきからなんなんだこの知り合いラッシュは・・。
     なんで今日に限ってこんなに知り合いがこの遊園地に集結している。」

プリティ「ほんとよね、ここまで来ると誰かに仕組まれてる気がする~・・。」

プラズマ「・・誰かに・・な・・。」


プラズマが意味深に重く呟くと後方から元気のいい声が聞こえてきた。



???「よー!プラズマーー!!」


プラズマ「今度は誰だ!!!!!!?;;」



振り返ってみると、そこには赤い服にバズーカを背負っている
ボンバー四天王のリーダー、ボンバーバズーカがいた。
明朗快活な彼らしく手のひらを顔の横に上げて軽く挨拶するポーズと取りにかっと笑っていた。


プラズマ「バズーカ!?」

バズーカ「よープラズマ!!お前が俺と勝負したがってるって聞いてきたぜ!また勝負しようぜ!!」

プラズマ「そんな話は初耳だぞ!?」


バズーカは大の勝負好きバトル好きで以前プラズマと勝負に勝負を仕掛けたことがあった。
プラズマも勝負好きであるので乗り気で勝負に応じた。
双方実力は互角でなかなか決着がつかず、拳と拳否爆弾と爆弾で男の友情を語り合った。
各チームリーダーコミュ完了♪(笑)
そんな感じで度々勝負を繰り広げてる二人だが
あまりにもこのようにバズーカの方は空気を読まずに勝負を仕掛けてくることが多い。
ふとバズーカはプラズマの横にいるプリティが視界に入ると、目をハートマークにさせて
顔を真っ赤にして彼女の前まで飛びついた。


バズーカ「あっ!プリティちゃんじゃないかー☆☆今日もかわいいねー☆らぶり~~♪♪♪」

そう、バズーカは人気アイドルプリティの熱烈大ファンである♪

プリティ「あっ、どうもありがとう♪」


アイドルらしい、かわいらしい営業スマイルを見せるプリティ。
バズーカは幸せそうな満面の笑みで興奮しながらプリティの両手を握って
ぶんぶんと強く振って握手をしていた。


バズーカ「握手握手ー☆☆あー幸せーー☆☆☆このままプリティちゃんと遊園地デートしたいな☆
     でもごめんね!今はプラズマと勝負しなくちゃいけないんだ!」


プラズマ「だからなんでそういうことにっ・・!?」


バズーカ「あれ?よく見たらプラズマとプリティちゃんがデート中なわけ・・?
     はーん、そういう事か~♪
     丁度いいじゃん!プラズマ!勝負に勝ったら俺がプリティちゃんとデートしてもいい?♪」


プラズマ「だからなんでっ・・!!!!!!!」


バズーカ「よーし決まり!!!プリティちゃん俺の勇姿を見てて!!じゃあいっくぞーーー!!!!」

プリティ「えっ?ええっ!!??」


ああ我らの周りには話の聞かぬ者ばかり。
赤い彼は背中につけていた自慢の武器バズーカ砲を右手に装着して
その銃口をこちらに向けて、
おなじみの発射前ポーズでくるっと華麗に一回転して
凄まじい赤い炎を発射させた。


バズーカ「ボンバーーーーああああああシュートーーおおおおおお!!!!♪♪♪♪ってなー♪」



ドッカアーーーーーーーーーーーーーーン!!!!!!!!



プラズマ「うわあっーーー!!!??」

プリティ「キャーーーーーー!!!!!!」



バズーカの火炎放射から必死に逃げ出すプラズマとプリティ。
またもや追いかけっこが始まり、遊園地の一部が破壊されることとなった。


プラズマ「何故だ何故だ何故だ!!何故こんなに知り合いがいるんだーー!!!くそーーー!!!;;;」

プリティ「もー!!!なんなのよーー!!いやーーー!!!;;;」

バズーカ「待てよーー!!!!!!プラズマーーーー!!!!!」


ドッカアーーーーーーーーーーーーーーン!!!!!!!!







ドッカーン!!ドッカーン!!

プラズマとプリティが破壊工作をしながら追いかけてくるバズーカから逃げてるその後ろの方から、
バズーカと同じボンバー四天王の仲間であるジェットボンバー、レディボンバー、ハンマーボンバー、
そして彼らの指揮官であるボンバーグレートが慌てて彼を追いかけてきた。
暴走している彼の様を見て4人は冷や汗を流している。


ジェット「バズーカ‥!」

レディ「バズーカったらブレインと何か話したかと思ったら急に
    「プラズマと勝負するんだー!」って駆け出してっちゃって・・。
    大方あの人の企みにまんまと動かされちゃったのね・・。家の単純バカは・・。」

ハンマー「ほんっと振り回される方の身にもなってほしいよね!!いっつもいっつも!!」


黒掛かった濃い青い髪を後ろで一つに結んでいて、
背中には大きいジェット機を背負っている、
普段はクールな青い少年ジェットボンバー。

メンバーの紅一点で、
山吹色の短いショートヘアを外ハネにしている、胸の大きくスタイルのいい、
周りにはビームを出すビットを3つ宙に浮かしている、
しっかり者なオレンジの女の子レディボンバー。

背が小さくメンバーの中で最年少で、
緑色の短い髪で黒い眼帯を付けた、
かわいい顔をしてるけど短気で怒りっぽい
とげの付いた丸く重いハンマーを抱えた少年ハンマーボンバー。

3人が順に口々にした。
そんな彼らのさらに後ろから気の抜けた声が聞こえていた。

グレート「お~いみんな~待ってくれ~・・。若いなあ~っ・・。」

彼らの指揮官である、やたら気の抜けた声でのんびりしてそうというかいろいろ鈍そうな
長髪の美形の紫のおじさん、ボンバーグレートが
無敵状態でも使った後ですかって感じにへろへろになりながらぜえぜえと息を切らしながら追いかけてきた。
こんなグレートさんだけど、戦うときはとっても強いよ♪ほんとだよ♪


どうやら彼らも今日遊園地に遊びに来ていたようだ。
天から降ってきた5枚のチケットによって♪
そして先ほど楽しそうに遊ぶ彼らのもとにやってきたブレインはバズーカに向かって
「今日プラズマも来てますよ♪あなたととっても勝負をしたがっていました♪」
と言って怪しげににこにこ笑っていたそうな。
その言葉を聞いた瞬間バズーカは目を輝かせて「プラズマと勝負するんだー!」
と言ってプラズマとプリティの元へ突進していった。
そんな彼を慌てて追いかけて行った他の仲間たち。
後ろではブレインが黒く笑っていた。
そして現在に至る。



ジェット「とにかくバズーカを止めないと・・!」

ハンマー「あ!!ジェット・・!やめなっって・・!!」

ジェットが背中の自慢のジェット機のエンジンを点火させて発射するのを慌てて冷や汗を流しながら止めようとする
ハンマー。
だがそんな彼の声が届く間もなくジェットのエンジンが発射された。


ジェット「(発射)ファイヤーーーーーーーーーーーー!!!!!」

ゴオオオオオオオオオオオオ!!!!!!!!!


物凄い爆音とともに、背中から発射されたジェット機から炎を吹きながら
彼は物凄いスピードでマッハで前に向かって一直線に体倒して空を切りながら突進していった。
そんな彼の表情は・・・何やらさっきの落ち着いていたクールで真面目な彼よりも、
元から吊り上ってる目をさらに吊り上らせて顔に黒い笑みを作り好戦的な表情になっていたそうな。

レディ「あ・・。」

ハンマー「あーーーもーーっ・・!!!」




ジェット「オラああああああああバズーカああああああああああーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!」

バズーカ「あ?」

ジェット「俺と勝負しろおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!」

彼は物凄いスピードでマッハで前に向かって一直線に体倒して空を切りながら突進してくる。
その顔はさっきの落ち着いていたクールで真面目な彼とはうって変わって、
元から吊り上ってる目をさらに吊り上らせて顔に黒い笑みを作り好戦的な表情になって暴走していた。

さっきまでとはまるで別人。

そう彼は、
自慢のジェット機を発射すると人格が変わってしまう

THE・二重人格なのだ!!!!!!


普段はクールで真面目な彼だが、こうなると好戦的で
バズーカに負けないぐらいの勝負好きとなり、バズーカと勝負したくてたまらない勝負バカになってしまうのだ!


バズーカ「うるせーな!今はプラズマと勝負すんだよ!!」

ジェット「じゃああいつを先に仕留めれば俺と戦うか?」

バズーカ「勿論!!♪」

ジェット「なら一時休戦!共にあいつを倒すぞ!」

バズーカ「おお!」


そして勢いだけで何が何だかわからぬうちに
ボンバー四天王の二人のバズーカとジェットに追いかけられる羽目になる
プラズマとプリティだった。


バズーカ・ジェット「「まああああああてえええええええええええええええええ!!!」

プラズマ「だああああ!???なぜ増える!!??」

プリティ「なんなのよなんなのよー!!??????」


バズーカの暴走を止めるためにと出陣したはずが、こうして裏の人格が現れてしまっては
ミイラ取りがミイラ状態となり本末転倒なジェット。
そんなことが彼らの「いつもの」パターンであった。
そんな彼らをあきれ返り、怒りをふつふつとわき起こさせながら見守るハンマー。

ハンマー「・・・・あんたらね~・・いいかげんに~・・・・・・・・!!!!!」

顔を真っ赤にさせて血管が切れる寸前の様で
姿に似合わずの怪力な彼の自慢のハンマーを持って二人の所へ入って行こうかと力んでいたその時、
となりで「ずん」と山吹色の彼女が黒い影を放ちながら二人の所へ向かって一歩足を踏み出したのを見て、
ハンマーは察して冷や汗を流しながら怒気を沈めて後ずさった。
レディはそのままゆっくりとバズーカとジェットの元へ歩を進める。


プラズマを襲うバズーカとジェット。傍にいるプリティにも危害を与えてしまっているがそんなことには気づかない。
プラズマも冷や汗をかきながらボムを投げ応戦する。

バズーカ「流石だなあプラズマ。だが力を合わせた俺たち二人にはかなわないだろ?」

ジェット「悪いなプラズマ、俺はお前をとっとと片づけてこいつと勝負がしてえんだ。」

プラズマ「だったら勝手にお前らで勝負してればいいだろっ・・!」

バズーカ「お前を倒さなきゃ意味ねえだろーー!!!!!」

ジェット「こいつがそう言って聞かねえんだからしょうがねえだろーー!!!」

プラズマは二人の勢いにあきれるようにがくっと肩を落とした。そのすきを見てバズーカ、ジェットの二人は飛び掛かる。

バズーカ「じゃあ。」

バズーカ・ジェット「「とどめだあああああああああああああああああ!!!」

プラズマ「くっ・・!」

プリティ「きゃああああああああ!!!」


その次の瞬間、空中から何発かのビームが飛んできてバズーカ、ジェットに命中した。

ピチュンピチュンッ‥!!
ドカーーン!!!!!!

バズーカ・ジェット「「ぎゃあああ!!!!??」」

黒こげになって倒れているバズーカとジェット。
そんな二人がぐぐぐと手に力を込めて顔を上げると、そこには・・・・
顔に黒い影を作って目の前に足をずしんと置いて見下ろしているレディの姿があった。

バズーカ・ジェット「「あ・・レディ・・。」」

レディ「バズーカ、ジェット、また人様に迷惑かけて・・。」

バズーカ「いやっ・・!」

ジェット「そのっ・・!!」

レディ「反省しなさい!!!!!」


そして彼女の傍に浮いてる3つのビットから、ビームの嵐が放たれた。
バズーカ、ジェットは悲鳴を上げて黒こげになった。

バズーカ・ジェット「「ぎゃああああああああああ!!!!!!!???????」

ピチュンピチュンッ‥!!
ドカーーン!!!!!!ドカーーン!!!!!!


その隙をついて逃げようとするプラズマとプリティ。

プラズマ「今のうちだ!逃げるぞプリティ!」

プリティ「うんっ・・!!」

その時二人は無意識のうちにお互いの手をつないでいた。
プラズマがプリティの手を引っ張ってくれていた。
プリティはその事に気づいて頬をほんのりと赤らめた。


バズーカ「レディ~ごめんなさ~い!!ゆるしてー!!;;」

ジェット「ゆるしてくれーー!!;;ぎゃあああ!!!!」

ハンマー「はーっ・・全くいつもこうなんだから世話ないよね。」

グレート「ははは・・。元気なのはいいことです。」








ピピピピピ!!!

その時、遊園地の全ての人々の携帯通信機にメッセージ情報が入った。

通行人「え!?アイドルのプリティーボンバーちゃんが遊園地に来てる!?
    しかも男とデート中だああああ!!???」


通行人「人気アイドルのプリティボンバーちゃんがいるって!?」

通行人「ほんとだ!プリティボンバーちゃんがいるぞ!」

通行人「きゃー!かわいいー♪」

通行人「らぶり~~~♪」

通行人「握手してー!」

通行人「サインしてー!!」

通行人「隣にいる男は誰だあああ!!??」


通行人たち「「「「「プリティちゃーーーーーーーん!!!!!!!」」」」」


遊園地に来ていたプリティファンの大勢がプリティ本人を見つけて興奮しながら追いかけてきた。

ドドドドドドドド!!!!!


プリティ「きゃあああああ!!?;;;;」

プラズマ「うわあああああ!!!なんなんだあああ!!!!!;;;;」


手をつないだまま逃げるプラズマとプリティ。
さながらその光景は愛の逃避行だった。

さらに二人に追い打ちをかけるように
また別の方向からやっかいな人物の声が再び聞こえてきたのだった。


くろボン「プラズマあああああああああああああああああああ!!!!!!
     見つけたぞおおおおおおおおお!!!!!!!」

プラズマ「くろボン!!!!!???」

くろボン「今度こそ仕留めてやるーーーーーーーー!!!!!!」

爆弾を構えながら凄い形相で突進してくるくろボン。

プリティ「いやあああああ!!!もーーー!!!!!」


そんなくろボンと大勢のプリティファンから逃げ回ることになるプラズマとプリティだった。









くろボン「まーーてーーーーー!!!!!」

ボカンボカンボカーン!!!!!

プラズマ「しつこい!!」

プリティ「いやー!!」

爆弾を投げつけてくるくろボンから逃げ惑うプラズマとプリティ。

とその時!

急にどこからともなく出てきた変な機械の触手に3人の体が掴まれた。


がしっ!

がしっ!!

がしっ!!!


プラズマ「な!?」

プリティ「きゃあ!?」

くろボン「おうわ!!!???」


そしてプラズマ、プリティ、くろボンの3人は勢いよく放り投げられた。


プラズマ「わああああ!!???」

プリティ「きゃあああああ!!??」

くろボン「おわあああああああ!!??」


どしーーん!!!


3人はどこかの上に落とされた。
そこはジェットコースターの上だった。


プリティ「いったーいっ・・。」

くろボン「いってーなー!なんだってんだよー!」

プラズマ「!!!???・・・なんでこんなとこに・・。」

プラズマは今自分がいる場所を把握して冷や汗を流す。
嫌な予感しかしなかった。

そして案の定、ものすごいスピードでジェットコースターが発車した。


ゴオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!!


プリティ「きゃあああああああああああああ!!???なんでなんでなんで急に動くのー!!??」

くろボン「ぎゃあああ!!!??いったいなんなんだーーーーーーー!!!!!???」

3人は当然急に起こったわけのわからない出来事と
全身に感じる物凄く強い風圧にパニックを起こしながら
振り落とされないように機体に必死にしがみつく。

そして・・・・・・・・
ジェットコースター及び絶叫マシンが大の苦手なプラズマは
顔を一瞬で青ざめさせ冷や汗を大量に流し、その汗さえも風圧で飛ばされながら、
しかし自身は振り落とされぬよう片手で機体にしがみ付きながらも
胃の中の物を戻さぬよう片手で口を必死に押えていた。

プラズマ「こっ殺す気かっ・・!!??うぇあおうぉっぷ・・っ・・!!!」

プリティ「ぷっ・・プラズマー!!!?;;;しっかりしてー!!」






その頃、ブレインがジェットコースターを制御するコンピューターのあるコースターの入口で、
怪しげなコードをそのジェットコースターの制御コンピューターに刺して
そこから繋がっているノートパソコンのようなもののキーボードをカタカタと素早くタイピングしていた。

ブレイン「ふふふ!このジェットコースター・・否、この遊園地のコンピューターは全て私が占拠しましたよ!!」

そう、3人を機械の触手で捕まえ、ジェットコースターの制御コンピューターをハッキングして乗っ取り、
ジェットコースターを暴走させたのは、
勿論この腹黒マッドサイエンティスト、ブレインだったのだった!
さらにブレインはこのジェットコースターの制御コンピューターから侵入して
一気に遊園地全体システムを統括するコンピューターにまでハッキングをして
占拠してしまったのだ。

流石はブレイン、恐ろしい子っ・・!!


係員「ちょっと!!お客さん!?困りますよ!!」

係員「おいお前!何をしている!!?」

そのブレインの横で本来そこでジェットコースターの管理をしていた係員が
先ほどからブレインを止めようと慌てふためいてる。
さらに警備員まで駆けつけてきた。

ブレインは係員と警備員の方へ振り返ってにっこりと笑い、
手のひらを二人の顔の前にかざした。


ブレイン「問題ありませんね~?ハイ!洗脳♪」


そしてブレインの手のひらから特殊な電波が発されたらしく、
係員、警備員の二人の目から光が消えピンと直立になりビシッと手を額にかざして敬礼しだした。


係員・警備員「「問題ありません!!ブレインボンバー様!!」」

ブレイン「いい子ですね~♪」


ナチュラルに洗脳完了♪


ブレイン「フフフ、プラズマ、存分にあなたの苦手な
    ジェットコースター地獄を味わってくださいな♪
    あはははははは♪」















ゴオオオオオオオオオオオ!!!!!!!


プラズマ「うぇおっぷうぐうおあああっ・・!!!;;;;」

物凄いスピードで動き続ける高速ジェットコースターの上で酔いと格闘する絶叫マシン苦手!駄目!死ぬ!なプラズマ。
口を押えて今にも吐きそうで・・・真っ青で汗だくで顔をゆがめてて涙目で
もうなんというかイケメンなお顔が色々と台無しである(笑


プリティ「プラズマ~~~!!!;;;」


そんなプラズマを自分も落ちないようにしながら支えるプリティ。


くろボン「プラズマお前・・もしかして・・絶叫マシン駄目なのか!?♪」

プラズマ「・・・!!!」

くろボン「あっはっはっはこりゃいいやーー♪力が出ねえんだろ?動けねえんだろ?
     憎きプラズマをいたぶる絶好のちゃぁあんすうううう♪」

くろボンはこれでもかというぐらい黒い笑みを浮かべて両手に爆弾を取り出す。

プリティ「ちょ!?くろボっ・・。」

くろボン「覚悟しやがれ!!オラぁああああーー!!」

そう言ってくろボンは持っていたボムをプラズマに向かって投げつけた。

プラズマ「!!」


ドカアァァアアアアァァン!!


プラズマの目の前で爆発が起こる。


プリティ「きゃあああ!!!」

プラズマ「くっ・・。うっ・・。」


爆弾こそ外れたが、

この至近距離では次は確実に当てられてしまうかもしれない。


くろボン「ちっ次こそはっ・・!!」


また爆弾を取り出すくろボン。

もう後がないっ・・!

しかも・・!!!


プラズマ「うぐぁ・・うぷっうああああああっ・・!!」


もう胃の方も限界である!!!!!!(爆


プリティ「ぷ・・プラズマぁっ・・!大丈夫!?ねえ大丈夫!?;;;;」


くろボン「はっはっはっはーーー!!!!!!!
     ざまあみろプラズマーーー!!
     そのままゲロ吐いてプリティと俺様の前で醜態さらせやはーっはっはっは!!!!」


外道

その一言に尽きる。



プリティ「もー!くろボンいい加減にしてよーー!!!」

プリティが怒って叫んだ次の瞬間、ジェットコースターが急カーブに差し掛かり
その勢いでプリティがバランスを崩し、飛ばされコースターから落ちそうになった。


プリティ「あっ…きゃああああああああ!!!」


くろボン「あっ・・!!!!」


くろボンはしまったと冷や汗をかく。
プリティに危険な目に合わせるつもりじゃなかったのにと。
慌てて彼女を助けようと身を乗り出そうとするが間に合いそうにない。
そう絶望した次の瞬間。



ぱしっ!!!



苦しんでいて動けない状態だったはずのプラズマがプリティの腕をつかんでいた。


プリティ「!!!!」
くろボン「!!!!」
プラズマ「・・・・っ!!!」


そしてプラズマはプリティをぐいっと自分の方向へ引っ張り
片膝立ちしながらお姫様抱っこをした。
プリティは頬を赤く染めた。

そしてすくっと立ち上がり動いたままのコースターの上を歩き
プリティを座席にすとんと下ろした。
プラズマはくろボンのいる方へ方向転換し彼の方向へと歩いて行った。
プリティは落とされないように取っ手をつかみながら呆然とプラズマを眺めていた。

くろボンの前まで来たプラズマは涼しげな、けど威圧のある顔でジェットコースタ-の上を直立している。
反対にくろボンはその威圧感に腰が抜かしていた。


くろボン「お前・・ジェットコースター苦手なんじゃ・・・。」


プラズマ「誰が苦手だと言った??」


プラズマはにやりと不敵に笑い、固く握られた拳を落とした。


ドカ!バキ!ゴス!ボカーーーン!!!!!!

そしてくろボンはズタボロにされてお約束の典型的なザコ悪役のように空へと吹っ飛んで行った。


くろボン「わーーーー!!覚えてろよこのー!」

一体どっちが悪役なんだ;;;;;;;

いや、どっちも元悪役か。





すると不思議な事に暴走していたジェトコースターはゆっくりとブレーキがかかり停止した。
プラズマとプリティはゆっくりと機体から降りる。
プリティはプラズマを見つめていた。
プラズマは先ほどからずっと涼しげな顔をしていた。
が、機体から降りて数歩歩いたところで黙って直立したかと思うと・・。

バターーン!!!

後ろに向かって勢いよくぶっ倒れた。
白目をむいて泡を吹いていた。
どうやらプリティを守る間は平気でいられたようだが、限界だったようだ・・☆


プリティ「!!!!きゃーーーーーーーー!!!??プラズマーーー!しっかりしてー!!
     ほっほらトイレまで頑張ってっ;;;
     プラズマーーーーーーーーー!!!!」













一方その頃、吹っ飛ばされたくろボンは、遊園地の端の方でボロボロになって倒れていた。


くろボン「ぢ・・ぢくしょー・・・プラズマのやろー・・。」

とそこへ、アクアボンがやってきた。

アクアボン「あれくろボンくん!?どうしたの!?そんなボロボロで!!大丈夫!?」

くろボン「あ・・アクア・・。」

水色のワンピースを着て金髪のツインテールを青いリボンで結っている、ベルトには星マークがついてる、
背の小さめな幼い感じの女の子。スターボンバーのミラクルワールドというこことは別の遊園地で
サーカスの見習いをしている。ちょっとドジっ娘だけど頑張りやな子であった。
ちなみに彼女と同じ「アクア」という名前で同じ水属性で水色のボンバーマンが他にいたりするが、
彼の方は男で全く別人で親戚とかでもない。(笑
以前そのスターボンバーのミラクルワールドで出会った時から
くろボンとアクアボンはどことなくいい雰囲気なのである。

くろボン「お前、なんでここに?」

アクアボン「この遊園地でも私たちの団でサーカスを開いてるのっ。
      それよりくろボンくんあちこち怪我してる!
      すぐ手当しなきゃっ・・きゃーーーー!!!」

アクアボンはポケットから救急箱を取り出開けようとしたら盛大に中身をぶちまけてしまった。

THE・ドジッ娘の鏡☆☆☆

本人はいつものようにおかしてしまった自分の失態に涙ぐんでいる。

アクア「ううまたやっちゃった・・わたしってほんとドジ・・。
    でもめげない!アクアがんばる!」

そしていつものようにめげない彼女はガッツポーズを取る。
そんな様がおかしかったくろボンは座った大勢のまま盛大に笑った。


くろボン「ぷ、あははははは!」


アクアボン「え、えへへ、あははは♪」

アクアボンも照れながら笑う。



その後くろボンはアクアボンに手当てしてもらった。
手つきは危なっかしいけどくろボンもフォローしながらゆっくりと。
まあこんな男にも、救いはあるようだ。














その後、落ち着いた様子のプラズマからトイレから出てきた。
いろいろと、すっきりしたようだ♪

プリティ「プラズマ、大丈夫?」

プラズマ「ああ・・。」

そして、建物の影から死ぬほど見覚えのある紫色のマントがちらりと見えた。
それを見たプラズマは額に血管を浮き上がらせ眉間にしわを寄せながら重々しい声色で言った。

プラズマ「まあ、わかっていたけどな・・。ぜんぶお前のしわざだったのか。
     いるんだろブレイン!」

ブレイン「ありゃ~ばれちゃいました?」

悪びれなさそうな感じな満面の笑みでひょこっと現れた。

プリティ「ブレイン!?ほんとにいたの!?」

ブレイン「はい♪しろボンやみなさんにチケットをわたして
     今日遊園地に来させたのもバズーカをけしかけさせたのも
     くろボンをけしかけさせたのもネットにお二人のうわさを流したのも
     ジェッとコ-スターを暴走させたのももーんぶ私の仕業です♪
     でも~楽しかったでしょ?少なくともとっても楽しかったですよ
     わ・た・し・は♪」

まったくちっとも反省の色無し♪

プラズマ「痛い目見ないとわからないようだな‥。」

プラズマはゴキゴキと指の骨を鳴らす。

ブレイン「え、あら、そんなにおこらなくても・・ぎゃーーー!!!!??」


そしてそこにあったのはプラズマにぼこぼこにされたブレインのなれの果てであった。

プリティは冷や汗をかきながら見ていた。


プラズマはブレインが遊園地のコンピューターを制御するのに刺していたコードを勢いよく引っこ抜いた。
そしてブレインが倒れたことで洗脳されてた係員と警備員の二人の洗脳も解けた。

係員・警備員「「あれ~俺たち何してたんだろ~??」」

お約束の台詞である。
とにかくこれでようやく遊園地に平和が戻ったようだ。


プラズマ「まったく。
     ・・・まだ少し時間あるな
     ・・・・観覧車でも乗るか?」

プリティ「うん!」


プリティは笑顔でうなずいた。





つづく








■ぷよぷよ■

amiteli2.jpg
ぷよぷよクエストのアミティの新コスチューム
かわいすぎいいいいいいいいいい☆☆☆
ピンクのパフスリーフキターーー☆☆そして天使の羽のマントーーー☆☆☆
流石女神☆☆☆
萌え死にました☆
クルークの新コスもかっこいいです☆








DSC_0001.jpg 


DSC_0004.jpg 


130507_1118~01 


130510_1157~02 


130508_1735~01 


130507_1740~01







■お仕事・リクエスト募集中!!!■

ご相談はri--chan@hotmail.co.jpへ
またはPixivのメッセージへよろしくお願いします。
メールよりご依頼の方はHPの拍手に一言添えていただけると助かります。

・お好みのリクエストでイラスト制作
 (お好きな版権キャラ、お好きなご依頼者様のオリジナルキャラ、お好きな私佐藤黒音のオリジナルキャラ、
 ご自由にお選びいただきお好みのシチュエーションでイラストを制作します。)
・お好みのリクエストで漫画制作
 (以下お好みのイラスト制作と同文)
・キャラクターデザイン
・小説・ライトノベル、ゲーム等の挿絵・イラスト制作
・色塗り

お見積りの目安は
カラーイラスト1枚・最低額5000円
白黒イラスト1枚・最低額3000円
差分イラスト・最低額5000円
漫画1枚・最低額6000円
カラー漫画1枚・最低額8000円

となっております。
これより金額を多く設定して頂けるかはご依頼者様のお気持ち次第としております。



こちらを目安にご検討くださいませ。


ご依頼お待ちしております!







■拍手返事■

>黒音さんのプラプリ、ブレプリにもう萌えまくってます!
エロもいいぞ!もっとやれ!(爆)

ありがとうございます!!☆☆☆嬉しいです☆☆☆
プラプリもブレプリも大好きですv三角関係ですv
えろもじゃんじゃん描きますよvv(爆

秀吉ちゃん♪・ボンバーマン女子♪・青鬼小説♪・カラオケの鉄人♪

hideyosisenntouhuku4.jpg
秀吉ちゃん♪いろいろ衣装考え中な感じです♪





bonnba-jysi.jpg
ボンバーマン女子5人♪
真ん中プリティ
左上あかボン
左下レディボンバー
右上鉄仮面ボンバー
右下アクアボン






青鬼小説化おめでとう♪そして読みました♪
ubububhhb.jpg
ububub.jpg

ひろしいいいいいいい眼鏡イケメンかっけえええええ☆☆☆☆
あと美香!!一瞬いないのかと思ったらなんとポニーテール女子になっていた!!

原作もセミロング女子でめちゃ好みだったけど、
ポニーテールも好きな属性だから問題ナッシングです♪どっちもかわいい♪好み♪
しかもピンク色でより好み♪
aoonimika.jpg
セミロング、ポニーテール、どっちの美香もかわいいです♪

aoonirakugaki.jpg

そしてひろ美香萌えな私ですが、この小説では結構卓郎×美香より
ひろし×美香っぽくなっててなんか嬉しいv
ひろしにしがみついて後ろに隠れてる美香とか
怪我した美香をおんぶするひろしとか
aoonirakugaki2.jpg
何コレ萌☆☆ちゃんと本編の主人公とヒロインしてるvv(この小説ではシュンくんと杏奈が主人公ヒロインだけどv)
いやあ何しろ卓郎がねえ、この小説でも一応美香は卓郎ラブなんですけど
原作の卓郎は惚れるのも分かるわって位の好青年だけど
この小説では鬼畜外道DQN化しちゃってて惚れる要素皆無ですからwww
ていうかこの卓郎はバージョン1の卓郎って感じなんですね。
反対に美香はいい子でもう・・最後かっこいいよ泣けるよ・・ひろ美香だよ・・。
aoonirakugaki3.jpg
美香イケメンでした・・
ポーカーフェイスだったひろしが特に美香のこのシーンの後に感情見せるようになったのが
萌えるね、萌えるね

それにしてもこの小説のひろしはなんだかちょっとアスぺ臭いvvv(笑
空気読まないv虫オタクv興味のある事になるとペラペラ止まらないv他の事見えなくなるv人の感情はあまりわからないv
それでもかっこいいからずるい(笑
学年一の秀才で安定の脳みそ野郎☆でしたvv
たけしは一番原作と性格変わってませんvちょっと口悪いけど臆病者がたがたがたがたwwww
安定のたけし城vvvv
シュンくん杏奈もかわいかったです^^
原作とは設定違うのではっぴーばーすでー脳みそ野郎~♪とか見れないのは残念でしたが
これはこれでほんとによかったです♪

aoonikp.jpg

aooni2kp.jpg

記念に以前の落書きひっぱってきた♪

ひろ美香萌えv
なんというか原作の方は卓郎が好青年なわけですから
寧ろひろしが黒ひろし化して美香を寝取る寝取られ物萌~v
と思ってますが(爆)
今回の小説は普通のカップリングとして応援したくなった(笑

あ、あとやっぱ青鬼×ひろしや青鬼×美香も萌ですv
性的に食されるのがお好みですv(爆死

ゆめにっきも漫画化だったか小説化するんですよね。
楽しみです♪
フリーホラーゲーム絶好調だね
その中でもやっぱ青鬼&ゆめにっきは
フリーホラーゲームの先駆け、前衛陣って感じだもんね。
しかしこの調子だとIBは来そう。
個人的に操とマッドファーザーもなんか来てほしい!


aooniero.jpg
原作版でひろし×美香←卓郎寝取られ寝取り物v
小説版だと主に男子二人が全く想像がつかないww逆にすらなりそうww
原作重視版→黒ひろし、白卓郎
小説重視版→白ひろし、黒卓郎
でOK?(笑
家の原作重視版のこの子らの関係は
美香は卓郎にLOVELOVEで
卓郎も美香が好きで付き合ってていちゃいちゃリア充v
ひろしは美香にひっそり片思いしてたけどある日突然爆発してこうなった的なv
結構実況の実況者さんの発言やコメントで寝取れ発言多いし(笑
たけしはきっと青鬼も怖いけどこれはこれで怖い三角関係に怯えてガタガタマナーモードになってる(笑











■「カラオケの鉄人」って言う
採点してランキングにして全部データくれるカラオケに初めて行ってきました♪
めっちゃ楽しい♪♪♪♪

で、結果はこんな感じでした♪
点数高めだったのを紹介していきます^^


1位、94点 Puppy love /Perfume


2位、89点 春よ、来い/松任谷由実


平均的に80点代ばっか取ってる中いきなり一個だけ90越えたので驚きましたv
1位パフュームのパピーラブvvv
ツンデレーションの奴です♪
確かにこの曲はキャッツナイトのつとむ×あかりや戦国の信くん×日和及び信長×秀吉に
すっごく合う♪と気に入ってたなんとなく思い入れある曲なので、なんか嬉しいですね^^☆☆☆
何か自分でも、そっかーなんだかんだで好きなのか~的なしみじみ気分になって(笑
2位にはゆーみんの春よ来いでしたv
確かに歌うと何気に評判いいんだよなあ。
ていうか散々アニソン歌いまくってて一番上位は歌謡曲ばっかだったというvvv
何故だvvv
95行ったらうまい棒もらえたのに惜しいいいいいい!!!;;;;



3位、88点 同着でいっぱいありました^^

God knows... /平野綾(涼宮ハルヒ)


残酷な天使のテーゼ/高橋洋子(エヴァンゲリオン)


サムライハート(Some Like It Hot!!)/ SPYAIR (銀魂)


ロマンス /PENICILLIN(すごいよマサルさん!)


愛・覚えていますか/飯島真理(リン・ミンメイ)(超時空要塞マクロス)


星間飛行/中島愛(ランカ・リー)(マクロスF)



ハルヒのゴットノウズはやっぱ好きな曲なのでうれしい^^
残酷な天使のテーゼもうん^^
ランカちゃんの星間飛行キラッ☆も入るとは嬉しい☆
この3つを見ると割とアニソンで定番なのがランクインしてるイメージ?
歌いなれてるからってのもあるかな。
愛・覚えていますかはすっごい久々に歌いましたよ・・!
高いもの・・!滅多に歌いません。でも今回は割と調子よく出ました。
この曲でこの点数は結構嬉しい。
サムライハートは好きな曲でしてねえ。
ちなみにうちの父も気に入ってる曲です。
私がこの曲歌うと毎度「いい曲だね」言う(笑
うんいい曲だからね。高得点嬉しいですv
そしてロマンス、別の所でもやたら高得点だったんだが
(ダムの精密採点なんちゃらで90なんぼとか)
謎すぎるvvvvv
いやあいい曲ですよねv内容と凄いギャップv
というかマサルさん1話しか見れてないよ、見たいなあ。


4位、87点 ライオン/中島愛(ランカ・リー)&シェリル・ノーム(マクロスF)

続けてマクロスF来ましたねえ。やっぱ歌いなれてるからかな。


5位、86点 ~ Hello - Again ~ 昔からある場所/My Little Lover


小っちゃいころからほんと好きな曲です。
近年ブーム再来して嬉しかったですね。
前「化学ノームサクヤ」の都子さん近辺の話の
イメージソングにちょっと使ってるって言いましたよね。
なので最近はサクヤ、都子さんそして愛奈達を思いながら歌ってみたりしてる、
すると、実際点数上がるvvv
考えるの忘れてたら、下がるvvvvv何故だvvvvvvv
やっぱ思いを込めるって大事なんですかねえ。


6位、85点

恋心/相川七瀬


銀河鉄道999/ゴダイゴ



どちらもめちゃくちゃ小っちゃいころから好きな曲たちです。
恋心はまた歌謡曲ですね。この倍はほぼアニソンを歌いまくったのですが
上に来てるのは何故か歌謡曲が多いと判明しました。(爆
ちなみに最近は恋心「タイムトラベル~恋する時の少女~」考えるときに聞いてたりしますv


まだまだいっぱい歌いました♪
楽しいですねえ!
自分の得意な歌とかもわかって^^
もっとたくさん来て点数とかもあげれたらいいなv





130428_1232~01 
チキンライス

130429_0520~01 
チャーハン

130502_1647~01 
ネギ豚マヨ丼

130426_1647~01 
チーズ揚げ、炒めもの

130501_1703~01 
魚、きゅうりの味噌焼き、キャベツのバター炒め

130430_1646~01 
ポテトサラダ

130426_0825~01 

130501_0734~01 

130503_0737~01
たまご三変化(笑






■お仕事・リクエスト募集中!!!■

ご相談はri--chan@hotmail.co.jpへ
またはPixivのメッセージへよろしくお願いします。
メールよりご依頼の方はHPの拍手に一言添えていただけると助かります。

・お好みのリクエストでイラスト制作
 (お好きな版権キャラ、お好きなご依頼者様のオリジナルキャラ、お好きな私佐藤黒音のオリジナルキャラ、
 ご自由にお選びいただきお好みのシチュエーションでイラストを制作します。)
・お好みのリクエストで漫画制作
 (以下お好みのイラスト制作と同文)
・キャラクターデザイン
・小説・ライトノベル、ゲーム等の挿絵・イラスト制作
・色塗り

お見積りの目安は
カラーイラスト1枚・最低額5000円
白黒イラスト1枚・最低額3000円
差分イラスト・最低額5000円
漫画1枚・最低額6000円
カラー漫画1枚・最低額8000円

となっております。
これより金額を多く設定して頂けるかはご依頼者様のお気持ち次第としております。



こちらを目安にご検討くださいませ。


ご依頼お待ちしております!




■拍手返事■

>諸さん
昔はらんまとかほんとゴールデンタイムで乳首おっぱいパラダイスでしたね(笑
今のアニメにもああいうエロさと思い切りが欲しいんです!!うん!!(爆

>nanaさん
家の秀吉は、家康もなんですが最初の最初は男の娘で行こうとしてましたv
(生まれ変わりは女の子という設定でしたが。)
でも気が付いたら、もう女の子でいっか♪となって
現在では女の子です^^

>プリティやアクアボンのエロ絵はありますけど、よくみるとあかぼんやレディのはまったくないですよねw
気ままに特に好きな子の絵を描いてますので^^(爆
プリティちゃんはもう大好きですしアクアも好みですのでv
プロフィール

佐藤黒音

Author:佐藤黒音
読み方はさとうくろん。
漫画家、イラストレーターやってます。
持ちサイト名「気まぐれ全中立」
ノーマル、BL、百合、逆レイプ、擬人化、女体化、触手となんでもありです。
メジャーからマイナーまで趣味がよろず雑食です。
最近寝取られ物にハマってます。
悪堕ち、洗脳大好きです。

戦国物大好きです。
女体化豊臣秀吉ちゃんが大好き。
秀吉総受けで信長×秀吉や光秀×秀吉で
三角関係や寝取られに萌えてます。

最近アンパンマンにハマっています。
菌餡、辛餡、餡子総受け大好きです。


ヘタリア
ケロロ
ボンバーマン
ぷよぷよ
ラッキーマン
京アニ系
いろいろ好きです。

主人公やメインヒロインが好きになりやすい。
主人公総受けが好き。
メインヒロイン総受けが好き。
夫婦のようなカプに弱い
SM関係なカプに弱い
いじめっこくん×いじめられっこちゃんに弱い
保護者×子供なカプに弱い
真面目くん×能天気ちゃんなカプに弱い
ツンデレくん×ヘタレちゃんに弱い
ツリ目くん×タレ目ちゃんが大好き
科学者眼鏡男子×女の子が好き

一途系なヒロインが大好き!
セミロング、ポニーテール、カチューシャが大好き!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。